トップページに戻る


なんでも掲示板


剣道に関する事であれば、なんでも書き込めます。
[剣道教室、剣道場が近くに見つからない] ・ [最近剣道を始めた理由] ・ [剣道を始めようと思っているけど踏み出せない] ・ [どうして剣道が好きか] など

できるだけわかりやすい発言・コメントを心がけて下さい。

管理人が掲示板に適さない、内容が不適当と判断した場合は、削除することがあります。
[特定の個人団体に対しての誹謗中傷] ・ [参加者を排除・排斥するような発言] ・ [プライバシーの侵害] ・ [個人情報] ・ [当サイトと無関係の内容の書き込み(広告・宣伝等)] など


 
    書込み一覧   新規書込み
[ ID:610 ] 04年09月27日(月) 14:54:32
剣児の父
防具の手入れ
剣道を初めてようやく1年になる小学4年男児の父です。

うちの剣豪は、何かと理由を付けて道場に行くのをサボろうとしていたのですが、
初夏、初めて出た試合で、あっという間に2本負けしたのを境に、
何も言わなくても時間になったら胴着に着替えるようになったので、「少しは成長したかな」と夫婦揃ってニンマリしています。

さて、微妙に掲示版の主旨とは違うように思うのですが、
暑い夏も休まず練習に出たおかげで、防具(特に小手)が汗臭くなりました。
#噂には聞いていたので、練習後は必ず陰干しをさせていたのですが・・・
「臭いから、小手、丸洗しちゃった」って言う保護者もいらっしゃるようなんですが、革製品(?)なので、何となく不安です。

と言うことで、汗臭くなった防具の手入れ(除臭)について教えていただけないでしょうか?
[ ID:611 ] 04年09月28日(火) 17:11:30
院宮
ホームページ Email
Re: 防具の手入れ
負けの涙は「次へ進む準備が出来た証拠」なんて、うちの子供達には指導しています。

汗自体は臭わないのですが、バクテリアが付着し臭いを発します。その発生を防ぐには、やはり「汗」の処理が大切です。

稽古が終わる → 小手の中に、吸水シートorタオルを詰め込む。
帰宅する → 小手を陰干しする。 ファ○リーズ(除菌プラス)を吹く。
で、大方の汗臭は対処できると思います。

面も、小手同様にタオルを面中に入れ、別なタオル包んで帰宅するだけでも、汗がだい抜けます。

稽古が無い日は、一端、小手紐をほどいて乾かしてあげるもの良いと思います。
[ ID:615 ] 04年09月28日(火) 22:38:01
剣道人口
ホームページ Email
Re: 防具の手入れ
ちょうど、先週末の稽古の後、少年剣士のお母さんとこの話題で盛り上がりました。
その少年剣士のお母さんは、子供の小手が臭くなると、先の細いタワシでゴシゴシ洗い、ファブリーズを吹きかけて、グローブの油を塗るという凄い技をおっしゃられていました。
えー!!本当ですか!!と言っていたのですが、そのように臭いの対策をされている方もいらっしゃいます。

昔、このような内容もありましたので、ご覧下さいね。
http://www.dknproject.jp/cgi-bin/dknbbsvbsh/bb.cgi?id=kendojinko&md=pic&code=165

それにしても、剣児の父さんのお子さんがかわいいなぁーと思ってしまいました。
[ ID:618 ] 04年09月29日(水) 03:21:11
剣児の父
Re: 防具の手入れ
院宮様、剣道人口様 ありがとうございます。

小手は、グラブ(道場)の貸出品−たまたま、新品で貰ったけど、小さくなったら返却して、別の誰かが使う−なので、滅多なことはできません(笑)
洗ってゴシゴシはちょっと自信がないので「ファブリーズ」って良さそうです。早速、やってみたいと思います。

剣道人口様>
秋に入って、既に2度試合があったのですが、夏中、頑張った割には、結果は1本負け&2本負け。
瞬殺ではなかったので、「少しは、頑張ったな」と誉めてやると、
その言葉でウルウル来てました(悔しかったらしいです)。

剣道って勝ち負けじゃないとは判っているのですが、息子のウルウルを見ていると、早く初白星をつけさせてやりたいなぁと・・・
[ ID:621 ] 04年09月30日(木) 00:41:39
剣道人口
ホームページ Email
Re: 防具の手入れ
よっぽど悔しかったんでしょね。
試合に負けたとしても、剣児の父さんの「少しは、頑張ったな」という言葉や、先生の「負けたけれども内容は本当に良い試合だった」という言葉とかで、もっと頑張ろうと思うのだと思います。初白星でもっと剣道が好きになったら嬉しいなぁ。
[ ID:623 ] 04年09月30日(木) 15:04:27
院宮
ホームページ Email
勝ち負け
勝ち負け・・・当方の剣友会は「強い」とは胸を張っていえるほどのものではありません。

私は、子供たちに、「負けてもいいから『一生懸命』やってきなさい。」 「例え勝っても、内容が悪ければ、『勝ち』じゃないよ。」「もしも、負けても、内容がよければ、先生は誉めてあげるよ」といってあげます。

そうすると、いつもより「一生懸命」やり、結果的に良い結果がでたりするものです。

負けて、悔しい思いをし、試合後に相手に「ありがとうございます」と挨拶に行き、相手の名と顔を覚えさせ、闘志に火をつけさせています。
[ 1ページ前へ ]