トップページに戻る

なんでも掲示板



なんでも掲示板は新しくなりました。新しい掲示板はこちらです。 →→ なんでも掲示板2

この掲示板では、新規の書込みが出来ません。新規の書込みは、なんでも掲示板2にお願いいたします。書き込まれているトピックに対しての返信は可能です。



 
    書込み一覧  
[ ID:2424 ] 06年05月07日(日) 14:09:45
サクラ
剣道の勝ち負けの意味について
こんにちは^−^私は中Bの女子です
もうすぐ引退まじかですがある疑問があります
私の剣道部は今年のA年が入ってから変わり
ました。私の剣道部はすごく勝ちにこだわる
んです。親と部員が一番こだわってます。
確かに勝ちを求めてるのもいいかもしれない
です。でも、後輩は言います。「絶対勝たな
いと」って言います。それは親が「なんで勝
てないの?」と叱りつけるんです。これって
間違ってませんか?
返事お願いします
[ ID:2426 ] 06年05月07日(日) 15:02:38
モアイ
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
サクラさん、こんにちはです。
難しいですね…。
質問の勝ち負けとは、第三者(他人)が下す評価と思います。
剣道やあらゆる武道(他のスポーツ)は古き時代より勝敗を決するものとなっています。
ですから、拘る拘らないに限らず勝負とは勝たなくては意味がありません。
本来人間は負けて悔しくない人はいないと思いますが、悔しくないと思う人は真剣に取り組んでいないと思います。
サクラさんの質問の中で、親が「なんで勝
てないの?」と言われる親御さんは少し考え違いをしていると感じます。
何故なら、試合をしているのは親御さんではなく子供達ですからね…。
しかしながら親御さんも必死なんですよ。
わが子が試合をして勝てばともに喜びもしますが、負ければともに悔しい思いもします(中には激しく怒る方もおられる…)。
ですから、子供からすると有難い反面たまにうるさいと思う時があると思います。
長くなりましたが、今現在は誰も間違っては無いと思いますが、みんなの気持ちを聞いてどう進むべきか話し合えばいいのでは無いでしょうか、昔若人だったおじさんの考えですが参考になりましたでしょうか…

頑張って下さい。
[ ID:2434 ] 06年05月08日(月) 00:38:36
くるお
ホームページ
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
サクラさん、はじめまして。くるおです。
1.私の剣道部はすごく勝ちにこだわるんです。
  結論から言うとこだわるべきでしょうね。誤解を恐れず言う  と勝ちにこだわらないなら試合に出ないほうがいいですよ。  勝つために試合に臨むべきです。試合とはそういうもんです  よ。勝者と敗者しか居ませんし・・・
2.親が「なんで勝てないの?」
  そういうことを言う親御さんはどこにでもいらっしゃいます  が答えは簡単です。弱いから勝てないんです。弱いから負け  るんですよ。
ただこれだけなんですよ。試合とはそういうもんなんです。
でも、試合に勝つというのは剣道をやる上での目標であって目的ではないんですよ。少し禅問答のようになりますが目標に向かって最大限の努力をし必死になる。夏場の暑中稽古にも耐え、冬場の寒稽古にも耐える。そうすることにより本来の目的である人間形成が行われ、体力、気力ともに向上するのではないでしょうか?
試合はどんな相手でも本気で勝つ気を持っていかないとダメです。結果が悪ければまた本気で勝てるようにがんばればいいんです。一番いけないのは自分が弱いのを棚に上げて「剣道は勝ち負けとは違うから」というわけの分からない言い訳をすることだと思います。
サクラさん、いろいろ偉そうに書きましたが学生時代ぐらいは勝利至上主義でもいいと思いますよ。そうすることで得るものもありますから。でも先輩、後輩、顧問、監督の先生、試合の相手、御両親その他ご自身の周りにいらっしゃる方々に対する礼だけは忘れないようにしてくださいね。
がんばってください。(^^/~

[ ID:2438 ] 06年05月08日(月) 15:41:02
サクラ
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
ありがとうございます^−^
すごく参考になりました!!私は受験生です
なので高校でも剣道続ける自信に繋がりまし
た^−^本当にありがとうございました!!
モアイさんは何年剣道してますか??
[ ID:2439 ] 06年05月08日(月) 15:45:10
サクラ
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
くるおさん意見ありがとうございました。
私はちょっとくるおさんの意見は好きでは無い
です。正直言って勝つっと言う気持ちは確かに
大事だと思います。ですが、ただ勝てばいい
っと言うのであれば試合でなんでもしていい
んですか?私が通ってた道場はそう言う考え
でした。
[ ID:2441 ] 06年05月08日(月) 19:10:50
くぼちん
Email
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
的外れなコメントかもしれませんが…

