トップページに戻る


なんでも掲示板


剣道に関する事であれば、なんでも書き込めます。
[剣道教室、剣道場が近くに見つからない] ・ [最近剣道を始めた理由] ・ [剣道を始めようと思っているけど踏み出せない] ・ [どうして剣道が好きか] など

できるだけわかりやすい発言・コメントを心がけて下さい。

管理人が掲示板に適さない、内容が不適当と判断した場合は、削除することがあります。
[特定の個人団体に対しての誹謗中傷] ・ [参加者を排除・排斥するような発言] ・ [プライバシーの侵害] ・ [個人情報] ・ [当サイトと無関係の内容の書き込み(広告・宣伝等)] など

 
    書込み一覧   新規書込み
[ ID:1992 ] 05年12月04日(日) 21:51:38
ヒノ
連続技が・・・。
こんばんわ!(*^^*)新しくスレをたててみました☆
防具の件でアドバイスを下さった、くるおさん、ママさん、有難うございましたm(__)m。最終的に、防具は新しい物を買うことに決定しました!日々精進で寒稽古も乗り切ります☆☆

そして遅れてしまいましたが・・・。剣道人口さん、昇段試験合格おめでとうございます!私が剣道を始める際、後押しして下さったのはこのサイト様のおかげです。これからもこんな初心者をどうぞよろしくお願い致します・・・。

話は変わるのですが、防具を着けて稽古をするようになって約1ヶ月半がたちます。
初めは一挙動の面打ちだったのが今では籠手、胴も練習しています。
そして今直面している問題は籠手→面、籠手→胴の連続技と相面です(漢字あってますか!?)。

特に籠手面は足がバラバラで面が面になっていないというか・・・。(ひきつけが遅いのでしょうか?)
相面の方は、まっすぐ行っているはずなのですが、実際はそうでもないと・・・。
こんな文章でごめんなさい。
アドバイスよろしくお願いします・・・。m(--)m


[ ID:1993 ] 05年12月05日(月) 13:31:33
ママ
Re: 連続技が・・・。
連続技ですか?
子供たちに教えていて、大きく小手→面と教えるのが、実は私でも揃わないことに、気づきまして慌てています。
小さい連続技は、いつも使っているので大丈夫なんですけどね(^^;)
左足の引き付けを早くするのと、右足と左手を合わせる、そういう感じですかねえ。
私の、大きく小手面を打つときになぜ合わなかったのかというと、踏み込みが早くて、手がついていかなかったのですが、気をつければ大丈夫なようです。
それから、姿勢は常にまっすぐに、小手を打って沈まないこと。小手に集中して目線が小手だけにいっていると、頭が下がってしまいます。そうすると、ひきつけが遅くなります。
遠山の目付けですよ。
[ ID:1997 ] 05年12月07日(水) 22:45:32
Owner 剣道人口
ホームページ Email
Re: 連続技が・・・。
ヒノさん
こんばんは。新しいスレありがとうございます。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

私も連続技が苦手なんです^^; はっきり言って打てません。
連続技を綺麗な形で早く打てるようになるには、色んな点に注意する必要があるのだろうと思います。以下は、連続技をする時には必須のことだなぁと頭で理解していることです。でも出来ないんですが。。。。

・足のひきつけ
・左手と右手
・姿勢

足のひきつけは、ママさんの書き込みの通り打つタイミングと合っていないといけないですね。ひきつけを早くするには、稽古しかないと思います。私は連続技が苦手なのは、ひきつけが思うようにできないというのが一番の理由です。
選手権大会のDVDとか見ていると、とても早い小手面でも、きちんと足をひきつけているシーンがありました。この小手面で1本入っていましたが、このシーンを見たときに、基本稽古の小手面と全く一緒だ!と思いました。

右手は力が入りすぎていると、右手で押さえつけるよう小手を打つ事になり、竹刀が反動で戻らず、面までの距離が遠くなってしまいます。左手で上手く小手を打つと、パコっていう音がすると思いますが、その場合、竹刀が反動で上に上がって、次の面が早く打ちやすいと思います。ちなみに、私はこれも苦手なのです。。。。

姿勢はできるだけどんな時も崩さないように打つべきだろうと思っています。姿勢が崩れると隙ができてしまうような気がします。


連続技が苦手な私が言うのもなんですが、
・焦らず、ゆっくりでもいいから小手・面/小手・胴ときれいに打てるようにすること。
・足のひきつけは、それとは別に稽古すること。
・左手で打てるようになるという事や姿勢は、連続技に限ったことではないので、常日頃から意識すること。

