トップページに戻る

なんでも掲示板



なんでも掲示板は新しくなりました。新しい掲示板はこちらです。 →→ なんでも掲示板2

この掲示板では、新規の書込みが出来ません。新規の書込みは、なんでも掲示板2にお願いいたします。書き込まれているトピックに対しての返信は可能です。



 
    書込み一覧  
[ ID:2919 ] 06年08月20日(日) 03:40:58
未熟剣道女
高校に入ったら・・・・

  こんにちは!ここはすごく良い掲示板ですね〜。。
 いろいろな年代の人が意見やアドバイスを出し合っていて、
 なんだか感動させられました。

  他のところでも書き込ませて頂きましたが改めて書きます。
 私は中三で部活を引退しました。今は道場に通っています。
 下手なりに練習した成果あってか?なんとか剣道二段です。

  今は中三なので、高校進学について考えています。
 私の志望校は来年度から始まる新設校なので、私が無事合格
 できたら第一期生ということになります。校舎はピカピカ、
 先輩もいなければ、部活はまだナシ!なんか良いです♪
  私は是非、自分の手で剣道部をつくりたい! 
 主将になりたい!高校に入ったら一番やりたいことです。
  話が先走ってるかな、と自分で思います。でも具体的な見通 しが立っているのは悪くないかなっ!?と考えとります。
 
 私が「人の上に立つ人」に憧れるのは、尊敬する先輩方が
 そうであったこと。そしてその先輩方が威厳をもって、
 しかも親しみやすく剣道を学ばせて下さったことが印象に
 残っているからです。その当時も今も素直に思うことは、
   あぁ、あんな風に凛とした素晴らしい剣道をする人に
 なりたいなぁ。。ということです。
  そこで皆様に質問です。
 自分らしい剣道をするステキな主将とはどんなでしょうか?
 もし、自分の上に人が立つならどんな人を魅力に思いますか?
 自分が主将になるならば、どんなことを心がけますか?

 私は考えても難しいです。理想の通りに行動するのは難しいですが、少しでも精神的に向上できたらと思っています。
 いきなり長文でしかも文章表現が下手で失礼します。思ったことを、意見として書いて下さったら嬉しいです。

 

 
 
 
 
[ ID:2920 ] 06年08月20日(日) 10:03:52
とらのすけ
Re: 高校に入ったら・・・・
 おはようございます。
 以前、テレビを見ていた時に「プロ選手時代の長島茂男さんは『お立ち台でどんな風にインタビューを答えようかな?』と考えながらプレーをしていた。」という話しが出ていました。私もカッコつけるカッコイイではなく、一生懸命なカッコイイを子供達に見せてあげたくて頑張っています。そうすれば剣道のカッコ良さを少しは理解してくれて、少しでも剣道を続けてくれる子供達が増えれば、私のヤリガイにもつながってくれると思います。そしてもう一つは子供達の保護者にもそれを理解してもらえると嬉しいと思います。

 剣道は【痛い・臭い・厳しい】という言葉が多分に使われますが、剣道をしない人・剣道を知らない人には理解できない魅力・カッコ良さもあるのでは?と思います。指導者として「これからも勉強できれば」と思います。そして少しでも多くの人達に伝えていきたいと思っています。

 そして学生時代に私は副主将をしていました。しかし主将は病気がちだったので、見学する時が多かった関係で、ある意味両方を兼務していた感じでした。その時に思ったのは、「仲間たちより頑張ろう。自分に厳しく・他人に優しくだな。」でした。(指導者にもそう教えられました) 辛い時・厳しい時に後ろへ下がって、楽をするのでは誰も信じてくれない。そういう時ほど皆を励ましながら、前へ前への気持ちだと思います。

 最後にこちらも長文になり、申し訳ありませんでした。しかし私の書いた気持ちはたくさんの方が心にあるのでは?と思います。未熟剣道女さんも一人でも多く「楽(らく)」ではなく、「楽しい(楽しい)」の笑顔を増やして下さい。
[ ID:2921 ] 06年08月20日(日) 13:27:58
ママ
Re: 高校に入ったら・・・・
私の遠い昔、高校は新設でした。もちろん、私は初代ではありませんが。
新設当初、「部活を作ろう」と生徒のために先生方は必死で考えていたそうです。「少ない予算で」が、絶対です。
そこで、第一番目は「剣道部」だそうです。
なぜかと言うと、防具は生徒が持ってくるとして、予算が一番かからないからだそうです。
道場は当然ないので、教室の一番天井が高いところで、稽古していたそうです。場合によっては、運動場。
そのうち、体育館ができ、道場ができたそうです。それでも先輩方は、県大会を勝ち進んでいたようです。

私は、全ての環境が整ったころ入部してきました。志は、恥ずかしながらあなたと一緒。
しかも、未経験。自分でも馬鹿なことを考えて入部したもんだと思います。主将となりましたが。

