剣道人口増やしたいロゴ
なんでも掲示板2のトップページ > スレッド閲覧

初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。
日時: 2015/09/09 05:46:34
名前: たゆ < >

初めて書き込みます。
私は中学3年間だけ部活でやっていた剣道を10年ぶりに再開した20代男性です。
ブランク時の練習方法についてお教え下さい。

今年6月半ばに週1で復帰して3週間前から面まで付けての稽古をし始めました。
面を付けるまでの基礎練習では体力が少し落ちたかなと思う程度でブランクはあまり感じませんでした。

しかし、いざ面を付けて回り稽古に混じってみると
・切り返しが昔のイメージで打てない(足と手が合わない、横打ちになってしまっている、昔と同じスピードで打てない)
・切り返し・面打ち4本・小手打ち4本・小手面打ち4本を3セット・・・ここまでで既に肩で息をしていて腕を上げるのが辛くなっている。
・上記での疲労で先生方との稽古では1分2分で息が上がってしまってふらふら。

10代の頃程身体は若くないですし、明らかに体力・筋力が不足していると思っています。
剣道での体力・筋力は稽古によって付けるのが1番とはよく聞くのですが、週1ではきっとつかないですよね。(仕事が多忙な為稽古日を増やすのは困難です)

素振りは週4くらいで250本程行っているのですが、上記のようなリバ剣者はどのような練習をしていけばよいでしょうか?

もう1つ:子供の時はめちゃくちゃ息が上がっていてもどんどん先生や先輩にかかっていくと思うのですが、大人はどうなのでしょう?先日、先生との稽古の後フラフラで私は「これ以上はダメだな」と思って面を外して休んでしまったのですが、これは良くないでしょうか?

回答お願いします。

Page: 1 |

Re: 初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.1 )
日時: 2015/09/11 05:31:51
名前: だみ声< >

たゆさん  こんにちは
10年ぶりのリバ剣(リバイバル剣士)おめでとうございます。
中学を卒業したのが15歳とすると、まだ今は25歳ですよね? 体力の衰えなど話題にする必要はないと思ってく
ださい。 特に剣道においては、90歳でも現役がいっぱいいるギョウカイですから、どんどん上達できる時です。
コツは能率よく稽古することで、週一の「稽古日だけが稽古じゃない」と言う取り組みをお勧めします。

つまり勤務中に稽古すると、かなりな稽古時間を稼いでいることになると思いませんか? しかもきっと仕事の能率
も上がりますから一石二鳥です。
歩き方から書いて行きます。
勤務中、社内の廊下を歩く時も、出張で駅へ向かう時も、左右の足が平行に、均等に一直線で前進していることを意
識しながら歩くと、足さばきの稽古になります。 駅まで走るのも良いですね。
時々は「すり足」や「踏み込み」の稽古も出来ますね? 素早く左足を右足に引き付けるコツも稽古場でなくても稽
古できることを心掛けてください。 この時、左足を無理に右足に追随させようとせず、腰から上を垂直に保ったま
ま、着地した右足を「ピンっ」と伸ばすイメージがいいと思います。 左足は勝手に右足にやって来るはずです。

アキレス腱の強化
駅での待ち時間に直立姿勢を取り、両足のつま先で「背伸び」を繰り返すと自然と「筋トレ」やっていることになり
ます。 ふくらはぎが筋肉痛を起こすから、最初は「軽め」にやることから始めましょう。
屈伸運動やれば、大腿部の筋トレになるはずです。 「又割り」やってもいいと思いますよ。 前後屈運動も、跳躍
運動もやれるはずです。

素振り
昼休み会社の屋上で竹刀でも、木刀でも、かいなた(重い素振り用木刀)でも振れば結構な回数やれると思います。
トイレの鏡の前では、素振りの左右の腕の中心線を確認することが出来ます。 コピー機の用紙追加など500枚の束
をいったん「前にならえ」状態で両腕を水平に突き出して持つと、片の筋トレになります。 もちろん腕立て伏せや
鉄棒、自転車こぎ、ボート漕ぎなどのジムグッズなどの設備があれば大いに活用しましょう。

