トップページに戻る

なんでも掲示板



なんでも掲示板は新しくなりました。新しい掲示板はこちらです。 →→ なんでも掲示板2

この掲示板では、新規の書込みが出来ません。新規の書込みは、なんでも掲示板2にお願いいたします。書き込まれているトピックに対しての返信は可能です。



 
    書込み一覧  
[ ID:3118 ] 06年10月14日(土) 22:23:22
親馬鹿
親馬鹿の独り言
親って本当に子供の事になると、本当に馬鹿になりますね。
子供が剣道をはじめて、いろいろな面で感謝しています。
すばらしい方々との出会いや、体験はおやも子供にとってもすばらしい財産になる事でしょう。だからこそ、独り言をいわせてください。

指導をしてくださる方も、親です。
でも、私達は「先生」としてみています。
けれどもやっぱり。自分の子供に入れ込んでしまうのですね。
そして、強い子にやっぱり「目」が行ってしまうのですね。

指導者の先生方、決して強くはないけれど「剣道が好き」で
教室に通っている子供が沢山居ます。
そんな子供こそ、見てほしい!
認めて声をかけてください。

たとえ、敢闘賞でも忘れないでください。
初めての入賞だったんです。
誰にも声をかけてもらえず、一人で帰ってきました。HPにも載せてもらえず
がっかりしている子供の姿は
親として、つらいです。



[ ID:3119 ] 06年10月15日(日) 08:06:41
しま
Email
Re: 親馬鹿の独り言
剣道教室で指導員をしてます。私の場合、子供のいい所、たとえば試合の時に真っすぐな面で一本取れたとか、着装がきちんとしているとか、大きな声が出せるとか、そういう所を人前で誉めることにしています。子供の励みにもなるだろうし、周りの子が、あぁ自分もガンバロウと思ってくれると思うから。真面目に一生懸命努力する子には特別な思い入れがあります。指導員を始めた頃に、ベテランの先生に、一つでもいい所を誉めて教えてください、と言われたのを忘れないようにしてます。自分の子供には厳しいけどね・・・親馬鹿さんちのお子さんも、めげずに頑張ってほしいです。
[ ID:3120 ] 06年10月15日(日) 23:45:02
とらのすけ
Re: 親馬鹿の独り言
こんばんは。

私が剣道を続ける中で『悔しい』思いをした経験が何度かあります。
その中の一つの試合の中で、
高校生の時、県大会ベスト4を争っての試合で、
対戦相手は国体選手であり、国体選手のキャプテンをしていました。
結果的に一本負けをしたのですが、その一本は明らかに決まっていない一本だったのです。
しかし『国体選手だ』という事で、(たぶん)名前で負けてしまったのだと思っています。
(応援をしてくれていたチームメイトとの話しも含んでなのですが)

そのような自分の経験を踏まえて、私は名前に関係なく子供の指導を心掛けています。
強いからOK!OK!ではなく、頑張るからOK!OK!と考えています。
それに最初から強い選手・上手な選手はいません。
そうなる為の努力をいる子供達は輝いて見えます。
私はそのような子供達をたくさん見たい。
そんな気持ちで指導をしています。(結局全員になってほしくて)
[ ID:3121 ] 06年10月16日(月) 09:50:02
ひろ○○にぃ〜さん
Email
Re: 親馬鹿の独り言
こんにちは〜
私は今年の4月からの新米指導員です。
剣道の良さを子供たちに伝えたくて町道場へ通っています。私も今までの先生方の指導を見て疑問に思うことがあります。最近その思いが膨らんできました・・・

先ず保護者の方々の思いを汲み取ってあげていないのが現状だと思います。保護者の方々もボランティアで行っている先生方に遠慮してます。それではあまりにも子供がかわいそうで・・・そろそろ革命を起そうと思ってますw

それに貴方の言い分は決して親バカではないと思います。親なら当然のことですしそれは指導者の怠慢だと思います。指導者たる者日頃の私生活や職場や指導で隙を見せてはいけないと思います。
そう言いつつ、自分自身を振り返っています。
今後、お子さんの「賞」が増えることを期待してますよ(o^∇^o)ノ
[ ID:3122 ] 06年10月16日(月) 12:43:19
しま
Email
Re: 親馬鹿の独り言
うちの教室では、保護者会みたいのがあって、毎月お便り・今月の稽古日程、先生の剣道俳句などをいただきます。誰が進級審査で何級になったとか、試合の成績とか、毎月の目標なんかも載ってます。大きな声で挨拶をしよう!家に帰ったら竹刀を点検しよう!といった感じです。毎回保護者の方が当番で稽古の記録を付けていて、稽古内容、出席者、先生のお話などを記録して、目標などを決めてくれます。親馬鹿さんちの道場に、もしそういうのがなければお薦めします。
[ ID:3126 ] 06年10月18日(水) 19:39:22
ばか
Re: 親馬鹿の独り言
自分で自分を親馬鹿と・・親馬鹿って・・

