トップページに戻る

なんでも掲示板



なんでも掲示板は新しくなりました。新しい掲示板はこちらです。 →→ なんでも掲示板2

この掲示板では、新規の書込みが出来ません。新規の書込みは、なんでも掲示板2にお願いいたします。書き込まれているトピックに対しての返信は可能です。



 
    書込み一覧  
[ ID:3084 ] 06年10月05日(木) 22:27:52
Rinco
審判
はじめまして^^
剣道を始めて約1年のRincoです。
高校から始めて今高2なんですが、部内戦などをするときの審判の仕方がよくわかりません・・・。
「仕方がわからない」というより「一本がわからない」んです。

昨日も部内戦をしたときに主審をしたんですが、
副審も私と同じ状態で2人とも審判がほとんどまともに出来ず、試合を長引かせてしまいました。
先生が「審判がもっとしっかりせんと。今の試合も早くに決着ついていたよ。」
とおっしゃって自分の不甲斐なさに少しへこんでいます。。

自分が戦っているときは「今決まった」とかわかるんですが、
人の試合はなかなかわかりません><;

どういう時に旗を揚げていいんですか?;_;
[ ID:3087 ] 06年10月06日(金) 01:44:08
とらのすけ
Re: 審判
こんばんは。

以前知り合いの道場に出かけた時、その道場の高校生と『一本勝負をしよう。』という事になり、その道場の先生に審判をお願いしました。
その時にお互いに技が決まらず、膠着状態になっていました。
すると『面あり!』という声が聞こえたので、審判を見ると相手側の旗が上がっていたのです。

試合が終わり相手の高校生が『すいませんでした。』と言ってきました。
が、それを見ていた審判の先生が『なぜ謝る?。』と声を掛けてきて、高校生が『僕が負けていたからです。』と答えました。

実際は高校生の面に対し、私の出小手が決まっていたのです。

私がなぜ抗議しなかったのかというと、その先生がその先生なりに頑張って審判をして下さったからです。

しかし私も間違いの判定をしてしまうかもしれない。
・・・人間の目ですから。

それよりも経験を積む事。
自分を考えるのではなくて、選手(両方の)の立場で審判をする事です。
[ ID:3088 ] 06年10月06日(金) 07:33:34
しま
Email
Re: 審判
私も四段になってから審判をするようになり、例え小学生の試合であってもドキドキです。所作は出来ますが、やはり問題は有効打突を見極めること。相面なんか審判の位置にもよって違うときもある。先生方は慣れだよと言うけど、試合をする選手のためにも、間違えのない審判をしたいと思います。普段の稽古で試合をする時は進んで審判して、慣れるといいと思います。わからないからと尻込みしないでやりましょう!
[ ID:3089 ] 06年10月06日(金) 08:18:34
失敗
Re: 審判
審判は本当慣れの部分が多いと思います
だから 例えば自分が審判をしていない時に審判してる気持ちで見ていたら、少しずつ目が慣れてきますよ。
 それと、部内戦では試合をしてる人も練習ですが、審判してる人も練習。どんどんミスジャッジしていいと思います。いっぱい失敗していいと思います。
 
 ひとつアドバイス・・ベテランのすごい審判の先生方が審判をされるときは 3本の旗が同時に揚がります。見ていて気持ちいいくらい
でも、そこの域に行くまではまだ先のこと。私の師(7段)の先生いわく・・当たった瞬間すぐに揚げないといけないとか思っていたら ミスジャッジになることある。一呼吸おいて旗を揚げていいよってことでした。
 例えば3人審判で後の2人が揚げられたあと、自分の中で今のは有効と判断し揚げるくらい。
”あたった・・ん・・有効””あたった・・ん・有効でない”初めの頃はそれくらい本のちょっとの時間ですが、その余裕があった方がいいと思います
 とにかくまだ・・失敗の数が少ない・・
 がんばって”失敗”してください
[ ID:3091 ] 06年10月06日(金) 11:49:59
ママ
Re: 審判
高校生の部内戦の場合、先生が審判をさせるのはあなた達に「まともな審判をしなさい」と言っているのではないと思います。

他人の試合を見せながら、相面の時や出鼻技を真剣に見せるためではないでしょうか?
必死になって見るでしょう?他人の試合。
そうして、目を養っているのです。

早い技が見えると言うことは、自分の技を鍛えています。昇段審査用の気剣体の一致です。


 気剣体一致とは気合、体捌き、竹刀の動きの三つが常に一緒になって打突しなければならないのであって、一つでも欠けると有効打突にはならない。

気とは意志や心の働きを言い、充実した気勢や大きな声を出し気持ちを集中させての決断力を言う。
剣とは刃筋の通った正しい竹刀操作、竹刀の働く作用を指す。
体とは正しい体さばき、体勢のことで正しく踏み込んで打つことを指す。
 相手を打とうと思ってその場で気合いを入れて確実に打ったとしても、踏み込むときの体の体勢が悪ければ有効打突とはならない。また、気合いを掛けて踏み込んで打っても竹刀の働きが悪ければ有効打突にはならない。打つ気がなかったが竹刀を振ったら当たったという場合でも気の働きが欠けているので有効打突にはならない。従って、打突するときには常に気剣体の三つが同時に作用するように心がけなければいけない。