そして週一の道場では、先生の指導の下、できれば「基本打ち」30分の稽古があれば最高です。 十分上達できるは
ずですから頑張ってください。

>子供の時はめちゃくちゃ息が上がっていてもどんどん先生や先輩にかかっていくと思うのですが、大人はどうなの
でしょう?
   まだ25歳なのだから、お願いすれば先生が多少長めの「かかり稽古」をやってくださると思います。
   初めの内は、10秒で息が上がってくると思いますが、やっている内に少しずつ伸びてきます。
   「面を外す」のは大人だからどっちでもいいですが、次の稽古に面付け時間がもったいないと思うように
なれば、外さなくなると思います。 気持ちの問題の方が大きいですね。

まあ、昔のような「イケイケどんどん」の様な稽古は、しないでも工夫するのが大人です。 子供はあのようにして
体に覚えさせているわけで、同じことを大人がやるのはやはりつらいですよね。
昔と同じスピードで打てない、と言っても失礼ながら中学生ではまだそんなに速度があったわけじゃないはずです。
いきなり昔と同じなどと思うからストレスになるのです。 十分左手の活用を工夫すれば、そのうち速度も出てきま
すから、真面目に、真剣に、休まずに、稽古にはお通いください。

上達は「10年をひとスパン」とお考えください。 焦る気持ちが薄らぐと思います。 昇段審査も毎日稽古してい
る人が初段合格後、1年で次への挑戦権を得るのですから、週一の人は七倍かけてもいいのです。 そんなこと言わ
ないでもちゃんとやれて来るはずですから、頑張りましょう。
例えば今初段をお持ちなら、今のペースで丸1年後に二段挑戦と言う目標を持つといいのじゃないでしょうか?
まだお若いのだから、それでも継続しておれば、いずれ七段が見えてきますから、安心して修行を積んでください。
Re: 初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.2 )
日時: 2015/09/11 10:17:55
名前: たゆ< >

だみ声さん、回答ありがとうございます。
仰るとおり私の年齢で体力の問題を出す必要はなかったですね・・・。私が通っている道場でも7段70歳の先生が中学生相手にガンガンしごいてます。

稽古日だけが稽古じゃない・・・気づきませんでした。確かにやる気があればどこでも稽古はできますね。
教えて頂いた稽古法、出来る範囲でやらせていただこうと思います。
体力がないと思ったのも、面をつけ始めて日が経っていない為、重さに慣れないのと緊張で力が入りすぎているせいなのかなとなんとなく思います。

面を外す外さないも、仕事に影響が出ない程度に限度を見極めてなるべく週1稽古を有意義に出来るようにしていきたいと思います。

中学の時の自分を意識せず初心者同様、基本に忠実に行っていきます。

この歳で再開したからには剣道を一生のものにしていきたいと思いますので、仰る通り、7段も視野に入れて頑張っていきたいと思います。

この度はありがとうございました。
Re: 初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.3 )
日時: 2015/09/11 11:38:08
名前: 一言

まだ再開されてから、3か月、中学3年間しただけで、
七段を視野というのは、どうでしょうか?

六段の方が、七段を視野というのはわかりますが、
初段や二段が七段を視野というのは、
何を見ているのだろうと思います。

前の方は、剣道を続けていれば、
七段も可能性がありますよと話をされただけなのに、 七段を視野というのは剣道を甘くみていませんか。
初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.4 )
日時: 2015/09/11 13:22:18
名前: 風車の弥八

中学生には中学生の、高校生なら高校生の、大学生なら大学生の、そして大人なら大人の剣道のあり方や、やり方があると思います。
中学生や高校生の時は通用した事が大人の剣道には通用しない常識ややり方、ルールがあり苦労される事も多いと感じますが、学生の部活と違い限られた時間の中で剣道をする大人の場合、だみ声先生の仰るように道場だけが稽古する場にあらずで、日々の生活の中で時間を見つけ出来る事をコツコツ積み上げていけばきっと日進月歩で変化していくのでは無いでしょうか。
きちんと稽古をしていけば初段から二段、二段から三段と一段一段昇って行き剣道の姿形が変わって行くものと思います。
一生懸命精一杯稽古と剣道を、ずーーと続けて行けば全国審査の段位も受験する時が来るかと思います。
気を長く焦らずに今、自分が目指す段位の合格を目指して頑張って下さい。
稽古以外にも、自分が尊敬する先生の剣道をよく見たりする見取り稽古をして、その先生の良いところを研究したり真似をしてみたりするのも一つの手段です。
Re: 初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.5 )
日時: 2015/09/12 03:00:20
名前: たゆ< >

