トップページに戻る


なんでも掲示板


剣道に関する事であれば、なんでも書き込めます。
[剣道教室、剣道場が近くに見つからない] ・ [最近剣道を始めた理由] ・ [剣道を始めようと思っているけど踏み出せない] ・ [どうして剣道が好きか] など

できるだけわかりやすい発言・コメントを心がけて下さい。

管理人が掲示板に適さない、内容が不適当と判断した場合は、削除することがあります。
[特定の個人団体に対しての誹謗中傷] ・ [参加者を排除・排斥するような発言] ・ [プライバシーの侵害] ・ [個人情報] ・ [当サイトと無関係の内容の書き込み(広告・宣伝等)] など

 
    書込み一覧   新規書込み
[ ID:1634 ] 05年09月09日(金) 10:48:29
pi
技の練習について
こんにちは。

剣道を始めて2年弱の息子ですが、なかなか試合で一本をとることができません。
ただがむしゃらに面を狙ったり、小手や胴を打とうとしているだけで、
あれじゃな。。。思ってしまいます。

剣道の本を見ると、技についての解説(面すりあげ面で一本、小手抜き面で一本など)が書かれていますが、道場では特別に技を教えてくださるわけでもありません。

学生時代剣道をやっていた主人は、技なんでいうものは、自分で見て覚えるものだと言っていますが、私から見ると、これじゃいつまでたっても試合で勝つことができないのでは。。と思ってしまいます。
皆さんも、打ち込みや掛稽古など普段の稽古のなかから、自分で技を覚えていらっしゃるのでしょうか?

11月に大会があるので、ぜひ頑張ってほしいと思います。一生懸命やっているので、勝つ喜びも味わってほしいと思います。
アドバイスをよろしくお願いいたします。
[ ID:1635 ] 05年09月09日(金) 12:02:30
ママ
Re: 技の練習について
こんにちは。弱輩者ですが、子供達にちょっと剣道を教えているママです。さて、剣道を始めて2年弱、息子さんはおいくつですか?
私たちの会も、かなり剣道の試合は弱いのですが、今子供達に「勝つことの嬉しさを感じてもらって、稽古にみが入るように」と、試合に勝たせるようにさせています。
そうしながら、勝たせることの難しさも感じています。うちは、小2でpiさんの息子さんと同じくらいの経験ですけど、低学年と高学年では、教え方が違います。面すりあげ面や小手抜き胴などの技、小学4年生くらいまでは、説明しても難しいのが現状です。中学生、高校生あたりになると、自分の得意技がはっきり見えててくるのでしょうけど。。。
がむしゃらに面や小手を打とうとするのは、初心者によく見かけるものですが、子供さんの年齢にあった話をしないと、説明してもかえって子供さんが混乱するのではないかと。。。
ちなみに、私は高校生の時に普段の稽古と見取り稽古から、自分の得意技を作っていったのは覚えています。あれを、小学生に簡単に言うのは、難しいですよ。理解がどの程度できるかを考えて話さないといけないので。
[ ID:1636 ] 05年09月09日(金) 12:52:46
kouhei
Re: 技の練習について
こんにちは、技についてですが私は現在28歳で、剣道暦も19年になります。覚えているところでは技は(上にかかれています。面すりあげ面で一本、小手抜き面で一本など)中学、高校くらいに本格的に教えてもらった記憶があります。現在、息子さんが小学生であれば難しい技を覚えるより基本の面、小手、胴を確実に打てるように練習したらいいと思います。基本がおろそかで難しい技をやっても一本とれるような打ちができるとはおもいません。だんなさんが言うとおり技は見て覚えるというのも一理あると思います。ほかの人の稽古、試合を見ることによって自分と何が違うのか等がわかってくれば自分で工夫して練習に取り組み技も覚えられると思います。あせらず、じっくり待っていてあげてください。絶対勝てるようになりますから。自分が高校のとき部活の先生には「勝つ喜びも必要だが負けて何が悪かったのかを自分で解決することによって結果は必ずついてくる」と言われていました。
長々と書いてしまいましたが参考になればと思っています。

では。

[ ID:1637 ] 05年09月09日(金) 20:13:05
くぼちん
Email
Re: 技の練習について
私が思うに…それは「息子さんに…」と言うより「お母さん自身が、息子さんの試合で勝つ姿を見て喜びたい」ということでは…?

