トップページに戻る

なんでも掲示板



なんでも掲示板は新しくなりました。新しい掲示板はこちらです。 →→ なんでも掲示板2

この掲示板では、新規の書込みが出来ません。新規の書込みは、なんでも掲示板2にお願いいたします。書き込まれているトピックに対しての返信は可能です。



 
    書込み一覧  
[ ID:2630 ] 06年06月05日(月) 16:49:27
森谷
段審査。。。
私ゎ剣道大っっ好きな2の女の仔ですッッ★☆
今度夏に段審査を受けるのですが、コツとかあったら教えてさぃ!!

[ ID:2632 ] 06年06月05日(月) 19:40:58
だみ声
Email
Re: 段審査。。。
「絶対に受かってやる!!」と言う強い意志です。
今まで級審査ではどうしてきましたか? 

切り返しが上手に出来ますか? 上手な切り返しとは、「大きく」がまず大事です。 大きな切り返しをやるためには、始めはゆっくり、左拳が
見えなくなうところまで振りかぶって、中心がぶれないように左右斜め上から打ち下ろします。

今更こまごま言っても間に合いません。 大きな切り返しが出来てるかどうかと同時に、大きな声が出てますか? 森谷さんのかけ声に周りの人が振り向くような声ですよ!。
あとは前に出てしっかり打ち込むこと。 つばぜり合いは直ぐ分かれなければいけません。 その理由は審査時間はたったの1分です。審査の先生は「技」を見せて欲しいのです。

「受かる!!」「受かってやる!」「あんなにやったんだ!」
審査の先生たちは「受かって欲しい」と思ってみていますよ。
[ ID:2633 ] 06年06月05日(月) 20:02:34
見習い剣士
Re: 段審査。。。
だみ声さんのおっしゃるとおりです。慌てずにどっしりとした心構えをもって臨めば大分落ち着いて受けられます。
僕は4月に初段を受け、一次審査は受かりました(二次では落ちましたが)。
審査員の先生は「相手に勝てそうか」ではなく、「基本が出来ていて、気迫があるか」を見ています。僕は一本と呼べるような打ちは打てませんでしたが、気剣体一致を心がけ、一分で喉がつぶれるほど声を出した結果、受かったのだと思います。やはり執念といえるほどの気迫が大事です。
形は、当日のアクシデントがない限り、練習していれば大丈夫のようです。
筆記は・・・「回答を丸暗記すればOK」先輩談
今度の審査、僕も受けますが森谷さんも頑張って下さい。
[ ID:2634 ] 06年06月05日(月) 22:34:00
ママ
Re: 段審査。。。
何段を受けるのですか?
昨年2段を受けたときは、中3の子供さんと一緒に行きました。まずは、実技ですが、相手より気迫が出ていれば十分。
それから、初段であればとにかく先に打つ。そして、きれいに打つ。勝敗ではありません。形がきれいかどうかです。
2段もやはり、きれいに形ができているかどうかですが、出鼻技が少し必要になります。
3段だと、完全に出鼻技の得意技が必要ですがまだでしょう。
とにかく、実技では形がきれいなこと。気合が十分に出ていること。

形は、私は5本でしたけど、段や県によって多少違うと思います。これも、とにかく覚えてください。

学科は、先生が試験問題(過去の)を下さいます。学生のときは、それを一夜漬けでしたが、今の私には、一夜漬けは無理なので、じっくりと覚えました。

そんなもんでしょう。

チョコチョコ打ちはやめましょうね。「私は有段者になる資格がある」と威厳をもって望みましょう。
[ ID:2640 ] 06年06月07日(水) 11:37:09
へなちょこ1号
Email
Re: 段審査。。。
段位審査の実技合格基準があります(県連により違いがあるかも・・・。)

初段
 1.着装(面紐の長さ、竹刀の規格、竹刀や防具の整備なども…)

 2.作法、礼法(相手に合わせて立礼、蹲踞、抜き合せなど)

 3.姿勢、態度(きびきびとした態度、足の踏み方など)

 4.正しい中段の構え(足の踏み方、背筋を伸ばすなど)

 5.竹刀の握り方(横握りをしていないか、左拳の位置、指の締め方、剣先の向きなど)

 6.充実した気合(気合は掛声に現れます、きびきびとした発声、特に広く他組の審査と一緒になるので審査員に十分声が届くように)

 7.基本的な打突(中段からの一挙動での面などの正しい打突など)、

 8.間合い(近間、一足一刀の間、遠間などの自分の間合いを知っておくこと)

 9.姿勢と身体の運用(4の正しい構えと打突時の姿勢や足さばきなど)

 などですが言葉よりも以上のことを忘れないようにしっかり稽古しておけば合格できると思いますよ!

 また、審査時間は一相手につき約1分強程度と思います、その中で日頃の稽古の全てが出せるよう、できるだけ審査員から成果を見ていただけるよう立会いは会場の中央部を使って、構えからの攻めもなくやみくもに打突を仕掛けてかかり稽古のようにならないこと。を心がけてください。

健闘を祈ります!
新しいページ