一言さん

私は剣道を一生ものにしていこうと考えています。
目標は大きくもっても良いと思っています。あくまで課題では無く目標なのですから。
私が今教えて頂いている7段の先生も「私の先生は6段だったからそれを超える事を目標にし、ここまできた」と仰っていました。
人それぞれなのですから一言さんの価値観を押し付けられても困ります。
剣道を甘く見ているつもりは一切ありませんし、詳しく教えて頂いた、だみ声さんへのお礼のコメントの一部を拾ってケチを付けるほうが私はどうかと思います。

まず根本的にここは最初に質問をされた方の質問を皆で教え合い、その回答に対し質問者さんは敬意を払ったお礼を行う場であると考えます。

一言さんは剣道云々の前にこの場に合った行動をすべきだと思います。
Re: 初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.6 )
日時: 2015/09/12 03:10:57
名前: たゆ< >

風車の弥八さん
回答ありがとうございます。

仰るとおり私の先生に大人と子供の剣道は違うからと言われ戸惑いを覚えて事があります。
学生の頃より遥かに時間が限られていますので、御二方が仰られる通り、道場以外で時間を見つけ少しでも稽古できたらと思います。
上達のスピードは本当にゆっくりなものになってしまうかと思いますが、焦らずずっと続けたいと思います。応援して頂き本当にうれしいです。ありがとうございます。

私は中学の頃から栄花先生が好きで度々動画サイトを巡ったりしています。そちらの方も続けていきたいと思います。

ありがとうございました。
Re: 初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.7 )
日時: 2015/09/12 08:51:16
名前: 一言

あなたのほうが、私に価値観を押しつけていることに気がつきませんか?

質問した方に皆で教えあい、お礼をする、
これこそまさにあなたの価値観ではありませんか。


例えば、私が七段というより、
まずは、初段、二段、三段と昇段を目指してがんばってくださいねと回答したとしましょう。

あなたは、この回答には納得されるのではありませんか?
表現の仕方が違うだけで、同じことです。

私は、初段が七段を視野にというのは、
雲をつかむような話だと思います。
目標というのであれば意味が違ってきます。
将来的な目標であれば、七段だろうと八段だろうと、
別のものだろうと構わないわけですから。


これ以上、あなたと議論するつもりもありませんが。
Re: 初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.8 )
日時: 2015/09/12 09:19:46
名前: たゆ< >

2ちゃんねるのようなルールがあるのかはわからないので〆申告する必要があるかは分からないのですが、もうこのページにこないので回答〆ます。

適切な回答をしてくださった方、ありがとうございました。参考にさせていただきます。
Re: 初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.9 )
日時: 2015/09/12 19:11:19
名前: だみ声< >

たゆさん(25歳)、 一言さん(決して年配者とは思えませんので若い方を想定します)

僕がここでこんなこと書く事自体、いわゆる「おせっかい」だと思いますが、こういうやり取りをしてしまうお二人
共、いままでも、そしてこれからも心地よくネット利用ができますか?
文字だけの世界では、読み間違えに始まり、誤字を気づかずそのまま投稿することによるトラブルも含めて、言葉の
抑揚が伝わらない中ではお互い慎重になってください。

すぐ売り言葉に買い言葉で、どんどんエスカレートする割には、決して気持ちが穏やかになれなかったり、お互いの
価値観や、表現の行き違いの溝が埋まらないのが「文字だけの世界」の「限界」であり、「弱点」なのです。
しかも文字は言葉と違って、残ります。 数回読み返しているうちに「怒り」が芽生える単語があると、それに対す
る心理(怒りでも、お礼でも、喜びでも同じ)が成長して膨らみます。 いい方に膨らむのはいいのですが、怒りや
悲しみ側に膨らむと、今回のようなやりとりが発生します。 慎むべきです。

次に恐ろしいのは、こういうやりとりに加わって火に油を注ぐ輩の存在です。 書き込むごとに気持ちが荒れてしま
い、単なる「罵り合い」に終始してしまいます。 こんなやりとりは確かに2ちゃんねるには多いですね。
ついには安易に「死ね!」という単語が横行します。 悲しい限りです。

