剣道人口増やしたいロゴ
なんでも掲示板2のトップページ > スレッド閲覧

一瞬早く!
日時: 2017/10/10 04:42:53
名前: だみ声 < >

一瞬早く!
とある剣道教室が創立50周年を迎え、記念式典が開催されました。 そこで配られた面手ぬぐいには、範士八段の
文字がありました。
「一瞬早く」…
立ち合いにおいて相手より一瞬早く打突動作をやれば「勝てる」と言う意味でしょうか?  それにしても物理的な
時間としてこの「一瞬」とはどれぐらいの時間を言うのでしょう?  更に単なる物理的な時間と言うとらえ方だけ
で解決するのでしょうか?

一方剣道には「先」の概念もあります。 先々の先・先の先・後の先 と言われておりますが、これとも関連してい
ると思われます。

気攻め、気当たり、気の攻防、合気、更には 誘い、崩し、溜め という事も語られますが、これと「一瞬早く」と
の関連も研究するといろいろありそうです。

しかもこれらの行動は、社会人としての生き方にも影響していると思います。 サラリーマン社会では「良くない情
報ほど早く知らせろ」と言う格言があります。 情報伝達は遅くなるほど事態は悪化するという事だと思うのですが、
ここで言う伝達速度も「一瞬早く」に繋がるとすれば、剣道の考え方が実生活で役に立つと言う事でもあると思いま
す。
そこまで考えなくとも、この「一瞬早く」は深い意味を持つ研究テーマなのだと思います。  次第に年を取り、運
動神経が鈍化しつつある自分において、「一瞬早く」とどの様に付き合うのがいいのか、模索が続きます。

お読みいただいた方々の、さまざまのご意見がいただけたら幸いです。

Page: 1 |

Re: 一瞬早く! ( No.1 )
日時: 2017/10/10 12:32:40
名前: せいちゅうせん

極意というより、ちょっと遊んだ「なぞなぞ」のような気がします。

一瞬早く打つ・・・・・一瞬遅く打たれていいなんてのは、おかしい。
            勝ったと思った瞬間 打たれれば本来相打ちでどちらも死にます。
            剣道をスポーツとしてとらえることを範士がわざわざ言うだろうか。


一瞬早く打突動作を始める・・・・・こちらが先に動けば打太刀になりますので切られます。


一瞬早く攻め入る・・・・これは相手を動かすことにつながるので、仕太刀になれますね。


一瞬早く、相手を動かす・・・これも仕太刀になれます。


私の場合「相手より一瞬早く」と思って構えますと、手元が浮きやすくなります。「一瞬早くと早さを競うことなかれ」なら、面白いですね。


ちなみに酒類には「お酒は二十歳になってから」と書いてますが、「楽しむ」「冷静に考える」「一旦やめてみる」と如何様にも言葉を足すことが出来ますが、いかがなものでしょうか(笑)。
Re: 一瞬早く! ( No.2 )
日時: 2017/10/10 18:29:28
名前: うーん

我々今の瞬間の連続を生きています。「今」と言った時「い」はすでに過去です。
一瞬早くというのは、何事も人より早くということですが、人より未来を生きろ。
先を読め。という風に解釈すると面白いですね。相対性理論をみているようです。
一瞬早くと言うのは実は大変難しいことなんだと思います。
Re: 一瞬早く! ( No.3 )
日時: 2017/10/11 03:23:02
名前: だみ声< >

せいちゅうせん さん、 うーん さん
早速のコメントありがとうございます。
考えれば考えるほど、底なしの話題になりそうで、正直持て余しております。 最終的にはいまだ解明されないアイ
ンシュタイン提唱(でいいのか?)の「統一場」理論を研究する感じです。(ボンクラ頭で何を言う…)

高度な物理学理論を持ち出さなくとも、「剣道の立ち合い」と言う場面で考えればいいのだから、何か語れそうなの
ですが…
実はここには「自分と相手」と言う、紛れもない相対する「個体」があり、お互いが虎視眈々と「打突の機会」を探
り合っています(影響し合っている空間が存在している。よって相対性理論が適用される。)。
たぶん、せいちゅうせんさんは、この場面に時間の概念も消し去り、いわゆる「無」の境地になることを目指してお
られる…
そして打たれることを恐れず、しかも相手が動く刹那に反応するのではなく、やはり「相手を動かさせる」仕掛けを
こちらから発信する… ような高度な研究をしておられる… ハズ…。 そうでなければ「手元が浮き」相手にその
場を支配されてしまう… 「一瞬早く」がすでに煩悩にとらわれた結果である… とお考えではないのか?