親がごちゃごちゃ言うのは間違ってると思いますね。

ただ、サクラさんの書き込みの文面から、後輩が「勝たねばならない理由」を正確に読み取るのはちょっと難しい。もしかしたら、本人は、「叱られないように」ということとは別に、自分が立てた目標に向かって、がんばっているのかもしれないし…

もし、ただ単に「親に叱られるから」という理由だけで、稽古や試合をしているとしたら、それはとても不幸なことだし、得られるものも少ないと私は考えます。

例えば「全国制覇!!」という大きな目標でも「中学3年間に、試合でせめて一本だけでも取りたい!!」というささやかな(?)目標でも、ひとつの目標に向かって全力で取り組むことが、人を大きく成長させるものだと思います。

みんなで話し合って、部員共通の目標を決めて、日々の稽古に取り組んでみてはいかがでしょうか?きっと、後輩の「親にプレッシャーをかけられるだけ」という病的な剣道ライフが、充実したものになると思いますよ。そして、後輩を始めとする仲間たちも、あなた自身も、今以上に大きく成長することができるし、仲間同士の絆も深まると思います。

勝ちにこだわることが良いか悪いかは別にして、親の顔色うかがいで3年費やすのは、もったいないじゃないですか。
[ ID:2443 ] 06年05月08日(月) 19:30:59
ととろん
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
サクラさんこんにちは。

私にはサクラさんと同じ中学3年生と小学生の子供がいます。
自分も剣道をはじめて1年半で、今月初段を受ける予定です。
きっかけは子供が剣道をやっていたからですが、
恥ずかしながら、子供にはずっと「どうして勝てないの??」
「気合がたりない!」などと言ってきたほうです。
それは、子供が頑張っていないと思っているわけではなく、
「勝ってほしい」「勝たせてあげたい」「あなたなら勝てるわよ」
という言葉の裏返しでもあるのです。

子供の負けが自分のことのように悔しく思えてしまって、
言っちゃいけないと思いつつ、、つい言ってしまうのが親かも
しれません。

それから、自分も剣道をやってみて、勝つことの難しさが
よーくわかりました(笑)

くるおさんは、勝つためには何でもしていいという意味で
おっしゃったのではないと思いますよ。
やはり試合というのは、勝つか負けるかだと思います。
そのなかでいろいろなことを学んでいくのですよね。
「学生時代ぐらいは勝利至上主義でもいい」とおっしゃる意味も
よくわかります。

自分の娘と重なってしまい、つい書き込みしてしまいました。
頑張ってくださいね!私も頑張ります!



[ ID:2447 ] 06年05月08日(月) 23:46:19
くるお
ホームページ
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
サクラさん、こんばんわ。
>ただ勝てばいいっと言うのであれば試合でなんでもしていいんですか?
そういうことじゃないんですよ。(^^; 少し誤解があるようですね。サクラさんの所属する剣道部がどんな雰囲気でどんな状態なのかを分からずに書き込みしたのは軽率でした。m(__)m
私が中学時代に所属していた剣道部は勝利至上主義でした。でも大会で勝つという目標に部員全員が一丸となり精一杯がんばっていました。すごくしんどい思いもしましたがすごく充実していたのを覚えています。高校時代の剣道部は新設校ということもありまた部員も少なかったということもあり(今考えると言い訳にもなりませんが)楽しく剣道が出来ればいいという雰囲気のところでした。最初のうちはそれもありかなと思い活動していましたが、試合に出ても「人数少ないし・・・」とか「剣道は勝ち負け違うし・・・」とか自分が勝つための努力を精一杯していないことを棚に上げて負けた原因をほかに求めたがる風潮があったんですよ。試合に出てもよくて2回戦という感じでした。確かに部員同士は仲も良かったし楽しかったんですよ。稽古以外は・・・その辺が卒業して20年近くたった今でも引っかかってるんです。
勝利至上主義っていうのは勝つために何をしてもいいということではないんですよ。勝つための努力を最大限行い、試合終了の笛が鳴るまで勝つことを諦めないという事です。最近、言われている竹刀軽量の不正や反則ぎりぎりの行為などはもってのほかだと思っていますよ。
私も剣道をしている子を持つ親としてまた指導者の末席にいるものとして子供たちには試合の勝ち負け以上のものを剣道から学び取って欲しいと思っている一人です。
[ ID:2452 ] 06年05月09日(火) 22:05:45
サクラ
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
くぼちんさんへ
お返事ありがとうございます。ですが・・・・
私の剣道部はAチームとBチームがあります
私の同学年の男子が部長をしています。その
子が「Aチームだけが偉くて、Bチームは下っ端」っと言うようなことをよく言ってるんで
す。だから私の剣道部は団結がまるで無いです
[ ID:2453 ] 06年05月09日(火) 22:13:12
サクラ
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
ととろんさんへ
私と同い年の娘さんがいるんですか!?じゃあ
どこかで会ってるかもしれませんね^−^
ととろんさんの言ってることがすごくうれし
かったです。剣道はやって見なければ辛い事や
苦しい所が分からないんです。剣道を@年半
もやっているのはとてもすごい事です!!
初段受かるといいですよね^−^応援してま
す。娘さんも引退まで頑張って下さい
[ ID:2454 ] 06年05月09日(火) 22:17:31
サクラ
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
くるおさんへ
そう言ってくれてたんですか・・・・・すみ
ません!くるおさんの言う通り頑張ってみた
いと思います!アドバイスありがとうございます
[ ID:2466 ] 06年05月11日(木) 23:48:36
モアイ
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
サクラさん
出張で今日帰りました。
遅くなりましたが再度登場します。
私の剣道暦はトータルで28年ですが12年ほどは交通事故等で出来ませんでした。
色々な方々にご意見を頂ける事は幸せな事と思いますよ、実は私にも高校まで剣道漬けだった娘と、現役で稽古している中学2年の息子がいます。
実は親ばかですが、私も現在少年指導に携わっております事から、見苦しい事が出来ないので実はさびしいです。