一生懸命やっているということは、息子さんはちっとも諦めていない。「諦めない事」…これは「勝つ事」よりも大切です。「簡単に諦めない」息子さんは、とても立派だと私は思います。

息子さんが諦めていないのなら、結果は必ず出ます。お母さんが、指導者でも経験者でもないのなら、息子さんを信じ、黙って見守りつづけるしかない、と私は思います。

さて、11月の試合までに、息子さんがどうすべきかと言えば…技を覚えるよりは、基本をさらに磨くことじゃないかと思います。

「がむしゃらに打っている」というのは、おそらく手数はそこそこ出ているが、間合が正しく取れてないのではないでしょうか。一足一刀の間合を改めて理解させて、こつこつ基本稽古を積み上げるしかないと思います。間合が正しく取れると、「当たれば決まる」という打ちが増えてきます。で、相手が防御をミスれば一本決まる。

出ばな技では「飛ぶ距離」でしょうね。たとえば、出小手を打つのに基本稽古と同じような飛び幅では、正しく打てない(ガチャンとぶつかる)。相手が近づいてくるんだから、自分もそれに合わせて踏み込む幅を調節しなければなりません。そこで、相手の踏み込みが甘ければ、バックリと出小手が決まるわけです。出ばな技を打つタイミングも、飛び幅も、こつこつ稽古を重ねないとつかめないことです。

これを読んで「偶然決まるのを待てって言うのかよぉ〜!!(´Д`)」などとは、どうか思わないで下さい。「構えてから打つまでのシナリオ」をすべて作り上げて一本決めるというのは、高段者(六、七、八段)のなせる業です。稽古を積んでも積んでも、なかなかできるもんじゃないんです。私なんか一生出来ないかも(汗)

小手先の技に頼らず、基本を大切にしていけば、必ず勝てますよ。息子さんを信じて、その瞬間を待ちましょう。

長文失礼しました。
[ ID:1638 ] 05年09月09日(金) 21:56:46
ピカピカの中一☆
ホームページ Email
Re: 技の練習について
はじめまして。ピカピカの中一☆と申します。
私は剣道を始めて4ヶ月のところですが、部活動での経験のため、ほどんどが先輩のご指導からの稽古ですよ。
私の場合、顧問の先生は未経験者なため、先輩の稽古をひたすら見て吸収し、また、その技が使いこなせるようになるための練習。それの繰り返しをしています。
私は、もともと男子だけでの剣道部に入った者ですので、10月頭の新人戦には出場予定が決まっています。私も、「あと1ヶ月もない・・・」と思ったりもしますが、基本稽古中心に、基本の技をしっかりと磨きなおしています。
kouheiさんや、くぼちんさんがおっしゃっている通り基本が一番大切だと思います。

私の学校に週に一度、特別に来て頂いている、ある先生のお言葉で、こんなものがあります。
  「打って反省 打たれて感謝」
このお言葉を聞いたとき、剣道へ思い方、考え方に光が差したようでした。
自分の悪い打ち方に気付き反省し、自分の隙に気付き、打ってきた相手に感謝する。そんなことが、自分を磨く上ではとても大切なんだなと実感しました。
私が最近にあった練習試合で負け続けた時に、先生からこんなご指導を受けました。
「いいんだ。今は負けろ。負け続けろ。負けてもいい。自分を見つめなおし、鍛えなおす。それさえすればいつか、必ず勝てる日が来る。」と。

私は、「大きな大会で勝つこと」それは最終点だと思っています。まずは自分のいいところ、わるいところ、それに息子さんが気付けるようさり気なく言葉をかけてあげてください。負けること、それが大切な一歩一歩となり勝利へと繋がっていくと信じています。
(内容は小学生ならすこし難しいかもしれません。)

