トップページに戻る

なんでも掲示板



なんでも掲示板は新しくなりました。新しい掲示板はこちらです。 →→ なんでも掲示板2

この掲示板では、新規の書込みが出来ません。新規の書込みは、なんでも掲示板2にお願いいたします。書き込まれているトピックに対しての返信は可能です。



 
    書込み一覧  
[ ID:2866 ] 06年08月12日(土) 03:59:28
おじさん剣士
最近の子供達
剣道人口増やしたい・・・
いろんな道場でお稽古をする機会にめぐまれておりますが、各指導者の観点からきびしい道場、とにかく剣道をやっているだけ?・・・
自身の観点から他のスポーツとは違い「礼に始まり礼に終わる」武道の精神が生きていると思っております(ちょっと堅苦しい?)
自分の幼少の頃は当然両親など見学なんてありえない。
最近違いがあるものの、親が子供に防具をつけさせているのを散見いたします。
時代が変わった為なのか・・・非常に疑問に思います。
おそらく自身の防具・稽古着なども家に帰ってから親が仕度しているのではないか・・・
当然、子供のやる気をそぐのも如何・・・
自分が出稽古に行っているところなので口には出したいが口には出せず少し憤りを感じる次第です。
あくまで稽古事であり、やはり自分でやるべきではないか?
たまに厳しい言葉を発すると、元にたっていても私の列が一番少ない・・・
やさしく、ソフトに・・・
乳井義博十段は稽古では小便が赤くなる程・・・
そこまでとはいかなくとも、せめて昨今の剣道は少しやさしすぎるのではないか!
[ ID:2872 ] 06年08月12日(土) 10:32:47
Owner 剣道人口
ホームページ Email
Re: 最近の子供達
おじさん剣士さん
初めまして。書き込みありがとうございます。
剣道は、「礼に始まり礼に終わる」武道だと思います。別に堅苦しいとは思いません。ただ、子供から大人まで、理解レベルは様々だと思います。子供だから理解レベルが低く、大人だから理解レベルが高いというわけではないと思います。
剣道は「礼に始まり礼に終わる」武道だと、教える先生がいるのか?それとも本人が勉強しようとしているのか? 様々な意見があると思います。私は、少なからずとも、剣道を全く知らない人が剣道を始めた場合、最初にそれを伝えていく努力は必要だと思います。少年少女剣士の場合、そのお父さんやお母さんにも。

以前、この掲示板ではなく、mixi の剣道人口増やしたい というコミュニティに、少年剣士のお母さんの書き込みがありました。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=9083260&comm_id=264802&page=all
おじさん剣士さんの書き込みに対しての直接的な回答ではありませんが、たくさんの人のたくさんの立場を知ることができます。

もしよろしければご覧下さい。ログインIDが必要ですが。
[ ID:2873 ] 06年08月12日(土) 11:52:11
剣之介
Re: 最近の子供達
初めまして、おじさん剣士さん
私も、40代のおじさん剣士です。剣道を再開して、半年。自分も教えを乞いながら、教えるお手伝いをしているものです。私も、最初はおじさん剣士さん同様、あれ!?っと思うところもありました。先生や保護者の方と接するうちに、現在の剣道と言うスポーツ、いえ、スポーツ少年団について考えたことを書きます。
私の剣道は、町道場で培ったものでしたので上下関係、礼に関する面、また、練習も厳しかった記憶があります。今、お世話になっているのは、道場でなく、スポーツ少年団の中の剣友会です。よって、構成として、保護者の協力無くして運営できません。先生、指導者もボランテアです。練習場所も公立の小・中学校でシェアして使っています。よって、短い時間で効率よく練習するために、着衣は自宅から、帰ってから着替えというパターンです。装着については、素振り練習から、防具をつける段階で親子ともに、装着方法を教えてできるだけ自分でやらせて戴くよう指導していますが、靴紐の無い運動靴が出ている現在、なかなか蝶結びすら出来ない子もいるのが現状です。でも、言い訳はしません、言葉を荒げることが厳しさでは、ありません。現在、私の所属する剣友会は、先生、保護者、子供たちの関係がよく、礼、剣道の精神、頑張りが伝わっていると思います。
私たちが、道場で学んだ剣道の精神は生きていると思います。やり方、教え方が、師弟関係から、保護者が加わった師親弟関係になり、先生と保護者から子供たちにスポーツ精神の発信が出来ればと思います。子供は、大人の立ち振る舞いを見ています。言葉でと態度でしっかり指導すれば、多少厳しくても、保護者も子供も判ってくれますよ。保護者の方も、そこを望まれる方も居られます。練習先の指導者や保護者の方と飲みにケーションをもってみればよいかも知れません。もっと、リラックスして接してみてください。違った世界も開けます。
新しいページ