トップページに戻る


なんでも掲示板


剣道に関する事であれば、なんでも書き込めます。
[剣道教室、剣道場が近くに見つからない] ・ [最近剣道を始めた理由] ・ [剣道を始めようと思っているけど踏み出せない] ・ [どうして剣道が好きか] など

できるだけわかりやすい発言・コメントを心がけて下さい。

管理人が掲示板に適さない、内容が不適当と判断した場合は、削除することがあります。
[特定の個人団体に対しての誹謗中傷] ・ [参加者を排除・排斥するような発言] ・ [プライバシーの侵害] ・ [個人情報] ・ [当サイトと無関係の内容の書き込み(広告・宣伝等)] など


 
    書込み一覧   新規書込み
[ ID:1022 ] 05年04月26日(火) 23:13:21
孝正
初めまして
早速ですが私は剣道を初めて1年経ちました。大会などにも出場し
そこそこの腕もつけてきました。 しかし私は面などを打つとどうしても右手があがって出小手がとられてしまいます。
いままで練習はしましたがうまくいきません。
どうすればよいでしょうか何かアドバイスをください
[ ID:1023 ] 05年04月27日(水) 00:44:39
Owner 剣道人口
ホームページ Email
Re: 初めまして
初めまして。こんばんは。
同じ悩みを持っているものです。
実は私も直ぐに出小手を打たれます。打たれるという事は、面を打つというのが読まれているのだなと思います。
色んな攻め方が出来れば、相手も悩むのだと思うのですが、攻撃がワンパターンなので打たれて当然だなと考えてしまいます。
最近は打たれても仕方ないと、ある意味、開き直り気味で面を打ちに行ったりしています。
回答になっていなくて、申し訳ございません・・・・
[ ID:1026 ] 05年04月27日(水) 23:30:49
くるお
Re: 初めまして
孝正さんはじめまして、くるおと申します。
出小手をよく抑えられる方に多い癖
1.右手振りになっている。右手の親指、人差し指に力が入ってい る
2.手の内が硬く相手の動きに必要以上に反応し手元が上がる
3.打突時に竹刀を手前に引く癖がある。竹刀が立つ
4.中心を取る前に打っている
などがあると思います。
これらを解決するための方法
1.竹刀は左手の小指、薬指、中指と右手の小指、薬指で握る
2.素振りのときに振り下ろしを意識的に早くする
3.中心の取り方、間合いの取り方を研究する表裏両方から攻める
などがあると思います。
ただし、出小手を警戒しすぎると自分から打って行けなくなったりしますのであまり意識せず、自分の間合いで中心を取ってから打っていくという意識で剣道をしたほうがよいと思います。
がんばってください。(^^/~
[ ID:1036 ] 05年05月03日(火) 22:20:06
Owner 剣道人口
ホームページ Email
Re: 初めまして
くるおさん

ご指導ありがとうございます。
私は1,2,3,4が当てはまります。(全部でした!)だから出小手に弱いんですね^^;
1は2年以上意識しているのですが、なかなか・・・・・・
右手に力が入ると形も悪くなるし、連続打ちもできなくなるので本当に直したいです。
次の稽古から、もっと意識するようにします。
[ ID:1042 ] 05年05月04日(水) 10:02:32
くるお
Re: 初めまして
あと、補足ですが柄皮が長いと右手手のひじが張りやすくなるため力が入りやすいです。目安としては柄頭からこぶし3つ半ぐらいが適当ではないかと思います。自分の一番使いやすい長さを見つけてくださいね。ちなみに私は39の竹刀に37の柄皮を使用しています。もしよろしければお試しください。
[ ID:1062 ] 05年05月10日(火) 22:16:11
Owner 剣道人口
ホームページ Email
Re: 初めまして
39の柄皮を自分で短くして稽古してみました。かなり良かったです!
体勢が崩れていたのが、少しよくなりました。
ありがとうございます。
[ ID:1064 ] 05年05月11日(水) 17:26:20
ケンキチ
初めまして
「出五手を打たれやすい」ですか。難しいですね。でも面を打てば小手や胴は打たれます。小手を打てば小手面を打たれます。ジャンケンと同じで打ちを出せば打たれる可能性は幾らでもあるといえます。ですから打ちに入る前の間合いや攻めを変えたらどうですか?例を挙げれば面を打ちたければ、やはり手元(小手)を攻め相手に小手を打つと思わせれば良いのではないですか。しっかりと攻めて打ちを出すときは、打たれてもしょうがない・・・と思えるくらいに吹っ切って打ってしまえば、そんなに打たれませんよ。打つ前に迷いがあれば相手に見透かされてしまいます。しっかりと攻めて土台を作ったら自分に自信を持って吹っ切って打ってみてください。
[ 1ページ前へ ]