前にも言いましたが、子供が不幸になって貰いたい親はいません(しかし昨今は理解しがたい親もいますが)。

剣道に限らず武の道は先ず苦しい時悲しい時に自分をコントロール出来るか出来ないかこの所だと思います。
ですから、不動心(囚われない心、自由な心)でこれからも、苦しくても笑って過ごして下さい、いつかみんなも分かります。

ではガンバ…!
[ ID:2472 ] 06年05月12日(金) 15:34:18
サクラ
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
モアイさんへ
出張お疲れ様です
二十八年間ってすごいですね剣道本当に好き
なんですね!親の立場から見たものと子供の
立場から見たものとはまた違うことがよく分かりました。モアイさんのアドバイスはすごく
分かりやすかったです。
私は今年受験ですが・・・高校でも剣道をやっていこうと思います^−^
私が目指している高校は県外なので頑張って
行きたいです
[ ID:2499 ] 06年05月16日(火) 20:33:30
み〜
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
こんにちは!最近負けが続いている大将の親です。私は子供には勝ちにこだわるな!と言っています。でも負け続き本人もでしょうが見守り続けている親も辛い日々を送っています。
でも、この間の試合でわが子がと〜っても強い大将に引き分ければベスト8!になれるところでしたが・・・二本簡単に取られ本数差で負けてしまいました。
トイレで私は大泣きでしたが傍に補欠の子の母がついて慰めてくれました。メンバーの親も子も大将を責める事なく、我が子があの時なんとか2本取っていれば、自分が大将戦までもっていかないようにしなくてはいけなかったんだ!とか自分を責める事はあっても他を責める事がありませんでした。こんな向上心のある勝ちの気持ちだったら大事だと思いませんか???
わかりにくい話ですみません。
最後に勝たなきゃ意味がないとは思いません。
勝つ事も大事だけれど負ける事はもっと大事な何かをみつけるチャンスだと思います。
せっかく剣道をやっているのですからね!
勝つだけが大切なら他のスポーツでいいような気がします。
あくまでも私の意見ですがね!
[ ID:2506 ] 06年05月17日(水) 21:09:05
サクラ
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
みーさんへ
いろいろ辛いですよね。勝てなくて辛い気持ち
は私はよく分かります。みーさんはすごいと
思います。私の学校は親が泣きながら子供に
怒ってます。子供を叱らないみーさんは本当
にいい保護者ですね。本当に感動しました
私は親に散々「勝ちなさい」って言われてる
子を何人も見てます。私の尊敬している子も
親の圧力で剣道が変わってしまい、勝てばな
んでもいい試合をしています
これって間違ってますよね??
[ ID:2510 ] 06年05月18日(木) 08:55:58
み〜
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
サクラさんへ
私も勝てばいいという考えは間違っていると思います。
目を覆うような荒っぽい剣道、相手の竹刀を平気で折ったり、何もないのにタイムを取るなど、中学生だけの考えではおきにくい事態が多くみられますよね。とても残念です。親が子を潰す・・・本当に今は多いと思います。

