剣道人口増やしたいロゴ
なんでも掲示板2のトップページ > スレッド閲覧

指導?八つ当たり?
日時: 2015/07/22 10:57:42
名前: 匿名

先日 とある場所で剣道の大会がありました。その大会中に見た光景ですがあまりにひどいと感じたので・・・・。
小学生の部で出ていた選手たちを試合後に監督さんらしき先生が呼び出し2〜3人の選手に対して「お前は本当のクソだな!」「てめえなんか剣道やめちまえ!」などとどなっていました。その場は会場のトイレ前で誰もが通る場所です。私が見ていた試合でその選手たちはそこまで言われるようなひどい試合内容ではなかったと思います。またその先生は最後、一人の選手に向かって「てめえ次の稽古の時覚えてろよ!」と脅迫めいたことまで言っていました。たまたま試合を見ていて怒鳴り声で気になり最初はやじ馬で近くに行きましたが保護者さんたちの神妙な顔や選手たちの蒼白な顔、指導とは思えないような怒号が頭から離れません。剣道とはそんなものでしょうか。あの団体の選手たちが剣道を嫌いになってしまわないことを祈りたいです。みなさんはどうおもいますか?

Page: 1 |

Re: 指導?八つ当たり? ( No.1 )
日時: 2015/07/27 15:38:15
名前: だみ声< >

>剣道とはそんなものでしょうか。
   残念ながら、そんなものだと思い込んでいる指導者がまだいるようです。 多分自分がそういう指導のされ方
をして来たからだと思います。

何年か前、大阪の高校のバスケ部長が自殺して、行き過ぎた指導、指導に名を借りた暴力、体罰と暴力の境界など、
大きな話題になりました。

叱咤激励はあっていいと思いますが、罵声を浴びせるのは指導ではありません。 そういう場面に遭遇したときはた
いへん悲しい思いになりますね。
勝利至上主義としてしか剣道を見ないでいると、こう言う事もあるのではないでしょうか? でもそれは剣道理念に
も反しています。
極論を言えば、剣道のプロとしての道はないに等しい現状に、なぜ勝利のみを求めるのでしょう?
僕の持論ですが、勝利のみを求めるのなら、剣道以外のスポーツをやればいいと思います。 そして剣道は「武道」
です。 強い心を作るために稽古し、戦った相手を敬い、勝っておごらず、負けて腐らず、日々稽古に励むものだと
心得ています。

そして指導者は、指導した子が負けてくると罵声を浴びせる前に、自分の指導力に反省の目を向けるべきではないで
しょうか? 勝たせてやりたい気持ちはわかりますが、それは指導者自身に対する課題なのです。

大したコメントではないですが、こういう指導者はいずれ受け入れられなくなっているはずです。 言葉の暴力も今
はれっきとしたハラスメントの対象です。 片方では青少年健全育成組織も各自治体ごとに充実しつつあります。
10代の子に正しく指導することの重要性が認識され、叫ばれ、実践されたり講習会でも語られております。

もっと書きたいことはありますが、愚痴になってしまいそうだし、僕自身も早く暴力的指導撲滅が実現して欲しいと
願っている一人です。
Re: 指導?八つ当たり? ( No.2 )
日時: 2015/07/31 15:32:34
名前: 匿名

だみ声さん

返信ありがとうございます。
やはり普通のことではないですよね。
見ていても不快ですし、自分の子供があんな団体に所属していなくて良かったとも思ってしまいます。
言葉の暴力は本当に早く無くなって欲しいと思います。
Re: 指導?八つ当たり? ( No.3 )
日時: 2015/08/22 23:48:15
名前: 通行人

お邪魔します。

> そういう場面に遭遇したとき

自分だったら割って入ります。

なぜならこのような行動を容認してしまうのは、剣道の枠を越えた社会全体の問題だからです。

「剣道を口実に子供に八つ当たりするな。教え方が悪いから思うような結果が出ないんだと自省しろ」

ぐらい痛い事を言うと思います。

それで大人同士の口論になっても、子供へ向いていた矛先が変わるのならば有りだと思います。

剣道のしきたりにかこつけた虐待を容認しないためにも、割って入った大人同士が言い合いになるのやむを得ないと思います。

結果が何であれ、とにかく子供に対する言葉の暴力を止めるのがこの場合は優先だと思います。

公共の場で酔っ払いに絡まれた女性を助けるのが有りなら、こう言う状況で無力な子供の為に他人が割って入るのも大いに有りだと思います。

子供がこんな状況で「やめてください」と言えないのは当然です。そこを判断して行動するのが周囲の大人の責任だと思います。

剣道だから、指導者だからで、このような蛮行を容認する事は子供を無用に傷つけ、剣道全体に対する評価を下げる効果しか無いと思います。

Page: 1 |

タイトル
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (編集用)
コメント

   ユーザー情報を保存する