ただ、がむしゃらに打っている、との事ですが「自分から一本取りに行く」という気持ちは素晴らしいものだと思いますよ。相手が技を仕掛けてくるのを待つことよりもはるかに「自分から打っていこう」という気持ちがあっていい事だと思えます。褒めてあげるのも自信になりよいのではないでしょうか。
勝つ喜びはこれから先、幾度とも味わうことが出来ると思います。ですから、今はしっかりと基本を磨き、小さな動きに敏感に反応できるように稽古すれば大会で一本は狙えるのでは、と思います。お母さん、お父さんがそうやって心配してくださるということは、とても心強く、そして何よりも、力になります。是非、息子さんの小さな良いところを見つけて褒めてあげてください。自信も1つの力の源です。息子さんが、11月の大会で一本取れることを心より願っています。

長文になりましたが、参考にさせていただけておれれば幸いです。
[ ID:1639 ] 05年09月10日(土) 00:23:28
Re: 技の練習について
こんばんは。
pi さんのお子様は ひょっとすると私の息子と同じ歳かもしれません。(うちは小1から初めて、今小2なのですが)

わかります〜。親は最初の1本待っていますよね。『くじけてやめないかな』とか心配ですよね。うちも、芽が出るのが遅めのようで・・・。

でも、指導者のかたに”じっくりおまちなさい”と。
先輩のお母様に”後からじわじわ強くなるタイプの子もいるよ”と声をかけてもらったり。
何となく”道”のつくものはじっくり取り組むものなのかなと思うようにもなってきました。焦らないでいましょう。

うちのこの指導者も基本重視のお方です。
でも、剣道の基本って大事だなーと稽古のときの指導者の言葉でよくわかる気がします。

稽古で得られる仲間や先輩、ドキドキやワクワク・・それがあるだけでもいいなあと思っています。(姿勢は確実に良くなりました。)

では〜。

[ ID:1641 ] 05年09月10日(土) 13:00:59
Owner 剣道人口
ホームページ Email
Re: 技の練習について
piさん

書き込みありがとうございます。

実は私は32歳ですが、面すりあげ面や小手抜き面で、一本がなかなか取れません。特に面すりあげ面で一本は、これまでの試合などで経験がないです。
稽古では技の練習をしているけどです。

これは私が上手くないからというのが大きな要因だと思いますが、技を決めるというのは日頃の稽古と考える能力が必要ですね。
お子さんが11月の大会で一本取れることを祈っています^^
[ ID:1642 ] 05年09月10日(土) 21:00:27
ママ
Re: 技の練習について
たびたび、申し訳ありません。
ちなみに、私の息子は小2で始めて2年弱。もし、同じ位の年頃でしたら、piさんのおっしゃる技ははっきり言って無理です。息子は、この頃勝つようになってきましたが、ガチャガチャ面を打っています。なぜ勝つのか、打ち損じた後もあきらめずに打ちに行って、そのうち当たるというのが正解かな?追っかけて行ってます。
それが、一つ同じ年頃の子と違うだけです。本人は、この頃勝つのでご満悦のようです。私から見ると、うちの会の中で一番下手。もしかすると、小2の中で一番下手。手も足もバラバラ、右手打ちになっている。
ただ、稽古は一度もさぼっていませんし、楽しんでいます。
そこで、勝てるようになったのを機会に先生方とあの子の悪い基本を矯正することを、今目標にしています。
これは、うちの息子には目標を持たせないと、しかもはっきりとした事がわからないと、基本が大事なことが理解できません。雨と鞭です。
子供達には、いろんな性格があって、私はなるべくその子にあった話をするようにしています。できた時は、必要以上に誉める。
子供さん、勝つといいですね。
[ ID:1643 ] 05年09月10日(土) 21:02:53
ママ
Re: 技の練習について
ピカピカの中1さん、頑張ってますね。しかもちゃんと、剣道の事を理解しながら。。。いい中学生になっていますね。そして、剣道の精神も理解しながら。新人戦、頑張ってね。
[ ID:1647 ] 05年09月11日(日) 15:42:44
ピカピカの中一☆
ホームページ Email
Re: 技の練習について
度々申し訳ありません。
今日の稽古でご指導いただいた事をお伝えしたいと思います。
面すりあげ面や、小手抜き面での一本は、中学生でも中々それを狙っての一本は難しいそうです。
(実は、私はその技をかけて一本をとった人の試合は、見たことがないのですが)夏にあった私の住む県の県大会(県中学総体)では引き技が特に決まっていました。3年生、しかも小学生の頃からの経験がある方にもなると、引き技がとても上手く使えていて本当に驚きました。
難しい技はいざとなってみると上手く打てないようですし、また、基本の技ほどほんの少しの隙にでも素早く反応できるようです。日頃の練習の所為か、さっと体が反応して技を出すのだそうです。「私もそうなれるようにもっと基本の技を磨かなければ」と思わされました。相手が、緊張していて思わないところに隙が出来ていたりする時には、基本の技が一番簡単にかかるそうですよ。また、自分がそうならないためにも、「平常心」ほど大切なものはありませんね。