強い子に目が行ってるのは誰でしょうか?
敢闘賞がだから忘れられてると考えてるのは誰でしょうか?
初めての入賞で誰にも声をかけてもらえなかたのでしょうか?・・・親にも・・?・・もしそうならかわいそう・・

あなたは先生に自分の子供を褒めてもらいたい、HPにのせてもらいたいって言ってますが、きつい言い方ですが”先生に褒められてる我が子を”自分”が見たい””HPに我が子が載ってるのを”自分”が見たい・・・・申し訳ないですけどそんなとこがどっかにあるのでは。

初めて入賞して帰ってきた子供を褒められたと思いますが、”先生が声も掛けてくれなかった”とか”HPに載せてもくれない”とか子供の前で言ってないですか・・・・・たぶん子供はせっかく入賞したのに親が怒ってることが・もっとつらいと思います。・・・”親としてつらい”ってありましたけど・・そんな親見てる子供はもっとつらいのではないでしょうか。
 入賞しても先生に褒めてもらえなくても親がいっぱい愛情こめてほめてくれたら・・それが一番子供は嬉しいと思いますよ・・





[ ID:3130 ] 06年10月19日(木) 19:38:16
ママ
Re: 親馬鹿の独り言
私も指導員というほどではありませんが、子供たちを見ています。

ここにいらっしゃる先生方の中では一番下ではないかと思います。ただ、剣道をしたい子供たち、そして先生方の縁の下の力持ちであればそれでいいのです。

先生方をかばうわけではありませんが、先生も人間だと思います。親馬鹿さんの子供さんを忘れたわけではないと思いますが、声をかけ損なったのでしょう。

私も、なるべく気がついたら声をかけるようにしています。でも、人間ですから全部一様に・・・と言うことも正直できないこともあります。

心使いをするよう、心がけていますが、そういうこともあるんです。

私が、自分の息子だったら・・・たぶん親として「よく頑張った」と先生より先に褒めると思いますよ。そして、先生にお礼を子供とともに言いに行く。だって、子供に教えていただいた先生ですから。「ありがとうございます」と。

そうやって、先生からの声を子供に聞かせることにより「次もがんばろう」と子供が思えるような環境を作ってあげる、それも親の仕事かと・・・

親馬鹿さん、私の勘違いで書いてしまったらごめんなさいね。
[ ID:3132 ] 06年10月20日(金) 00:14:51
親馬鹿
Re: 親馬鹿の独り言
皆様の貴重なご意見、ありがとうございます。

親馬鹿だからこそ、子供の頑張った姿を見てもらいたい。
そこに至るまでの、子供の努力を見てきたからこそ
みんなに、認めてもらいたい。

そんな思いは、間違いでしょうか?

子供だって、親に褒めてもらうよりも、誰よりも「先生」に
「がんばったね!」の一声がどんなにうれしいか
「今日の稽古の◯◯、よかったなあ、うまくなったなあ」
そんな声をかけられた、子供の顔がどんなに輝くか
気付いた事ありますか。



[ ID:3133 ] 06年10月20日(金) 07:52:46
しま
Email
Re: 親馬鹿の独り言
そうです。子供って先生、特に段位が上の人に誉められるの、すごく励みになるんです。子供も学年が上がってくると、親が誉めても、どうせ煽ててるんだろうとか言うんです。その点、先生に一言でも誉められると俄然やる気を起こすのがうちの子供らでした。だから指導員は経験の長さに関係なく子供たちをよく見てあげないといけないと思います。親は親馬鹿で当たり前です!私だって自分の息子は自慢の息子です!子供が誉められたら私も嬉しいし、ましてや誉められて喜ぶ子の姿を見て誰より私が一番幸せ!そんな親の喜ぶ顔を見て、更に子供もうれしくなってまた頑張る!前進するってそんなもんじゃないですか?子供が成長するには誰かの手がいるんです。親はもちろん、周りの大人だってそうなんです。みんなで子供を良い方向に引っ張ってってあげないとと思います。なんか興奮しちゃいましたね、スミマセン!
[ ID:3134 ] 06年10月20日(金) 09:45:02
ママ
Re: 親馬鹿の独り言
きっと、先生も声をかけ忘れたのでしょう。
でも、声をかけて欲しいですよね。

親ですから。

私も、親馬鹿さんのおっしゃるように自分のこととして、教えていくときに気をつけるようにしますね。
[ ID:3135 ] 06年10月20日(金) 12:06:42
ばか
Re: 親馬鹿の独り言
”子供だって、親に褒めてもらうよりも、誰よりも「先生」に
「がんばったね!」の一声がどんなにうれしいか”

本気でそんなこと言ってるんでしょうか
剣道以前の話じゃないでしょうか・・親に褒められるより先生に・・先生なんか剣道のときだけですよ、卒業したらまた違う先生になります。あなたと過ごす時間が長いはずそして、これからもずーと一緒のはず・・・”褒めてますか?””叱ってますか?”・・先生批判する前に親のすることまだいっぱいあると思います。
 
