剣道人口増やしたいロゴ
なんでも掲示板のトップページ > 過去ログ > スレッド閲覧

持田先生の言葉
日時: 2014/06/16 10:03:02
名前: 武蔵
URL: 1114

持田先生にこの様な言葉があります
打たずに打たれなさい、受けずに打たれなさい、避けずに打たれなさい
力を抜いて柔らかく、相手と仲良く穏やかに、姿勢は美しく匂うがごとき残心を

とても素晴らしく感銘を受ける言葉ですが
これを理解している人または出来る人はいるのでしょうか?

打たずに打たれなさい、受けずに打たれなさい、避けずに打たれなさい
力を抜いて柔らかく、相手と仲良く穏やかに、姿勢は美しく匂うがごとき残心を

難しく私には。。。。。
この意味をわかる方いらっしゃいますか?

Page: 1 |

Re: 持田先生の言葉 ( No.1 )
日時: 2014/06/19 15:09:58
名前: 剣道一本

武蔵様

いつも、みなさくのコメントを拝見しながら、眺めるだけにしておりますが、真剣な質問であり、興味のある内容だったので、解答してみようと割り込みました。この手の回答は、だみ声先生が得意と思いましたが、なんやらクレームがあったようで、本当は解答しない方が良いかとも思いましたが、最初のように真剣に答えてみようと思いました。これは、とらえ方で自分がどのように解釈できるかが答えだと思います。おそらく高段者(6・7段)かな、私なら3〜5段でも感じる世界だと思います。一番わかりやすく言うと、先生(高段者)が初心者(子ども)対峙したら、このような剣道になると思います。いや、わかりやすく言っただけで、高段者と初心者でなくても可能です。問題は、そのような境地で剣道をしなさいということだと思います。たとえば、たたきあうのではなく、あてっこになるのでもなく、戦い(けんかではなく)の中に美を求めるのではないでしょうか。結局、なんでもそうですが、自分で答えを出すことと、自分なりに解釈することも必要だということだと思います。ただ、武蔵様のように、謙虚に人の意見を聞いたり、質問することは大切であり、上達の早道だと思います。私も高段者になるまでには、もっとこの意味を理解したいと思います。そのときは、もっと良い解答ができるようになっていると思います。

Page: 1 |