トップページに戻る

なんでも掲示板



なんでも掲示板は新しくなりました。新しい掲示板はこちらです。 →→ なんでも掲示板2

この掲示板では、新規の書込みが出来ません。新規の書込みは、なんでも掲示板2にお願いいたします。書き込まれているトピックに対しての返信は可能です。



 
    書込み一覧  
[ ID:3045 ] 06年09月27日(水) 14:18:23
ほわいと
Email
はじめまして
初めまして、私は剣道が大好きです。とはいっても自分がやっているわけではなく息子なのですが・・・。剣道に関って10年、自慢じゃないけどあまり詳しくはわかりません。でも試合を見るのは大好き(息子がでていなくても)剣道に関する物を集めるのも好きです。そんな私の息子ですが、いまいち欲がありません。もうちょっと頑張れば、表彰台も夢ではないのに・・・。意地がないというか、目標がないのか・・・。親としてはもうちょっと頑張ってもらいたい。やる気を出させたいです!!何かいい方法はないでしょうか?ちなみに息子は剣道は嫌いではないと思います。
[ ID:3048 ] 06年09月28日(木) 01:17:22
とらのすけ
Re: はじめまして
こんばんは。
私も指導していて『欲が無い』と言うか、『自信が無い』『もう一歩の勇気が出ない』などの理由で、表彰状を逃してしまった子供達を見ました。
最近の子供達の多くに「もう一歩を進まず、小手先の技で捌く」と言うか、「逃げる」という剣道を多く見ます。と言うか、自信が無い為に、ゴマカシ剣道をしてしまっているという感じですね。
指導している先生も『とりあえず頑張っているから』と見逃してしまっているパターンです。
ですからその様な時に私は『強い相手をイメージするよりも、相手の強さを認めて、その相手の一瞬の隙を打ち込む自分をイメージしなさい。』とアドバイスしています。
どんなに好きな剣道であっても、【強い】というイメージの相手に打ち込んでいくのは、やはり勇気が必要です。
しかし【強い】というイメージの無い相手に打込んで行く事は不可能ではない。(知らぬが仏という言葉もあります)
ですからほんの少しの勇気のレベルアップと今までに無い新しい自分作りを並行して頑張ってはいかがでしょうか?
実際にあなたの息子さんの剣道を見たのではないので、
今のアドバイスが適正であるかどうかは分かりませんが、
あなたの息子さんの目に勝負の目になると良いですね。
もし今もなっているなら、更になってほしいですね。

頑張って下さい。
[ ID:3052 ] 06年09月28日(木) 16:23:45
ほめる
Re: はじめまして
 子供さんが幾つか分かりませんが、剣道を嫌いではない見たいようですが・・もう少しがんばって欲しいのでしたら・・やはり好きにさせること・・が一番じゃないでしょうか。
 じゃあどうしたら好きにさせるかですが、少年剣道の場合はとにかくほめる。悪いところもあるでしょうが。いっぱいよところもあるはずです。悪いことを見つけ叱ることは正直誰でもできるし簡単なことです。でもいいところを見つけてやりほめることで子供は喜び又ほめてもらいたいから頑張る。こうやってたら自然に悪いところも補っていくんじゃないでしょうか。
 例えはおかしいですが、犬の調教位にうまくいけば(剣道で頑張る)ちょっとのえさ(ほめる)を与えることで、自然と頑張っていくことが癖みたいになるようです。
 私の子供は5年生まで剣道が好きでなくあまり練習とか好きではありませんでした、でも私のほめ調教作戦で・・今では剣道が生活の中心みたいです
ちなみに今中2です・・勉強しなかったら剣道するな・・といえば勉強します。
 好きさえなれば・・後は自分から努力します
でもほめる時は周りに気をつけてください、一歩間違えば只の親馬鹿って言われます。難しいけど親もそんなとこで努力が必要かも
 
[ ID:3056 ] 06年09月28日(木) 23:40:08
剣之介
Re: はじめまして
はじめまして。
初っ端から、厳しいことを言わせて戴きます。ほわいとさんも判っていると思いますが、息子さんは剣道は嫌いでは無いと書かれておられるように、好きでも無いと思われます。私も子供たちを指導している立場なので、勝ちへの執着心があれば、上手になるのに思う子も沢山おられます。親として、苛立たしさもあると思います。実を言うと私もその親の一人でした。剣道を再開して、実際に指導する立場に立って、子供たちに接して見ると、今日勝った子が明日負けるのです。ですから、剣道は勝ち負けではなく精神を鍛えるのですなどと指導します。
でも、勝ってほしいです。やっぱり、伸びる子は負けず嫌いで、家で素振りをきちんとしている子です。お子さんにやる気を出させるには、親もやる気を出さないといけないようです。剣道を始めてはとは申しませんが、お子さんの予備の竹刀を持って、お子さんに教わりながら、庭や公園で一緒に素振りをしてみては如何ですか?一緒に汗をかいて、自販機のスポーツドリンクでも飲みながら、ほわいとさんの剣道の熱い思いなど話し合われて見るとお子さんの気持ちや親の気持ちが伝わるかも知れません。ただ、気をつけていただきたいのは、自分の気持ちを押し付けないようにしてください。
[ ID:3057 ] 06年09月29日(金) 00:25:47
ほわいと
ありがとうございます
暖かい参考になるお言葉をいただき感謝してます。ありがとうございます。息子は中1です。小学校3年生で初めて試合に出た頃は一本もとれない日々が続きました。「負けてもいいから一本は必ずとろう」から始まり、次は「一勝しよう」「二回戦まで進もう」と頑張ってきました。ここ最近はベスト8まですすめるようになってきましたが、その上がなかなかいけません。試合相手とは大差はありません。いつも気持ちで負けているように私には見えます。「絶対勝ちたい!!」という強い気持ちで望めるように
もっていかないといけないですね。今、素振りを毎日しています。私も一緒にやってみますね。
[ ID:3072 ] 06年10月01日(日) 14:46:25
ママ
Re: はじめまして
久しぶりに掲示板を覗いて、カキコさせていただいています。

ほわいとさんの息子さんと同じく、私の息子もそうですよ〜

勝てば、稽古を適当にやり次は負ける。小学三年生の子供に苛々しながらも、怒り続けてもだめなので、「好き」になってもらうことが一番。

勝ち負けより、時々「今日の稽古凄かった?」と聞いてくると「う〜ん、あれは凄いね、あの調子で頑張ったら、強くなるんじゃない?」なんて言うと、次回の稽古も続けてやっている。

ちょっとは成長したか?と思えば、また稽古に熱が入らない。そうこうしながら、子供は成長するんでしょうね。

ちなみに、試合の時なんかゲームのソフトを賭けたりしてますよ。「頑張ろう」の励みになるように。私は、勝つとお金がかかるので嫌なんですけどね。(笑)

「ママが喜ぶ顔が一番嬉しい」と言うのも、この年頃の子供なんでしょう。いずれ、思春期には入るので、この作戦も続かないと思われますが、男の子はママを第一の女性として考えると言われます。子育てしながら、本当に笑ってしまいますよ。
新しいページ