今回のトラブルの発端が「価値観の押し付け」というキーワード一つを取っても、お互い様だとして欲しいです。
No.1で、僕が書いた3行目 >体力の衰えなど話題にする必要はないと思ってください。< も価値観の押しつけ
の範疇なのです。

そして同じ意味のことを書くにも、読む人に「カチンっ」と来させる単語や表現は慎まねばなりません。 今回の場
合一言さんの「剣道を甘く見ていませんか」が「カチンっ」となった所だと思います。
こういう単語に出会った時、「怒り」は横に置いて、「昇段審査が簡単に合格できるものでないことは理解しているつ
もりです。」と返せばトラブルにはなりにくいと思いませんか?

ただしその前に一言さんも「甘く見ている」ではなく、昇段はむつかしく、この先「茨の道」だと思いますが「頑張
ってください」程度に書けば問題は起きなかったのじゃないでしょうか?

ここで僕が言っておきたいのは、今回のトラブルの議論を続けるのではなく、双方が「交剣知愛」の精神を持って、
文字のやりとりに工夫を凝らす必要性の認識と、書く時の言葉選びの修行(これを人間形成の道としていいと思いま
す)をして欲しい点です。 最終的には剣道強くなるより、もっと大切な「人の道」だと思いませんか?
いずれもお若いのだから、「カッカ」して熱くなるのも若さの特権ですが、若さみなぎる新鮮で純粋なエネルギーは、もっと有意義に使って、人生そのものを真剣にもっと楽しむことを心がけて欲しいです。
Re: 初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.10 )
日時: 2015/09/12 22:04:26
名前: 一言

だみ声さんから返事がきていますね。
どうやら、誤解があるようです。

私の気持ちは、先に書きましたが、
七段というより、
まずは、初段、二段、三段と昇段を目指したほうが、
いいのではないですかということです。

文面でしか知らないこの方に、
そもそも価値観を押しつけたところでどうなるのでしょうか?
剣道を甘く見ていませんかという言葉は、
この方が、決して剣道を甘くみていると断定したものではありません。
言葉通り、甘く見ていないかと問うただけなのです。
ですが、この方には、価値観を押し付けられたと感じたようです。
私は、この方を知りません。
そもそも怒りなど覚えるはずもないのです。

あなたは私と同じ気持ちかと思っていましたが、
私の真意が曲解されており、大変遺憾です。



Re: 初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.11 )
日時: 2015/09/15 10:48:38
名前:

気になる投稿があったので、のぞいてみましたが、
どうやらもう終わってしまったようですね。

ここは、剣道の掲示板のはずです。
剣道を語っていけないはずはありません。

先生によって指導方法は様々です。
人間性を問題にするのは、
私は、間違っていると思います。
価値観がどうとかではなく、
剣道についてやりとりをし、いろいろな意見を尊重すべきではないでしょうか?

だみ声さんも、本当に交剣知愛の精神をお持ちなのか疑問ですね。

私は、2チャンネルを知りませんが、
そこには、今回のように自分に気にくわない意見があれば、
勝手に終わらせるような方が多いのでしょうか。
まあ、自分が投稿したものですから、
責められるものではありませんが。



Re: 初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.12 )
日時: 2015/09/28 22:38:11
名前: 一言

だみ声さんからの返事を期待しましたが、
諦めたほうがいいようですね。

自分の意見を主張するだけで、
周りの意見を聞かないのは、
果たして、交剣知愛というのでしょうか?

私だけが、意見を述べても意味がないのですが、
火さんとは、考え方が似ているようです。

剣道を愛する者同士でありながら、
意見が違うのは致し方ないことなのだということですね。
Re: 初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.13 )
日時: 2015/10/02 07:58:12
名前: だみ声< >

一言さん 火さん
あれから何日か過ぎて、お互い冷静さも取り戻したと思う頃なので、一度僕がここで浴びている批判について、紳士
的な議論をしてみましょう。 あくまで紳士的にお願いします。

論点を明確にするため、お互いが主張する部分について明記してみましょう。
 ・だみ声の主張:ネット上での言葉選びは慎重にしましょう。 角(かど)のある言葉使いは避けましょう。
 ・一言さんの主張:>私の真意が曲解されており、大変遺憾
 ・火さんの主張:>だみ声さんも、本当に交剣知愛の精神をお持ちなのか疑問ですね
以上でよろしいでしょうか? 異なる部分があればご訂正なさった後、論旨を展開なさってください。

