剣道人口増やしたいロゴ
なんでも掲示板のトップページ > スレッド閲覧

タイミングが合いません
日時: 2019/04/14 00:22:28
名前: まりん

基本の稽古で、面打ちの振りかぶりが大きい人がいます。

大きく振りかぶる面ではなく、小さく振りかぶる面ですが、
他の人よりも振り上げが大きいのか、ゆっくり面にきます。

なので、タイミングが合わず、返し胴がやりにくいです。
振りかぶりが大きい人でも、うまく返し胴を打つコツ教えてください!

Page: 1 |

Re: タイミングが合いません ( No.1 )
日時: 2019/04/15 11:50:07
名前: せいちゅうせん

返し胴は、十分に相手に面を打たせきって、体が前にのびっきたところを打つ技です。

こちらは、ギリギリまで受けない、ギリギリまで手元を浮かせない、ギリギリまで胴だとばれないようにさばかない、という気持ちで相手に面を打たせきる必要があります。

そうしないと、試合では、相手が面を打っている途中で「あ、胴を打たれる」と思って、面を打ち切らずに
胴を防ごうとする形になってしまい、こちらは打てずに終わってしまいます。

そうさせないために、ギリギリまで受けない、ギリギリまで手元を浮かせない、ギリギリまで胴だとばれないようにさばかない心持ちが必要です。

相手の面が遅すぎて返せないというのは、ギリギリまで打たせてないということだと思います。

竹刀を受ける音と胴を打つ音が、「タン、タン」ではだめです。

「タタン」となるようにしましょう

踏み込み足ではなく、膝を柔らかく使って、歩み足の開き足でやってみてください。


Re: タイミングが合いません ( No.2 )
日時: 2019/04/18 19:23:12
名前: だみ声< >

まりん さん こんにちは。
僕も以前「あなたの剣が遅いため、受けたつもりの自分の竹刀が先に通過し、その後に落
ちて来るので打たれてしまう」と言われたことがあります。 ピッチャーの投球で言えば
「超スローボール」と言う感じだと思います。 バッターがギリギリまで待てずに振って
しまう…。
でもこれだけではやはり不利なので、剣道でも緩急付けたり、拍子を狂わせたりすると思
います。

やはりせいちゅうせん さんの言うとおり、
>ギリギリまで受けない、ギリギリまで手元を浮かせない、ギリギリまで胴だとばれない
>ようにさばかない
   ように対応することになりますが、一瞬遅れると打たれますし、早すぎれば相手も
   変化します。
結局は勝利できるタイミングをつかむことになりますし、それを得意とする反復訓練が必
要ですね。 キーポイントは「ギリギリまで」を会得するという事だと思います。

最後に一言書きますが…
あなたが読んだかどうかが分かるような返信があると、書いた側も安心できますよ。
Re: タイミングが合いません ( No.3 )
日時: 2019/04/23 14:43:03
名前: コールセンター

まりんさん

横から動画とってもらえば一発でわかります。
頭で思ってる動きと、実際の動きは違います。
まずはそこを一致させる作業からです。

スマートフォンでとるのもいいですよ。

Page: 1 |

タイトル
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (編集用)
コメント

   ユーザー情報を保存する