トップページに戻る


なんでも掲示板


剣道に関する事であれば、なんでも書き込めます。
[剣道教室、剣道場が近くに見つからない] ・ [最近剣道を始めた理由] ・ [剣道を始めようと思っているけど踏み出せない] ・ [どうして剣道が好きか] など

できるだけわかりやすい発言・コメントを心がけて下さい。

管理人が掲示板に適さない、内容が不適当と判断した場合は、削除することがあります。
[特定の個人団体に対しての誹謗中傷] ・ [参加者を排除・排斥するような発言] ・ [プライバシーの侵害] ・ [個人情報] ・ [当サイトと無関係の内容の書き込み(広告・宣伝等)] など


 
    書込み一覧   新規書込み
[ ID:1219 ] 05年06月01日(水) 16:12:45
院宮
ホームページ Email
教えてください:切り返し
皆様の切り返しの仕方を教えて下さい。
現在、当方で採用しているのは・・・
@ 遠間から右足よりすり足で一歩攻め進んで、(一旦止まって)正面打ち。(右・左・止・打)
A 体当たり・左右面は普通(何を持って「普通」なのか…)
B 最後の右面の後、間合を切らない(横手合わせ)
C 横手間より、左足を継足し、正面打ち。(左・打)
D Aに準ずる。
E 最後の右面の後、間合を切る。
F 遠間から右足よりすり足で一歩攻め進んで、(一旦止まらず)正面打ち。(右・左・打)
となっています。(いずれも、左足は右足より前に出ることはありません。) 
しかし、矢野先生は、「必ず一足一刀の間合から」と言っておられますし、馬場欣司先生は、遠々間より、歩み足で正面を打つと言っていた(と思います)。
実際に規範となるような切り返しとは?
着目点:3本の正面打ちの間合い、足さばき
皆様のご意見・やり方お教えください。
[ ID:1221 ] 05年06月01日(水) 23:56:05
H.S
Re: 教えてください:切り返し
> 当方では、
> @ 一足一刀の間合いから右足で踏み込んで正面打ち。
> A 体当たり・左右面は前4回、後ろ4回、最後に引き面(左面)
> B 最後の左面の後、間合を切らないで中段に構えて一足一刀
> C 一足一刀より、正面打ち。
> D Aに準ずる。
> E 最後の左面の後、間合は切らない。
> F 一足一刀から右足より(一旦止まらず)正面打ち。
> となっています。(いずれも、左足は右足より前に出ることはありません。) 

私も、実際違う先生からは、遠間からと言われたような気がしますが、小学生相手なので、そうしているのかわかりません。左足は、両方の先生とも右足より前には出ていないようです。私も、8月に昇段審査を受ける予定なので、教えてください。
[ ID:1229 ] 05年06月03日(金) 00:36:31
Owner 剣道人口
ホームページ Email
Re: 教えてください:切り返し
院宮さん、H.Sさん
週末に先生に確認してみます。
[ ID:1249 ] 05年06月05日(日) 21:55:31
Owner 剣道人口
ホームページ Email
Re: 教えてください:切り返し
院宮さん、H.Sさん

今日、稽古の時に先生に確認しました。
先生は前提として、「この方法でなければならない」というのはないという事でした。

(打ち方)
1.一足一刀の間合いから正面打ち。
2.元立ちが体当たりを受け、少し下がる。
3.掛り手は、元立ちの左半面から前進して4本(左右左右)打つ。
4.後退しながら5本打つ。(左面で終わる)
5.中段の構えに戻り、間合いを打間にとり、正面打ち。
6.繰り返す。
7.最後に面を打ち、相手の左側をすり抜け、振り返り中段に戻り、残心をとる。

(掛り手)
右足を前にした送り足で前進後退する。

(元立ち)
歩み足で前進後退しながら、相手の左右面を竹刀で受ける。

*注意 掛り手が初心者の場合、竹刀で受けずに、実際に左右面を打たせる方法もある。

[ ID:1253 ] 05年06月06日(月) 09:58:14
H.S
Re: 教えてください:切り返し
大筋には、間違っていないので安心しました。
剣道人口さん、ありがとうございます。

初心者には、うちでも竹刀で受けずに、面を打たせています。
また、左右面の素振りがおかしいと感じたら、すぐ竹刀をはずして打たせています。きっちり、打って欲しいので。
どうも、ありがとうございました。
[ ID:1263 ] 05年06月08日(水) 00:12:44
ケンキチ
Re: 教えてください:切り返し
私はH,Sさんのやり方が妥当だと思います。
基本的に切り返しは打突方法だけではなく呼吸法も鍛錬してると思います。切り返しは一息で!が基本であり、間(えん)を切らずに行い一回の切り返しで汗が吹き出る程の方法をしなければなりません。ですから、一足一刀の間合いを維持することが必要であると私は考えますが・・・どうですか?
[ 1ページ前へ ]