いきなり早く打つのは無理なので、少しずつ早く打てるようになれば良いのではないかと思います。その為には足のひきつけが少しずつ早くなるのが大切ではないかと思います。
[ ID:1999 ] 05年12月08日(木) 00:00:24
くるお
Re: 連続技が・・・。
ヒノさんこんばんわ。
連続技のコツと思うものを書いてみます。
1.左足の引付けをしっかり行う
2.打突の瞬間しっかり竹刀を握る
この2つさえ出来れば何とかなります。
足捌きですが足の指で床をつまむように意識してつま先に力を入れて稽古すると左足がすっと付いてくるようになります。
一挙動の面打ちを稽古しているのでしたら面→面を稽古するほうが感覚がわかりやすいと思います。感覚を覚えたら面→面も小手→面も打てるようになると思います。後、胴は体を大きく右に捌くと打ちやすいですよ。
[ ID:2027 ] 05年12月19日(月) 14:00:34
ママ
Re: 連続技が・・・。
連続技はね、私の場合、相手が出小手に来るときに、一緒に小手を打って、次に面を取ると言う大事な技です。
もう一つ、面→小手も、相手を引かせるのに役に立てていますけど。
稽古のとき、一本一本、小手も面も決めるつもりで稽古しないと、相小手→面なんてできないので、基本稽古が大事です。

私が初めて試合で小手面を決めたときのことを話します。それは、一つ下の男子でした。彼は、私を倒そうと必死になっていましたが、出小手は早いけど、打った後に面があいているので、考えたのです。彼と相小手を打って、面を取ろうと。
中段に構えて、「はじめ!]のかかった瞬間から、機会をうかがっていました。頭の中では、きれいに小手面を決めること、彼のスピードで相小手を打つことをしっかり頭に焼き付けて。
緊張の中に、はっきり彼が出小手を狙うタイミングを捉えて、小手面!見事に決まりましたよ〜!
嬉しかったです。

それ以後、小手面を得意技の中に入れました。
楽しいですよ。覚えると。。。

早く、そうなってね、ヒノちゃん!頑張れ!
[ ID:2079 ] 06年01月08日(日) 08:16:37
ヒノ
Re: 連続技が・・・。
明けましておめでとうございます!…と、言うには随分遅すぎるのですが…(・_・;)。今後もどうぞよろしくお願い致します(・∀・)☆

そして連続技に関してのアドバイスをママさん、くるおさん、剣道人口さん、有難うございました!皆様からのアドバイスを基に毎日稽古を重ねています。以前に比べて、大分コツも掴めてきました!!(*^^*)