うーん さんに至っては…
「今の瞬間の連続」なのだから、「今」の「い」を言った瞬間既にそれは「過去」である。 やはり何となく時空を見
据えた悟りの感じがします。 般若心経で言う「色即是空、空即是色」見たく…
そして
>人より未来を生きろ。  先を読め。  という風に解釈すると面白いですね。
   まさに相対性理論ですねっ!!

それにしても「時」とはいったいいかなるものなのでしょう?  それこそ時々刻々宇宙を流れているようですが、
実体はなく、しかも感覚としては極めて具体的であり、自分も生まれて以来、その時間軸に乗っかっているわけです。
そこで語る「一瞬早く」は大変奥の深ぁ〜〜い、しかも大変むつかしいテーマのようです。


このテーマ、更に進めて行く書き込みを期待しております。
Re: 一瞬早く! ( No.4 )
日時: 2017/10/11 10:04:34
名前: うーん

物理的には一瞬早くというのは、同じ地球上では無理なんだろうと思います。ただ私は宇宙規模で見れば時間というのは変わるので、人もそれぞれ時間というのは変わるのではないかと思います。訓練次第で。
剣道はその訓練のいい場ではないかと思います。
その先生は、この言葉を禅の公案として書かれたのかも知れません。このように色々考えることが大事なことだと思います。
Re: 一瞬早く! ( No.5 )
日時: 2017/10/11 17:52:15
名前: せいちゅうせん

>このテーマ、更に進めて行く書き込みを期待しております。

敢えて範士の術中に、はまってみようというわけですね(^^)
こうやってあれこれ考えさせるための罠だと思ってます。
楽しい罠ですから「なぞなぞ」と書いた次第です。

私は「一瞬早く」という言葉は早さを競うイメージがありますので「打とう」とする意識が芽生えて、打たれる覚悟を決めにくいです。
相手と反発し合うように立つことになり、結果「遅く」なります。


>「一瞬早く」がすでに煩悩にとらわれた結果である
 かっこよくいえばそうなりましょうか(^^:


>「自分と相手」という紛れもない相対する「個体」

相手と私は、あたかも同根の竹だと思えるようになりたいのです。
そうすれば相手が打とうという意図を持った瞬間(こちらの先がきっかけで意図を生じる)、脳から発せられた電気信号がこちらにも伝わる。

と同時に、相手は筋肉に力を込め、筋肉を伸展させて飛び出そうとします。
こちらは同時に筋肉の力を抜いて重心落下が始まるので位置エネルギーが運動エネルギーに変わる。

ボールを投げようとするか、ゆるめて落とすだけにするかの差になりますかね。
でもボールと違って体は繋がってますので、相手は足、腕、手というように筋肉を順番に力を込めて動かしていく。
こちらは股関節が抜ければ同時に関節でつながった全身が連動完了しています。
また、筋肉に力を込めて動く相手は途中から動きの方向を変えることは難しいですが、こちらは動き続ける重心の向きを変えるだけで動きの方向が変えられます。

そのためには体が離床している瞬間があってはならないので、現代剣道の踏み込み足は使わないです。
体に染みついた厄介な動きが時々出てしまって踏み込んでしまうのがなかなか直らないのですが・・・。
すり足だと前足を「バン」と大きな音を立てるように強く踏む必要がないので、剣先同士が5cm離れた距離からでも十分面にも届きます。
まあ、そんなところから打っていくことは、相手を動かさないので面白くないし、剣道の醍醐味もないし、消える動きにもならないので、ほとんどやりませんが。

前述のボールは、武道の達人が言う下丹田、中丹田、上丹田にある球ですね。
体の中にあるボールですね。

今は、この球がソフトボールぐらいに感じてますが、重さは変わらずビー玉ぐらいに感じられるように精度が上がれば、体全体を最小限に捌けるのではないかと試行錯誤中です。
Re: 一瞬早く! ( No.6 )
日時: 2017/10/12 16:08:42
名前: せいちゅうせん

「一瞬早く」は、もしかしたら小中学生に向けての言葉なのかもしれません。それなら十分うなづけます。
Re: 一瞬早く! ( No.7 )
日時: 2017/10/13 04:49:05
名前: だみ声< >

