トップページに戻る


なんでも掲示板


剣道に関する事であれば、なんでも書き込めます。
[剣道教室、剣道場が近くに見つからない] ・ [最近剣道を始めた理由] ・ [剣道を始めようと思っているけど踏み出せない] ・ [どうして剣道が好きか] など

できるだけわかりやすい発言・コメントを心がけて下さい。

管理人が掲示板に適さない、内容が不適当と判断した場合は、削除することがあります。
[特定の個人団体に対しての誹謗中傷] ・ [参加者を排除・排斥するような発言] ・ [プライバシーの侵害] ・ [個人情報] ・ [当サイトと無関係の内容の書き込み(広告・宣伝等)] など

 
    書込み一覧   新規書込み
[ ID:2209 ] 06年02月18日(土) 21:56:27
kenndou
教えてください!
よく流派というのを聞きますが、何処の剣道場にも流派というものがあるのでしょうか?僕は全くの初心者で分かりません。教えてください
[ ID:2213 ] 06年02月19日(日) 20:23:19
Owner 剣道人口
ホームページ Email
Re: 教えてください!
kenndouさん
書き込みありがとうございます。私が通っている剣道教室では流派というのはありません。ということは、どこの稽古場でもあるという訳ではないと思います。もちろん流派はあるところはあると思います。
kenndouさんは全くの初心者ということですが、流派などを意識した上で、剣道を始めようとされているのですか?
[ ID:2216 ] 06年02月20日(月) 16:51:45
院宮(ご無沙汰ぁ〜)
ホームページ
Re: 教えてください!
流派ですか・・・戦前は多く有ったとは聞いていますが、現在は「流派」と言うのは剣道業界では減ったと思われます。

剣術(古式剣道)や居合は流派があります。現在でも小野派一刀流や北辰一刀流、柳生新陰流なんてのはありますね。

しかし、多くの流派は明治維新の際の身分制度改正や廃刀令なんかで道場運営が思うように行かず途絶えました。

次に、戦後、大日本武徳会解散・剣道禁止令により廃れてゆきました。
現在、流派が残っているとすると、先に上げた有名道場・流派以外は、高弟から直弟子に受け継がれたものでしょう。

このような「受け継がれた」流派以外に、その土地や一族に受け継がれた流派もあります。 五島列島の方では、切り替えしの最後の正面は二足一刀だとか・・・

また、戦中・戦後に活躍した剣道家の門弟が師剣を流派として残している例もありますし、道場を○○流なんて言う場合もあります。

また、小生のように流派の看板を背負っていても、もはや口伝としてのもので非実戦向きのものもあります。

勿論、流派や伝統は必要ですが、まずは「一生懸命」稽古に精進することではないでしょうか?
[ ID:2217 ] 06年02月20日(月) 19:09:55
kenndou
Re: 教えてください!
書き込みありがとうございます。やはり、初めのうちは流派も何も考えずに稽古に一進した方が良いのでしょうか?
[ ID:2218 ] 06年02月21日(火) 12:47:34
院宮
ホームページ Email
Re: 教えてください!
それは何とも言いがたいですね…

流派伝承・剣道精進。この2面、どちらを取るかはkenndouさん次第です。
○○派の剣道がしたいでもいいでしょう。

もし、確固たる目標流派をお持ちでないのであれば、先述のとおり、現在「流派」との権威は昔ほどでは無い故、とにかく自分の稽古を精進する方が宜しいかと思います。

そこまで、流派に拘るのであれば、精進を重ね、自分を慕う者々でご自分の流派を立ち上げるのも一興かと…
[ ID:2224 ] 06年02月22日(水) 05:55:16
なるぱぱ
Re: 教えてください!
流派とはいえませんが、、、
私の知っている範囲ですが、
教えてくださる先生によって、剣道が微妙に違うことはあります。

例えば、
面紐のつけ方:
関東流と関西流があります。

構え:
中段や上段の違いは、もちろんのこと、
中段でも剣先の延長上が、
相手の中心の咽喉部、
相手の左目に向ける構え方などがあります。

胴の抜け方:
(相手の左側、自分から見れば右側に抜ける場合)
胴を打ったあと、ほとんど直線的にすれ違い、相手に背中を見せるようにして切り抜ける方法。
胴を打ち抜けるさいでも、相手から顔や体をそらさず、相手を中心に周る?ように抜ける方法。
などなど

私はちなみに、現在は、面紐は関東流、
構えは中段で剣先の延長上は相手の左目、
胴打ちは後者です。

目で見える表現の仕方は違いますが、
剣道が目指している本質は同じでしょうから、
個人的には、こういう違いは、それぞれの好みだと思っています。

院宮さんのおっしゃるとおり、
まずは、どの流儀・流派にこだわらず、最初に教わる先生のやり方を学び、
基本をしっかりと身につけることが大事ですね。
[ 1ページ前へ ]