私も昔は「勝ちなさい」という親に近い親でしたよ・・・。良き指導者、良き父兄、良き仲間に恵まれて色々経験して変わることができました。
自分もそうだったからこそ勝ちにこだわる大人たちに早く気づいて欲しいと思っています。師弟、親子、仲間がお互いを認め合って初めて勝利につながると今年実感しています。実際、県新人戦で優勝してしまいました・・・子供たちのおかげでいろんな体験ができ感謝しています。最後の中体連、ご褒美として勝たせてやりたいと思っていますが悔いだけは残さないようにと伝えています。

こんなおばさんになっても日々勉強です!剣道のおかげで違う角度からも人をみれるようにもなりました。サクラさんは若いのにいろいろ考えてエライ!ですね。これからも自分に自信もってがんばってくださいね!
[ ID:2511 ] 06年05月18日(木) 15:04:36
サクラ
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
みーさんへ
本当に残念です。親の圧力のせいで剣道が変わってしまうのは・・・。私はその人の事本当に
尊敬していて、いつかその人みたいな剣道を
したいと思っていたのでとても辛かったです
みーさんはその点気づいて直せてよかったで
す。私がここに書き込みした理由は少しでも
そう言う親の圧力を親が分かっていただきた
かったんです。尊敬してた人が変わってしま
ったので私はすごく残念だったんです
[ ID:2520 ] 06年05月18日(木) 22:29:40
み〜
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
サクラさんへ
この書き込みを読んで反省して自分を見つめ直している親さん方が他にもみえると思います。
サクラさん、ありがとうございました。

[ ID:2526 ] 06年05月19日(金) 23:43:35
サクラ
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
みーさんへ
私もみーさんみたいな人がいてくれて
うれしかったです
ありがとうございます
[ ID:2878 ] 06年08月13日(日) 11:58:47
とらのすけ
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
 昨今 入部時の話す内容と、いざ試合だという時に話す内容に差のある人はたくさんですよね。しかし勝負をすれば「勝ちたい」「勝たせたい」と思う事は心情だと思いますよ。しかし「負けて勉強」だと言う人もたくさんいます。私もそう思います。しかしその言葉に「逃げ」を作っては欲しくないとも思います。
 剣先での勝負を初め、いろいろなかけ引きがありますよね。そこに勝ち負けが生じるのですから、負けの側を叱るより、勝ちの側を褒める方がいいのでは?と思います。マイナスの自分をゼロの自分に上げるより、ゼロの自分をプラスの自分に上げる努力をしたいものです。
[ ID:2882 ] 06年08月16日(水) 11:05:53
へなちょこ1号
Email
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
いつも悩んでいる問題なので私も少しだけお話します。
私も以前は試合があれば「勝ちたい!勝ちたい!勝ちたい!!!」でした。

それがいつの頃からか目的が「良い面を打ちたい、お互いに納得のできる形で快心の技を決めたい!」と思うようになりました。
そうなると子供達の一部、特に器用な子に多く見かけられるのですが自分から踏み込むこともなくタイミングでちょこんと相手に当てて勝つことを覚え、いくら注意しても直らないことが気になるようになりました。

勝負にこだわりすぎて「こんな剣道でも勝てるからいいや!」ということなのでしょうが、何時か不器用にコツコツと基本に忠実な稽古をした子に打ち負かされてせっかくの剣道がいやになってしまうことをたくさん見てきているだけにもどかしい思いをしています。

若い時は試合があれば勝ちたいと思うことは当然のことですが剣道にはもっとすばらしいことがあることに気が付いて欲しいのです!

剣道本来の「打って反省、打たれて感謝」の言葉をかみしめながら稽古に励みたいと思っています。
[ ID:2965 ] 06年09月02日(土) 07:32:42
たかし
Email
Re: 剣道の勝ち負けの意味について
私は20年以上のブランクで再開3年目ですが、息子が18歳で始めて4年目で2段です。
道場で練習しているため、部とは関係なく道に励んでいます。

前置きが長くなりましたが、息子が2段取りたてまでは、試合はほとんど勝てず非常に悔しがっていました。

『一生懸命に、正しい剣道を目指して練習を続ければ必ず勝てるようになる』と教え、励ましていました。

1年ほどで、最近の試合では気合、技共に素晴らしい試合で強豪に勝っています。

勝つための剣道は勝ったら目的を果たしますね。
もっと上を目標にすれば、必ず試合にも勝てるようになります。

それが剣道にしかない素晴らしいところと信じています。

息子も理解し最近は居合いも始めました。
この教えと息子の例が剣友にも伝わり、お互いに剣道を語り合って練習に励んでいます。
新しいページ