うーん さん
>その先生は、この言葉を禅の公案として書かれたのかも知れません。このように色々考えることが大事なことだと思います。
   いろいろ考える最初のきっかけが「時間」の概念の捉え方から始まり、それぞれの個人が持つ時間の感覚をど
の様に動作の中で感じるのだろう? となりました。
着面の前、面手ぬぐいをつける時、この文字を読み、気持ちを引き締めて稽古に没頭するのは、意味のある事だろう
と思います。
前回も書きましたが、明らかに運動神経の鈍化を感じておりますので、尚更深く考える事となりました。
恐らく体が動かなくなるまで考え続ける事になると思います。


せいちゅうせん さん
>こちらの先がきっかけで…
>ボールを投げようとするか、ゆるめて落とすだけにするかの差になりますかね。
   こちらの「先」を感じて(この瞬間が大切)、相手の打つ意思が生じる。 こちらは「重心落下」を起こす…

そして筋肉の連係プレーではなく、位置エネルギーが運動エネルギーになる… と表現なさっておられますが、この
運動エネルギーが、打突を可能にするのでしょうか?

>そのためには体が離床している瞬間があってはならないので、現代剣道の踏み込み足は使わないです。
>剣先同士が5cm離れた距離からでも十分面にも届きます。
この内容には長年研究なさったものがぎっしり詰まっているのを感じます。 とは言え、具体的な部分は不勉
強もあり、僕には十分な理解に至っておりません。

たぶん、以前書かれた「石井久先生の面」あたりにヒントがあると思います。 Youtubeはいまだに何度も見直して
はおりますが、あんなにうまくはなれません。(あたりまえじゃっ!)

>「一瞬早く」は、もしかしたら小中学生に向けての言葉なら十分うなづけます。
   深読みして、あれこれ考えたのが僕の書き込みになりましたが、範士先生は道場の子供たちが稽古の時に早く
動いて「機敏な剣道をしなさい」とのお考えだったと思います。

この範士八段先生の講習会(技術講習会、審判講習会、指導者講習会、形講習会)は何度も受けておりますが、一貫
して「気」の在り方と、そのための安定した動作が語られております。
Re: 一瞬早く! ( No.8 )
日時: 2017/10/13 12:23:45
名前: せいちゅうせん

だみ声様

>「機敏な剣道をしなさい」

私の捉え方は異なります。

どんなスピードの相手にも相打ち覚悟の「一瞬早く」です。
つまり、動きの早い相手だけでなく、動きの遅い相手に対しても「一瞬早く」です。

小中学生に「先をかけろ」「相手より先に」と言いますと打ち急ぐ傾向があり、よーいドンでガチャガチャとスピード競争になりますが、相手より歴然と早くではなく、どんなスピードの相手にも相打ち覚悟の「一瞬早く」ならば、
自然と、攻めや溜め、さらには合気も生まれるように思います。


ある段階に達すれば「一瞬早く」はう〜んさんのおっしゃるように禅問答になってしまいますが、そこに行くまでの人達の指導としては「剣道らしい剣道」に導くための納得のアドバイスであると感じます。


石井久先生の動画は何度見ても楽しいですね。
身体の使い方、間合い、機会、心のあり方などなど何度見ても飽きません。


>この運動エネルギーが、打突を可能にするのでしょうか?

そうです。筋肉に力を込めてやろうとしますと、運動エネルギーは繋がらず、1つの動作でも体の各部分が止まっては動き、止まっては動きを繰り返すことになりますが、落下により動き始めた重心(球)の運動エネルギーを止めることないように私は邪魔をしないようにするだけです。

丹田にある球が動き出せば足が滑り出そうとするのはもちろん、腕も跳ね上がろうとしますので、腕は多少止めてやらねばなりませんが、いよいよ腕を動かすとなったら、その腕のブレーキをはずせば自動的に振り上げ、振りおろしになります。

「心技体」といいますが、縦書きがいいですね。

運動エネルギーをとめないで動ける体が一番の土台。
その体が勝手に動くようにする術(技)。
その二つが成立するように心を揺るがせておく。
いいかえれば、二つを成立させないと心は伴えない。
相手に対して意図を持つと、これが成立しなくなってしまう。
そんな感じです。
Re: 一瞬早く! ( No.9 )
日時: 2017/10/13 16:30:47
名前: うーん