でも、3年間必死でした。「自分に厳しく、他人に優しく」はもちろん、人がついてきてくれるにはどうしたら良いか。
表彰台に立つにはどうしたらよいか。
みんな強くなるにはどうしたらよいか?
などなど、いつも色々考え、実行していました。

3年間は、少なくとも私にとっては大事な経験でした。なぜかと言うと、あんな志を立てたことが、「きっと、やれば何とかなる」と言う自信になったのです。

もっとも、今は剣道経験少ない私ですから、20数年さぼればなおさら遅れをとっていますけど。

志を立てたなら、その目標をしっかりと実行してください。もちろん、あなたなら達成できるはずですよ。

[ ID:2926 ] 06年08月20日(日) 22:28:49
未熟剣道女
Re: 高校に入ったら・・・・

とらのすけさん>今晩は
貴重なご意見、本当にありがとうございます!読んでいてさすがに考え方がしっかりしていて、しかもわかりやすい!!と感動しました。
 カッコつける剣道・・・。読んでいて正直少し心にくるようでした。恥ずかしながら、私はそんなところがあると思います。「一生懸命のかっこよさ」。私の憧れる剣道の先輩方はこれがあるからこそ、あんなに輝いていたのだろうなぁ。。。
 非常に日頃の自分を反省するきっかけとなりました。
 剣道=「痛い・臭い・厳しい」と考えている人。私は身近にそんな人がたくさんいました。私は心が未熟で、クラスメイトにそう言われた時ものすご〜くムカついてしまいました。とらのすけさんの言うとおり、剣道知らない人には理解できない魅力・カッコよさがあると思います。本当にとらのすけさんの表現は的確で目から鱗状態です!自分に言えないことをいってもらえた気分です。
 「自分に厳しく・他人に優しく」剣道にかぎらず人間性に必要ですよね。私に置き換えると・・・「自分に言い訳・他人に激しく」う〜ん・・・。やっぱり精神的にまだ全然自分に甘すぎです。「前へ前への気持ち」よく先生に言って頂くお言葉です。意地っ張り・強情の私がはじめて聞き入れた言葉かもしれません。
 楽しい剣道での笑顔。こんな体験をたくさんの人がしてくれたら、嬉しいだろうなぁ。。剣道してて良かったと思う一瞬です。
 
 良いお言葉をたくさん、ありがとうございます!!
わかりやすく、的を射ている表現で心にズバッときました。
 これからもこの未熟者に教えてやろう!と思ったことをズバズバ書いて下さったら、嬉しいです。
[ ID:2927 ] 06年08月21日(月) 01:49:19
とらのすけ
Re: 高校に入ったら・・・・
 こんばんは。
なんと言うか、こちらの方が恥ずかしくなってしまいました。
 自分では(一生懸命に)気持ちを伝えたいと思い、文章にしました。それをすごく受止めて頂いたという嬉しさがあり、過大評価じゃない?と思えるくらいの気持ちで感謝しています。

 いろいろな方の投稿やそのアドバイスを拝見していて、私と「同じ意見だ」と確認・再確認したり、「そんな悩みや・意見があるのか」と勉強しています。一緒に勉強できればいいですね。

 頑張って下さい。
[ ID:2930 ] 06年08月22日(火) 23:09:20
未熟剣道女
Re: 高校に入ったら・・・・

 コメントを下さったママ様へ>
 長い間お返事を返さず失礼しました。ママさんは剣道部主将だったのですね。かっこいいです、女主将って。。
 「志が一緒だった」と聞いて思わず嬉しくなりました。未経験で主将になった、となれば相当努力をしてらしたということが伺えます。
 人がついてきてくらるにはどうしたら良いか。 
 表彰台に立つにはどうしたらよいか。
 みんな強くなるにはどうしたらよいか。
言葉で聴く限りでも、このことをいつも色々考え実行することはものすごく大変なことだろうなぁ。考えるだけでなくそれを実行に移すということは、今の私は厳しいことだろう。私は言葉からなんとな〜く自分に置き換えて想像してみました。
 ママさんの言葉はなにか強いものがあるので、やはり心にズバッときました。
 もしできたら是非、ママさんが実行してきたことを教えて頂きたいです。
 私でも、ママさんの様に志を立て、それを自信につなげるかどうか、高校三年間で試してみようと思います。目標の高校に入れなくても、主将になれなくても、それを自分がどう自信につなげられるか。・・・う〜ん、怖くなってきたかも・・・・・。
 「志を立てたなら、その目標をしっかり実行して下さい。」私にとって今一番重要かつ、未熟過ぎるところです。現に私は今日目標を立てていいたのに、それをやり遂げず、駄目にしました。
 
 もし良かったら、また色々教えて頂けたら、嬉しいです。今回はどうもありがとうございました。
 
新しいページ