剣道人口増やしたいロゴ
なんでも掲示板2のトップページ > スレッド閲覧

近い内に
日時: 2016/03/21 15:06:40
名前: ダメ男くん

もう一度、近くでやっている剣道の道場に見学に行って、再度やり直して見たいと思います。以前、この掲示板で「趣味が苦痛に(当時33歳)」と言う内容での書き込みをさせて頂いた時から、月日が流れて40歳になってしまったのですが、現在は、転職先の仕事にも慣れ、剣道をやっていた時から比べると収入面では大幅にダウンした物の、ある程度、自分の生活も立て直し、今後の布石を敷く事が出来ました。今だから言える話なのですが、大学を卒業してから35歳まで勤めた以前の仕事(国家U種公務員)を辞めて実家に戻った時には、(仕事を辞めてから足掛け3か月目に再就職先は見付けて、現在も同じ職場に勤めています。)私が子供の頃からずっと公務員になる事を強く望んでいた父親との凄まじい軋轢が生じ、(父親が)一昨年の暮れに癌で他界する直前までの3年半に渡り家庭内別居の様な状態が続いておりました。「仕事を無くした癖して何が剣道だ!ふざけるな!」「そんな事(剣道をやり直す)を考えている暇があるのならば、やる事が山ほどあるんじゃないのか?剣道なんて第三、第四問題にすらならない!論外だ!」あと、部屋にしまっていた防具や竹刀、剣道着を見て「何時までそんな物を未練がましく持っているんだ!目障りだからさっさと捨ててしまえ!捨てられないと言うのならば、俺が捨ててやるぞ!」等と事ある毎に辛辣な言葉を浴びせられる事、剣道の復帰を巡っての口論も多々ありました。剣道の道具一式、剣道着は私が不在の時に捨てられそうになったので、(母親から聞いて判明。)後日、内緒で温度及び湿度調整が確りとしている室内レンタル倉庫(トランクルーム)を借り、父親が友人と共に旅行に出掛けた隙に運び出し、そこに保管しました。(父親には、部屋の掃除をしたついでに捨てたと嘘を吐きました。その時ばかりは、かなり御満悦な様子でした。)私自身、色々と精神的に追い詰められていたとは言え、父親の反対を押し切って前の仕事を辞めたと言う負い目と、父親からの期待に応える事が出来なかったと言う申し訳無さが重なって再び剣道をやる事に踏み切れずにいたのですが、死の直前に和解した事もあるので、もう一度、頑張って見たいと思いました。あの時は、色々な方にアドバイスを頂き、本当にありがとうございました。

Page: 1 |

Re: 近い内に ( No.1 )
日時: 2016/03/21 10:22:21
名前: さかちゃん
URL: http://blog.goo.ne.jp/dokoda2006/arcv

ダメ男くんさん

さかちゃんと申します。宜しくお願い致します。

剣道再開を決断されたのですね、楽しみながら頑張って下さい。

私も24年のブランクを経て最近リバ剣したばかりなのであまり偉そうなことは言えませんが、ダメ男くんさんの書き込みを読ませて頂き思ったことがあったため、コメントさせて頂きました。

人に道ありですね。

私は、剣道の理念は「剣道は剣の理法の修錬はによる人間形成の道である。」と言っているのですから、剣の理法の修錬にはブランクがあっても、剣道をする上での最終目標である「人間形成の道」にはブランクは無かったんだと最近思うようになりました。

生きることにもがいた時期はその人の宝であると思います。(剣道をしていなかった時期も含めて)
その人にしかわからない、その人しか経験していない絶対に他人には無い人それぞれの宝

「人間形成の道」を歩み続けていると逆に剣道にも必ず影響します。
再開して直ぐにはなかなかわからなかったのですが、自分の中にある宝が「剣の理法の修錬」を助けてくれるんです。

私の一番大きな宝は、子供が生まれ(2人)経験したことです。

今一緒に剣道をしている息子だけの影響ではなく、もう10年以上前に他界してしまった娘が私の「剣の理法の修錬」を助けてくれています。

お父様との関係で経験した葛藤や苦しみ(楽しさ、懐かしさ含め)などのダメ男くんさんの経験が早く時を経て宝となって「剣の理法の修錬」を助けてくれることを祈っております。

楽しんでください。w

ではでは

Page: 1 |

タイトル
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (編集用)
コメント

   ユーザー情報を保存する