今は冬休み中で時間も沢山ある、と言うことで「応じ技」と「出鼻技」を練習メニューに取り込んでいます。私の場合は(まだやらないほうが…)と言う判断でその練習の時は面打ちをしています。
けれどいつまでもこのままでは駄目だよな…と思って、その後の稽古の時間に同級生の人に(むしろ部内bPの人に)応じ技を教えて欲しいと頼みました。けれど「応じ技は癖がつくと変になるからやめたほうがいい」とのこと。
その人は剣道歴10年の内8年間は基本打ちだった様です。それを聞いて驚きましたが、いかに基本が重要なのかと言うことが分かりました。
その事は承知しているけれど…やっぱり早く応用した技を覚えたい!けれどそれには基本が大事。でも…と焦る気持ちが繰り返されています。こんな気持ちを持つのは可笑しいのでしょうか?
[ ID:2083 ] 06年01月09日(月) 00:23:24
くるお
Re: 連続技が・・・。
ヒノさんこんばんわ!
>大分コツも掴めてきました!!(*^^*)
それは良かったですね(^^
>やっぱり早く応用した技を覚えたい!
その気持ちは良くわかります。でも面をつけてまだ数ヶ月ですよね。そんなにあせらなくても大丈夫ですよ(^^ 
そういうても何かしたくなるのが人間ですから次のことを意識したらいかがでしょうか?
3つの許さぬところ
@起こり頭(相手の技の動作が起こり始めたところのすき)
A技を受けたところ(相手がこちらの技を受け止めた瞬間)
B技が尽きたところ(相手の連続した技が尽きた瞬間)
この3つを意識し稽古することでだいぶ違ってくると思います。
@の場合ヒノさんの「攻め」が必要となりますので表からの「攻め」裏からの「攻め」などいろいろ研究してみてください。
Aの場合は小手を受けたら面があきます。面を受けたら胴があきます。ということは小手→面や面→胴という連続技が生きてきます。
Bの場合は誰でも技を出した後は気が抜けがちになるもんです。ですから振り返った瞬間なんて打っていたら最高ですね!引き技を追いかけてなんてのもOKです!
同級生の方が言うように応じ技はまだ必要ないと思います。でも地稽古や部内戦で1本取れたら最高でしょ?
この三つの許さぬところを打って行けるようになったらいい感じになると思いますよ。がんばれ〜(^0^/~
[ ID:2093 ] 06年01月13日(金) 20:09:50
ヒノ
Re: 摺り足について…
くるおさん、返信有難うございます(*^-^*)/!
今はまた右手打になってきてしまっているので、その修正を毎日頑張っています(・ω・)。
ところで、くるおさんから貰ったアドバイスで相談(言葉が変だ…)があります。Bについてです(・・;)。
相面、追い撃ちの時など、とにかく相手を追い掛ける?場合の足捌きなのですが、どうしても追い掛けている間に摺り足ではなくなってしまうのです。それは抜ける面を打った後も同様なのですが…。
原因はやはり左足の引き付けが遅いからでしょうか??
やたら疑問符が多くてごめんなさい…。
[ ID:2095 ] 06年01月14日(土) 00:28:07
剣道がすきなおっさん
Re: 摺り足について…
 連続技、右手打ちについて、

 連続技を速く打とうとすると、右手に力が入るのでしょう?

 まず、竹刀の握り
「包丁で物を切るときや、のこで木を切るとき人差し指を刃の上に添えるようにすると刃の方向が安定して、真直ぐに切れると思いますそのときの小指・薬指・中指のかたちが斜めになっているでしょう。このかたちが、竹刀の握りです右手も左手も人差し指は、軽く添えるだけです。」扇子をもって練習するとうまく出来るようになります。

 つぎに、竹刀の振り方
「タオルを絞るとき腕の脇を絞めないと強く絞れないでしょう。茶碗と箸で食事をするとき脇を軽く絞めて食べると手首が楽に動くでしょう。竹刀で打つとき、軽く脇を絞めてゆつたりとした構えから技を出したときに脇とひじを同時に絞り込むようにして打つとおのずと両腕の小指・薬指に力が入り次の技への備えも出来ます。」

 最後に足さばき
「本来は、左右双方の足の先に均等に体重がかかりどのような動きにも対応できることが正しのですが、まず、常に左足のつま先に体重を感じる構えを身につけ右足が動きやすいように構えることから始めると善いでしょう。連続技は、リズムです。トントン、トントンと、右足と手の内だけで打つリズムを身につけ、足さばきをすると善いでしょう。」左足の備えは、常にひざの裏側のけんが張っているような感覚を身につけると、右足とともにすり足が出来るようになります。

「剣を学ばんと欲すれば、まず心より学ぶべし」を実践しているおっちゃんです。
[ ID:2096 ] 06年01月14日(土) 15:37:36
くるお
Re: 摺り足について…
ヒノさん、こんにちわ!日々がんばっているようですね(^^
>どうしても追い掛けている間に摺り足ではなくなって・・・
それはいけませんねぇ。相手を追いかけるときや間合いを詰めるときなど時と場合によっては歩み足になってもかまわないと思いますが、すり足ができないと非常にバランスが悪くなりいざ打とうとしたときに安定した打突ができません。抜けるときもできないとなると残心がとりにくくなります。原因が左足にあるのかどうかはわかりませんがまず大きな歩幅ですり足を練習してください。それができるようになったらできるだけ早くすり足ができるように稽古してください。最初は前方のみでOKですが最終的には前後左右、全方向にできるように稽古したほうがよいでしょう(^^\ またこの際ですから他の部員の人たちや監督(顧問)の先生などに足捌きのやり方(間合いの詰め方など)を聞いてみてもいいと思いますよ。(^^\
最近の体育館などはニス?などが塗ってあるので足捌きがしにくいところもありますががんばってね(^o^/~
[ 1ページ前へ ]