道場から大会に出ていて、大会に慣れている方もいらっしゃいますので、どうかは分かりませんが、やっぱり基本があってこその大技があるのですし、基本をきちんとしていて損はないと思います。ましてや大会では特に、残心がとれているか、とか声と足の動きと振り下ろしが同時か、などとのとても基本な事で審判旗が上がるか上がらないかに繋がってきます。

「自分から打っていこうとする気持ち」
ほど大切なものはないと思います。やる気がある、とも積極的だ、とも言えるその気持ち。私はまだまだ「自分から打っていこうとする気持ち」がたりません。ですから息子さんの「自分から打っていこうとする」その気持ちに頭が下がる思いです。
[ ID:1657 ] 05年09月13日(火) 11:03:53
pi
ありがとうございました!
みなさま、貴重なアドバイスをありがとうございました!
お礼が遅くなってしまいました。

子供の年齢を書き忘れてしまい、すみません。
現在小5です。

やはり純粋に親として勝つ姿をみたいという気持ちはあります。
でも、多くの親御さんも同じだと思うのですが、単に喜び
たいだけではなく、一生懸命の努力が形になることで、次の
がんばりに繋げてほしいと思うからです。

みなさまがアドバイスしてくださったように、負けることを
大切な一歩として、焦らず、見守り、励ましていきたいと思います。

でも、剣道をやらせていて、ほんとうによかったと思います。
ツライことがあった、人に負けた、努力するのが面倒、、などなど
途中であきらめてしまったり、殻に閉じこもってしまったり
する子供(大人)たちが多い世の中です。
現代人に必要なのは、剣道(武道)の精神なのかなと思います。

日々、子供の稽古を見ていて、成長を感じています。
負けても突進していく(笑)姿に、フッと涙がでてしまうときも
ありますが、親がどんと構えて見守らなければいけませんね。