僕が言う「言葉選びを慎重に」という部分では、一言さんの「甘く見ている」が今回角のある表現になってしまった
と思います。 初めてここに書き込まれた若い方への温かみを感じない言葉だと思いませんか? いわゆる経験者と
しての「上から目線」が感じられます。 ベテランなのだからそれでもいいのですが、たゆさんは10年のブランク
が有ってリバ剣した25歳の若者です。 しかも中学校の3年間だけの経験者です。 決してベテランではないはず
ですし、リバ剣3か月、やっと防具つけての稽古が再開して、体力的な減退に自分でも驚いているという内容です。

僕はこのたゆさんに、少ない稽古時間で上達するには、稽古場での稽古だけじゃない所でも稽古しましょうと提案し
ました。 しかも上達速度は学生の頃と同じと思うとストレスにもなるので、10年のスパンで取り組むことをおす
すめしました。 その結果将来的には七段も見えてくるでしょう、と結びました。

そして険悪な雰囲気になりかけたので、仲裁に入ったつもりです。(おせっかいですよねえ)
一言さんは「七段を視野」のたゆさんの言葉に「段階を踏め」、もっと「足元を見るところから始めろ」の意味を込め
て、初段二段と頑張りなさいという意味をこめているのですが、伝わってないですねえ。 これを言いたいのなら、
「七段を視野」の飛躍を指摘して、足元を… というふうに書く工夫が欲しかったと思いますがいかがでしょう?

要は同じ内容のことを書くにも、相手の心に抵抗なく流れ込む言葉遣いが必要なのです。 しかも文字のみで…。
もう一歩突っ込んだ書き方をすれば、相手に真意が伝わらないのは、「書き方が未熟」なのだと受け取って、書く表現
力の訓練をすればいいのです。 これ、会社での報告書を上手く書く訓練でもあります。 ネット上で喧嘩しないで
文章力を向上する双方の訓練なのです。


さてもうひとつ、火さんのおっしゃる
  「交剣知愛の精神」が僕にあるかないかですが、そんなの僕にもわかりません。 多少は修行や、読書によって
出来るだけそういう高尚な精神を持ちたいと思っておりますが、火さんに指摘されてよく考えてみると、ご指摘の通
りだと思います。 ただし、剣のみでなく、人生において出会う相手を尊重し、言う事を拝聴し、意見が異なる時は、
激論であっても、論点をずらさず、弁論しあう事はしているつもりです。

更に言わせていただけば、交剣によって鋭い一本をいただいた時など、「クソッ」と思うと同時に、「おぬし、できる
なッ」と言いますね。 特に20代の人との稽古では、効剣中もこういう声掛けをしております。 そして自分に対
しても「もっと稽古しよう」とハッパかけております。

僕なんか当然のことながら、剣道界のどこにでもいるボンクラ剣士の一人です。 過去に輝かしい剣歴があるわけじ
ゃなく、剣道を始めたきっかけだって、「喧嘩に強くなりたい」が動機だったのですから、何ともお粗末なわけです。
ただし、剣道を通じて可能な限り、若い人の人生のわずかな指標にでもなれれば、僕の剣道にも多少の意味があるか
なと言う思いでやっております。
Re: 初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.14 )
日時: 2015/10/03 15:17:34
名前: じじい

皆さん
剣道好きなんですね
私も 大好きです 
ぜひ お手合わせいただきたいです

それでは また
Re: 初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.15 )
日時: 2015/10/04 21:35:17
名前: 月光

なるほど、
私も、週に一回できたら良いほうなのですが
練習は、道場以外の職場でもできるですか…
さっそくやってみましたが、結構良いですね
ここのスレ見て 良かったです
ありがとう ございました・  
Re: 初めまして。10年ぶりのリバ剣でのブランク。 ( No.16 )
日時: 2015/11/13 19:58:19
名前: 止めました

返事がありませんねえ。
紳士的にするには、
相手をしないことだとみなさん気づいたんですね。

終わったスレで、
議論を続けようとするのもどうなのでしょう。

Page: 1 |

タイトル
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (編集用)
コメント

   ユーザー情報を保存する