 敢闘賞を子供さんが取られたとき、他の子供さん(例えばもっとよい成績の子)に「おめでとう」ってあなたは言えましたか。
調子が悪かった敢闘賞ももらえなかった落ち込んでる”よその子”に「おしかったね、でも頑張ったらきっと強くなるよ」とか
・・・一言よその子に声掛けましたか・・先生だけでなく父兄でも言っていいことです。
 ちょっと気分悪くいされるかもしれませんが、自分の子供が言ってもらえないって言ってますが、自分も他の子に言ってますか?
・・・・ママさんの言われるように先生に「敢闘賞もらいましたありがとうございました」って子供さんは先生に言われたのでしょうか・・・「ありがとうございました」って言いに
行ったら先生は「おめでとう」って言ってくれるんじゃないかな。「ありがとうございます」って言いに行かせるのが”親”の仕事じゃないでしょうか。・・親も一緒に「ありがとうございました」って子供の前で手本を見せないといけないと思います。
 敢闘賞をもらったのはお子さんも努力したけど・・先生の指導もあったのでは・・
 先生が褒めてくれなかったら、こっちが先にお礼を言えば・・次は先生の方が先に褒めてくれますよ・・。

 少年剣道の世界で”子供の稽古は親の稽古”って言葉があります。子供と一緒に親も成長していかないといけないと思います。

 あかの他人にいろいろ言われ途中気分悪くされたかも分かりませんが・・お子さんがが剣道をされたから自分が気づくことがあるような気がします。
 私も以前はあなたのような考えもありましたが、子供が剣道をしてくれたおかげで・・自分自身の行動を反省できました・・
だからあえて厳しい言葉を使いました。


 批判するのは簡単です・・でも感謝してそれを言葉で言うのは勇気が要ります。どうせ親馬鹿なら・・・内心それほど感謝するような先生でなくても・・子供の前で「ありがとうございました」て言える馬鹿の真似できる親馬鹿のほうが・・・。

[ ID:3136 ] 06年10月20日(金) 15:49:25
子連れ剣士
Re: 親馬鹿の独り言
いつも、サイトを楽しく拝見させて頂いております。

私如きの体験談で恐縮ですが、私も小学校時代に親馬鹿さんの子供さんと同じような経験をした事があります。

私は、小学2年生で剣道を始めましたが、同期で入団した子の中で、一番遅く防具を着けました。(要するに、上達が一番遅かったのですね・・・)

そんな、私の初めての入賞は、小学校4年生の時で、団内試合で3位になりました。
こんな団内試合でも、私は大変嬉しかったのを今でも記憶しています。

当然のことながら、団内の小さな試合ですので、特に先生は誰も褒めてくれませんでしたが、私は子供心に、先生にも褒めて欲しいと思っていました。(特に、私は弱かったので褒められる事が無かったので・・・)
そんな時、母親から、「よく頑張ったね。貴方が勝てたのは、毎日家で素振りをして、人より努力したからよ。」と言われた言葉が一番心に残りました。
母親が一番、私の努力を知っていて、そして、それを認めてくれたのですね・・・。
この時掛けてくれた母親の言葉は、すごく励みになり、剣道に対する取り組みも大きく変わり、それからは試合でも負ける事の方が少なくなりました。

私事で、長々とすみません。

もし、子供さんが気を落とされているのであれば、是非とも一番子供さんの努力を理解している母親が言葉を掛けてあげてください。
初めての入賞、素晴らしいと思いますし、子供さんは生涯この入賞はきっと記憶に残る事と思います。
努力次第では、更なる上位入賞も可能です。HPに載らなかった・・・、先生が褒めてくれなかった・・・、親馬鹿さんのお気持ちは私も子供を持つ身として理解できます。
でも、もう一歩前に踏み出され、子供さんが剣道に興味を持つ方向に向かうことが望しい姿であるような気がします。
いろいろと偉そうに、すみません。

指導者にもいろいろな先生がお見えになるとは思います。
そんな私も、指導者をさせて頂いていますが、剣道を通して日々いろいろな勉強をさせて頂いております。
皆さんのメールで、私自身も指導者として、また父親としての有り方を考えさせられました。
[ ID:3137 ] 06年10月20日(金) 16:04:34
ひろ○○にぃ〜さん
Email
Re: 親馬鹿の独り言
せっかく良い事言ってらっしゃるのにお名前が「ばか」では・・・ちょっと残念です。

そうです、少年剣道の世界では親も稽古!!うちの稽古に来られている保護者の方々にいつも関心します。先生より早く来て掃除をする方や子供と一緒に最後まで残って先生方の稽古を見られる方。やり方は様々ですが情熱を感じます。その様な方々のお子さんを預かって粗末な稽古や指導は出来ません。剣道のことは剣道で返すのが礼儀ですし一番の方法だと思います。

そのお互いの考え方がお互いによい結果をもたらすのではないでしょうか?

先生も保護者も礼に始まり礼に終わりましょうよ。
[ ID:3138 ] 06年10月20日(金) 22:47:46
しま
Email
Re: 親馬鹿の独り言
ひろ〇〇おにいさん、いいこと言いますね!そ、モラルの低下が目立つ昨今、せめて剣道をやっている私たちこそ、礼に始まり礼に終わりましょうよ!
新しいページ