トップページに戻る


なんでも掲示板


剣道に関する事であれば、なんでも書き込めます。
[剣道教室、剣道場が近くに見つからない] ・ [最近剣道を始めた理由] ・ [剣道を始めようと思っているけど踏み出せない] ・ [どうして剣道が好きか] など

できるだけわかりやすい発言・コメントを心がけて下さい。

管理人が掲示板に適さない、内容が不適当と判断した場合は、削除することがあります。
[特定の個人団体に対しての誹謗中傷] ・ [参加者を排除・排斥するような発言] ・ [プライバシーの侵害] ・ [個人情報] ・ [当サイトと無関係の内容の書き込み(広告・宣伝等)] など

 
    書込み一覧   新規書込み
[ ID:2166 ] 06年02月01日(水) 22:16:31
ママ
みなさんはどうしていますか?
若いころと違い、かなり間合いを詰めないと届かなくなってしまっている私です。
さて、一歩または半歩間合いを詰めるとき、みなさんはどうしていますか?
まだ、私の気持ちの中で恐れがあって、イメージできないのですが、みなさんの方法をお聞きしてイメージを高めたいと思います。
剣先を喉元に突きつけ、間合いを近づけて面!
イメージできそうで、できないのです。
足と手が近づくのを、どうやって相手に悟られずにできるか、悩んでいます。できそうでできないこのもどかしさ...と申しますでしょうか?
[ ID:2177 ] 06年02月04日(土) 19:00:35
らぐら
Email
Re: みなさんはどうしていますか?
お相手に悟られず・・・ってことでしたら含み足ですかね?
でも、含み足は重心が後ろに偏って居つきやすいです。
「剣先を喉元に突きつけ、間合いを近づけて面!」がイメージできそうでできない・・・と仰ってますが、そういう発言が出ること自体、イメージはできているはずです。
後はイメージが再現できるように繰り返し稽古した方がいいと思いますよ^^;
[ ID:2178 ] 06年02月04日(土) 23:51:34
なるぱぱ
Re: みなさんはどうしていますか?
間合いの定義はいろいろとあると思いますが、「心の間合い」に切り替えたら、いかがでしょうか?
私の実感として、相手の気や心を感じる剣道を、心がけていただければ、技術的なことを気にせず、自然に自分の間合いに入り込めます。
技術的なことを気にしていると、やはり、詰めようとした過程で、上位の方には、打たれてしまうと思います。なぜなら、こうやって詰めよう!と思った過程で、気がとまり、また気の起こりが悟られてしまうから。

私の個人的な体験ですと、
まず第一のステップとして、いつ打たれてもいい、そのかわり相手が少しでも動いたらいつでも刺し違える!という覚悟で、心を水にし、気を張りながら、じりじり自分の間合いに詰めていく。これを、普段の稽古から、心がけてもらえれば、自然と技術的なことは気にならなくなります。
相手を見るのでなく、感じることを心がけてください。

もちろん、それを実践することは難しいです。しかし、それが、剣道の奥深さであり、はまってしまう、ところです(笑)。
[ ID:2180 ] 06年02月05日(日) 23:15:22
ママ
Re: みなさんはどうしていますか?
らぐらさん、なるぱぱさんありがとうございます。何となく、イメージしているのですけど、なかなか思ったようにならないですね。
稽古あるのみとはわかっておりますけど。

この一年、再開してみると、やっぱり剣道って楽しいんですねえ(^0^)
そして、この年になってまさか色々な技をまだ覚えられるというのも楽しいもんです。
その年代に合った剣道があるんだとこの頃はつくづく思っています。
もっと早くに再開しておけば、今頃は。。。と思いますが、これもなんかのご縁ですから、仕方がない。
他人の稽古を見ていて、「次はこうしよう、ああしよう」と目標ができるので、また奥が深い。
参考にさせていただきます。
[ ID:2187 ] 06年02月08日(水) 00:41:54
Owner 剣道人口
ホームページ Email
Re: みなさんはどうしていますか?
ママさんのおかげで、いい話を聞かせてもらいました。
次回の稽古で少しだけ意識してみます。
[ ID:2190 ] 06年02月08日(水) 09:35:05
なるぱぱ
自信を持ってください!
おせっかい、ついでに(笑)
相手の気を感じるには、相手の正面(気)から逃げないことが重要です。
稽古の心がけとして、どんなことがあっても、相手の竹刀をよけずに、必ず「刺し違える」つまり「打ち違えて」ください。もし、思わずよけてしまっても、必ず、なにか応じ技を出すこと。
また先程も書きましたが、相手を見るのでなく、感じること。
相手の動き、竹刀を見てしまったときは、もう遅く、上位の人には、たぶん打たれています。
攻防の途中で、見るという行為は、つまり「気が止まって」しまうときなのです。
私の解釈では、ママさんのいう、「相手の喉元に剣先をつきつけるように」という入り方は、つまり相手が、ママさんの剣先に、思わず気を取られてしまい、一瞬、気が止まることを期待し、その隙に間合いを詰めて打つ技。あるいは、気攻めで、相手の気の正面を割って入るにともない、自然にでた一連の動き。のどちらかだと思います。

ママさん、20数年ぶりに、剣道を復活なさって稽古に励んでおられるとのこと、体は昔のようでなくても(失礼!)、様々な人生経験を経て、精神力つまり「心」は若い頃に比べて、格段に成長し、錬度が増しているはずですよ!剣道を実際していなくても、心の修行はしてきたのだ、という自信を持って、稽古に励んでください!
[ ID:2192 ] 06年02月08日(水) 13:11:03
ママ
Re: 自信を持ってください!
剣道人口さん、なるぱぱさんありがとうございます。確かに、そうですね。「心」は昔と違います。剣道はしていないですけど、私は普通の女性とは違った経験をさせていただく機会に恵まれておりました。
仕事でも、家事でも育児でも、今では普通かもしれませんが、当時女性が今のような仕事に就くことはあまりなく、男性の職場で働いてきていますので、産休も会社始まって以来初でしたし、私にとっては子供の保育園も周りに教えてもらう人がいなくて、やってきたことです。ましてや、管理職の経験までさせていただいて。。。
(ツラの皮が厚くなりましたね^^;)

だから、再開してみても、昔とは違った技が出てきたり、技に磨きがかかったりと最近感じ始めました。そうですね、もっと心に自信を持って励んでよいですね。ありがとうございます。
何事にしても、そうですね。
[ 1ページ前へ ]