これが揃っていなければ、一本とは言えません。
高校生のとき、私もしましたよ(^0^)b
真剣に見て、勉強させていただきましたよ。

ちなみに、うちの剣道教室のお母さん達も、わが子の試合見えてないようです。私の夫も、息子と全日本なんて見ていたら、チンプンカンプン。
私の母も、当時まるっきり見えないそうです。


[ ID:3094 ] 06年10月07日(土) 22:36:31
Rinco
Re: 審判
みなさん、とても丁寧に返信してくださってありがとうございます!

やっぱり「慣れ」が一番なんですかね。。
今度からは自分が審判してないときも審判してる気持ちで見たいと思います!
[ ID:3099 ] 06年10月08日(日) 09:56:27
とらのすけ
Re: 審判
おはようございます。

自分が稽古をする時、基本であっても互角稽古であっても、
審判をする第三者の自分が『どのように見えるのか?』
という意識も加えて稽古をすると良いと思います。

私が先生に質問をした時、『良い形で一本が決まった打ちは、その瞬間に一瞬だけ止まって見えるものだよ。』と教えて下さいました。

逆に稽古する自分の中に第三者的に審判をする自分がいれば
より『一本を知る打ち』が出来ることにつながると思います。

頑張って下さい。
[ ID:3101 ] 06年10月09日(月) 15:44:43
Rinco
Re: 審判
とらのすけサン

返信ありがとうございます!
『第三者的に審判をする自分』ですか!>_<
自分自身を客観的にみるということでしょうか!
明日からの稽古でぜひ意識してやってみたいと思います。


[ ID:3102 ] 06年10月09日(月) 23:12:30
とらのすけ
Re: 審判
こんばんは。
Rincoさんが第三者的な目で稽古をする事に意識が出来れば、
審判の目のみではなく、自分の技を見極める力にもなります。
そうすれば自分の打突を綺麗で正しい技へと進化させる事が可能だと思います。
但し私の伝えたい稽古と言うのは、互角稽古のみならず、基本稽古も含んでいます。
基本で一本と判定になる打突をしなければ互角稽古では一本にはならない。
互角稽古で一本になる打突であれば、試合でも一本になる。
とつながってくるのではないでしょうか?
それは段級審査にもつながるでしょう。

頑張って下さい。
[ ID:3108 ] 06年10月10日(火) 22:11:16
ママ
Re: 審判
自分が試合をする時も、一本取られても取っても、「凛」とした姿をするべきでしょう。

堂々とした風格、それだけで審判はどちらに旗を揚げたくなりますか?

別のスポーツでしたが、強いチームと試合をする時、先生がおっしゃってました。「審判の思い込みも一つの試合の勝敗を決める要因だ」と。

審判もそうです。たとえ、3人のうちの1人が違った判定をしても、それはそれで堂々とするべきです。その人が出した判定ですから。
間違えたら、はっきりと言えば良いのです。

人の意見に流されず、自分の目でしっかり試合を見てくださいね。
[ ID:3116 ] 06年10月12日(木) 21:15:03
Rinco
Re: 審判
とらのすけさん
返信ありがとうございます。
自分の業を見極める力、ですか!
先生も基本稽古で出来ないことは試合でも出来ない、とおっしゃってます。
当たり前かもしれませんが、稽古と試合は繋がっているんですね。

返信ありがとうございました^^
[ ID:3117 ] 06年10月12日(木) 21:23:10
Rinco
Re: 審判
ママさん
堂々とした風格、凛とした態度、技を磨くこと以外にそういうものも大切なんですね!
確かに堂々と決めた人には迷わず旗が上がりますね。
審判にも自信を持ちます。

そういう風に自信を持てるように日々の稽古を頑張りたいと思います。

返信ありがとうございました^^
[ ID:3143 ] 06年10月22日(日) 12:34:19
2児のパパ
Re: 審判
私は、現在五段なので大会などで審判をやりますが、私が旗を上げる時は、確かに気剣体の一致した一本なら問題がありませんが、お互い人間だから動きます。はっきり言って、そんな一本は、よほどの事がないかぎり試合などでは、ありえません。
では、私は、どこで一本を判断しるかというと、技の内容やどのような場面で打っているかなど、自分が試合をしている時、ここで打たれたら、多少軽かったり浅かったりしても、参った。という場面では、旗を上げてます。
審判を行う時に私が、教えるときは、人がやるのだから間違えても良い。その為に3人いるんだ。ただ、自信を持って堂々と上げなさい。と教えています。
審判が自信無さそうだと選手にも影響してきます。頑張って下さい。
長々と書きましたが参考にしてくれれば、幸いです。
新しいページ