一瞬早く。抽象的ですので、それぞれのステージで解釈が変わってくるでしょうね。小学生、中学生機敏な剣道もあるかも知れません。小中学生でも早熟な子供には、技前を一瞬早くと指導できるかも知れません。
又は、稽古には誰よりも早く来て、掃除、先生の防具の準備をすれば、稽古がより多くの時間出来るとか、その時が一瞬でも毎日の積み重ねで、とてつもなく早く上達に差が出る。結果が出るなんて指導ができるかも知れません。
社会人であれば、例えば場合によって会議の前はあらかじめ根回ししておけば、ダラダラ時間の無駄遣いしないで済みますね。こんなことにもつながるかも知れません。
高段者で本質が解って来ているような方は、宇宙にまで思いが巡るかも知れません。
なんにしても、こう言う言葉などに出会った時は、ただ眺めるだけでなく、ちょっと深読みしてみるのも楽しいものです。
Re: 一瞬早く! ( No.10 )
日時: 2017/10/17 11:54:46
名前: だみ声< >

せいちゅうせん さん  うーん さん
僕の「機敏な剣道をしなさい」には、
>どんなスピードの相手にも相打ち覚悟の「一瞬早く」です。
   のような返信があるだろうと言う感じはありました。 以前からの書き込みから推測されました。

悲しいかな、自分で心掛ける「一瞬早く」と、やった時の感覚が大きく異なっており、最近は自分の限界のようなも
のを感じております。(剣道関係者には黙っておりますが…)
そんな時に出会ったこの言葉なので、余計大きく反応したのだと思います。

でもこの「どんなスピードの相手にも」が、くせ者で、中学生相手でも簡単でないことを痛感します。

うーんさんのおっしゃる
>小中学生でも早熟な子供には、技前を一瞬早くと指導できるかも知れません。
   理解できているかどうかは分かりませんが、小中学生には、この「技前」での駆け引きには当然「気」の作用
があり、打突に至る一連の動きの事は良く説明しております。


いずれにしても、剣道においては「一瞬早く」の捉え方には多くの内容が含まれており、研究テーマとしては一朝一
夕にはいかない奥深さがあると感じております。
Re: 一瞬早く! ( No.11 )
日時: 2017/10/17 12:29:15
名前: せいちゅうせん

持田十段の稽古の心構えで

「私は初段の者が来たら私も初段と同じように、五段の者が来たら五段と同じように、九段の者が来たら九段と同じように、互角に使いたいと思っている」

という言葉を思い出しました。


>最近は自分の限界のようなも
のを感じております。


私は剣道再開して1年ほどで、限界を感じました。
そこから限界をつくらない体の運用を勉強し始めた次第です。

「楽(合理的)でケガをしないで勝ち続ける」というのが戦場でも生き延びる武士の体の使い方ではないかと思い、今の方向性になっていきました。
Re: 一瞬早く! ( No.12 )
日時: 2017/10/17 16:07:01
名前: うーん

石井先生はスピードはそんなに早くないですよね。動きも少ないし。でも早いですね。私なんか打たれまくりでしょうね。どこを早くするか、それも各自のステージで変わってくるでしょうね。限界、、、あるのでしょうか?まだまだ探求するところはあると思うのですが、せいちゅうせんさんの言われる合理的な体の使い方も、まだまだ探求し続けられると思いますが。
Re: 一瞬早く! ( No.13 )
日時: 2017/10/18 12:18:13
名前: せいちゅうせん

うーんさん

剣道再開後1年で限界が見えたのです。

「このまま体力、筋力、スピードに磨きをかけても不老の剣にはならない。これではだめだ」と考えたわけです。

で、今があるということで、日常生活がおくれる健康があれば、強くなり続けることが可能であるという方向性になったというわけです。
Re: 一瞬早く! ( No.14 )
日時: 2017/10/18 17:59:12
名前: うーん