ピカピカの中一さんも、新人戦がんばってくださいね!!
どうもありがとうございました。
[ ID:1658 ] 05年09月13日(火) 11:52:11
ママ
Re: ありがとうございました!
小学5年生だったんですね。
技は、そろそろ出小手と抜き胴が出てくる時期です。小4からちょっと出てくる技です。でも、うちの5年生、やっぱり面が多いですよ。
それでも、大事なことは基本。そして、やろうとする気力です。
私は、子供達が負けることは別にいいと思っているのですが、試合中にあきらめたり、逃げたりすることを一番怒ります。たとえ、取られても取り返そうとする気持、大事だと思います!精一杯やってくれれば一番ですよね。もし、2本負けばかりが、1本負けになればものすごい進歩ととらえます。そういう時は、励ましてあげますよ。技は、自然にやる気になって身につくと思いますよ。
頑張って、お子さんの成長を見守ってください。
[ ID:1659 ] 05年09月13日(火) 12:43:42
くるお
Re: 技の練習について
横から失礼します。
指導者の末席に加えていただいてる者としておせっかいだと思いながら1言申し上げます。
小5で剣道経験2年弱ということは3年生からはじめられたんですよね?
そうであれば、今は、1足1刀の間合いから1歩で打てるように稽古すべきだと思いますよ。器用な子供であれば抜き胴や出小手などを会得しだす時期ですが子供はその子その子でみんな違います。
あたりまえのことですが本格的に勝ちを意識した剣道をするのは中学校からで十分です。そのためにも今は基本を大事に稽古に励んでください。当てるだけの技を今覚えても何の役にも立ちません。それよりは大きくまっすぐに打てるようになるほうが大事ですよ。(^^ 
うちの愚息は小4で剣道歴1年半ぐらいです。技なんてまだまだです。
それよりも「大きく、まっすぐ、大きな声を出して打つ!」これのみを言い聞かせてます。本人は多少、技を教えてもらいみたいで他の先生方に聞いてるみたいですが・・・
試合に時は打突の機会を意識させることで技に頼らず何とかなりますよ。(^^\ 
勝ちをあせっているご両親の姿はお子さんにとっては非情なプレッシャーになりかねませんのでお気をつけください。
若輩者が生意気言ってすみません。m(__)m
[ ID:1661 ] 05年09月14日(水) 12:51:30
Re: 技の練習について
こんにちは。

Piさん≫
現代人に必要なのは、剣道(武道)の精神なのかなと思います≫

何となく判る気がします。
只、私は武道の精神が何たるかを語る事はできないのですが、古い友人の中に長年剣道をしている方がいて、その方の生き様みたいなものからそう感じています。

くるおさん≫
剣道の指導をされている方のご意見ありがたいです。

勝てない子供に対する心配…というと、子供がくじけて投げ出す事、もう一つは指導者に申し訳が立たない気がする事なのですが、
くるおさんのご意見を伺うと2つ目の心配はしなくても良さそうで安心しました。

純真に稽古に打ち込む息子や、賢明に指導してくれる方に対して、この親ばかぶりは”反省!”です。
「大きく、まっすぐ、大きな声を出して打つ!」≫息子の指導者と同じ意見ですよ。
私も必要なようです、”平常心”

このスレッドでは色々考えることができました。
ありがたいです。

[ ID:1667 ] 05年09月15日(木) 10:43:52
ママ
Re: 技の練習について
くるおさん、どうもこんにちは!
私の言い方がちょっと悪かったようですね。
ふと見ると、驚いています。
でも、普段子供達に教えている時は、勝つことにこだわっていませんよ。同じく、一足一刀の間合いをつかんでもらったり、手と足をそろえるとか基本的なことしか言っていません。子供達が、靴を脱ぎっぱなしにしていたり、道場に入ってきてだらだらしていたりすると一喝が入りますけどね(^^;)
いつも、どうやってこの子のいいところを引き出すか、教えるという立場ではないのでしょうけど、気を使っています。だから、その中でひょいとその子の得意技になりそうな素質が出てきたら、ちょっと地稽古で教えてみたりします。
これでも、一応優しいママのつもりです。
[ ID:1687 ] 05年09月21日(水) 12:47:17
くるお
Re: 技の練習について
ママさんお久しぶりです。
>私の言い方がちょっと悪かったようですね
いえいえそんなことはないんですよ(^^;
ただ、小学生の間は勝てなくても大きくまっすぐ打つ剣道を体得するほうが良いというのが持論でして・・・(A^^;
子供に限らず「打つこと」と「当てる」ことの違いがわかっていない方が打ちの道場にもいらっしゃる現状からあのような言い回しになった次第です。ご容赦ください。m(__)m
>一応優しいママのつもりです
ふふふ私も一応、やさしいパパのつもりです。(^^
気合が入っていないと「くぉらぁしゃきっとせんかぃ!」と怒鳴り散らすこともあったりしますが・・・
[ ID:1955 ] 05年11月26日(土) 01:46:40
Re: 技の練習について
打突の機会。
3つの許さぬところ
技に走らなくてもよし。基本通りでいいでしょう。
[ 1ページ前へ ]