はい。わかります。わかります。おっさんになってきたら誰もが感じるところでしょう。再開組は特にそうですね。若い頃の動きが脳に残ってますから、こんなはずじゃない。と無理して怪我しますね。
何をもって、限界を感じるかと言うところですが、剣道の稽古は常に限界ギリギリのところまでやるものじゃないですか?私は、自分に負けたくない、言い訳したくと言うところで踏ん張るのですが。
例えば素振りですが、前進後退と早素振り300から500本づつやります。合計1000本ですね。最初はきつかったです。道場の全員で最初に早素振りをやった時は、途中で挫折しないで最後まで振り切ったのは、私と女子高生の2人だけでした。女子高生がどういう気持ちで振り切ったのかわかりませんが、私は負けたくないという気持ちというか、それこそ無心だったような気がします。
これ一回だけなら精神力でなんとかなりますが、毎稽古で実施するとなると腕がおかしくなります。そこで色々本なんか調べたら、効率的に体を使った素振りと言うのがあったのか?ちょっと忘れましたが、そういうのがあったんです。腕、肩、背中を使って振ると言いますか。そのようにやると楽に振れる訳です。恐らく2000本でも3000本でも振れると思います。飽きさえしなければ。
剣道だけではないと思いますが、こういった体の使い方を研究しながら稽古するのも楽しみです。昔の人はこういったことも稽古していたようですしね。
あとは自分に負けない。というところでしょうね。息子に言うのは掛かり稽古でちょっとでも休もうと思ったら、お前死ぬぞ。と言ってきました。関ヶ原の戦いに参戦してると思ってみろ、前から何千人も敵がくるぞどんどん斬っていかないと、ちょっとでもため息ついたら斬られるぞ。と。まあ小学生だったんで、「うん、わかった。」とやってましたけどね。
自分、こいつが一番手強いです。怠ける気満々ですからね。試合でお相手に勝っても、ボスキャラの自分に勝てないと終われませんよ。
限界、、、考え方、どこに基準を置くかでしょうね。だみ声さんにも限界などと思わず楽しんでもらいたいと思います。
Re: 一瞬早く! ( No.15 )
日時: 2017/10/19 16:03:18
名前: だみ声< >

せいちゅうせん さん  うーん さん
持田範士十段の言葉には、「50歳までは基本稽古、その後が技の研究。60歳ごろが一番強かったと思う」と言うのが
あったと思います。
僕の経歴と言えば…
大学で頂いた二段のまま50歳までおさぼり、そのころリバ剣して旨いビールに目覚めて4年、少年指導に間違った事
をしてはいけないと目覚めて受けた三段に不合格。 気合いを入れて少し高い防具を新調、高段者の大勢集まる稽古
場に通って、シゴかれながらアドバイスを受け、二度目に三段合格、四段も2度目に合格。 その後五段にてこずり、
7回目でようやく合格でした。(地元では4ヶ月毎に審査があります)
六段は五段の時の反省もあって、2度目に(71歳寸前)合格しましたが、リバ剣の時、こんな段位をいただけるなん
て思いもよらなかったです。 正直全国区段位なんて雲の上の段位と言う感覚でいました。

そして72歳と3ヶ月、坐骨神経痛も出始め、整形外科に通いつつも、「衰えたなぁ〜、限界かなぁ〜」と言う昨今な
のです。 それでも合同稽古などで親しくなった高校生からも、顧問を通じて「稽古にお越しください」と声をかけ
られることを幸いに、「迷惑じゃないの?」と言いつつ出かけさせてもらっています。

そして出会った「一瞬早く」は、スピードだけじゃない要素として、どのように生かすのか? という事でした。
どうやら「不老の剣」が目指すもののようです。

うーん さんのお言葉通り
>だみ声さんにも限界などと思わず楽しんでもらいたいと思います。
   「生涯剣道」はもとより念頭にありますので、愚痴っぽいこと言わずに「不老の剣」を求めて精進し、死ぬま
で剣道を楽しみたいと思います。

それにしても…
>恐らく2000本でも3000本でも振れると思います。 飽きさえしなければ。
   1000本振ったのはいつだろう? しかも30分近くかけたと思いますので、平均1本1.8秒です。 決して早
くなかったですが、翌日はやっておりませんので、単発でおしまいでした。

>自分、こいつが一番手強いです。 怠ける気満々ですからね。
   図星です!  今夜も稽古です。 しばらく行ってない隣の剣道教室への出稽古ですが、気分は今日の空模様
と同じです。 若い子には、「サボるんじゃないっ!」と激を飛ばしていますが、自分にも毎日ハッパをかけ
ております。 怖いのは、心の中に住む「もう一人の自分」です。

Page: 1 |

タイトル
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (編集用)
コメント

   ユーザー情報を保存する