剣道人口増やしたいロゴ
なんでも掲示板のトップページ > スレッド閲覧

「公明正大」の実際
日時: 2020/07/30 11:47:55
名前: だみ声 < >

「公明正大」の実際
結論から言うと、理想としては公明正大であるべきですが、人間が判断する場面において、
100%の「公明正大」は存在しないっ!!!
解りやすく「二者択一」する場面では…  A or Bに「優劣つけがたい」場合なんて結構
な頻度で起きているんじゃないでしょうか? 「どちらでもいい」で済ます場合もあるで
しょうが、それでも「いずれかに決めて下さい」となった時、「ではAにします」で、Bは
なぜ落とされたのか? 選択した人の「主観」ではないでしょうか?

ところが同じ場面で別の人は、Bを選択した場合、それはその人の主観がそうさせたわけ
で、ABどちらにも優劣はなかったとしなければなりません。 これでは結論に至りませ
んから、もう一人の人に選択してもらう時、この人が「Aだ」と言えば2:1でAが選択
され、「Bだ」と言えば1:2でBが選択されます。 これが多数決の原理ですね。

所がこの選択結果には0:3 or 3:0の場合も存在します。 つまり同じように見えるけ
れども、3人の選者には「主観」が作用したわけです。 主観の内容は三者三様かも知れま
せんが、選択の理由を探ると、A or Bが持ち合わせていた、その場面における選択肢に含
まない「何か」に3人の選者の「主観」がそっちを選択させた、と言えるのではないでし
ょうか?  でもこの時点で実は「公明正大」は崩壊したと言えるのではないでしょうか?
あくまで公明正大であれば、「優劣なし」が譲れない所です。

剣道に限らず、試合では審判を「味方につける」事は、意識するかしないかは別として、
その場面、雰囲気、振る舞い、反応の仕方、などによって何らかの作用が「ある」と言う
感覚で、試合場に入る事も選手の「能力」あるいは「資質」ではないでしょうか?
特に1:1で戦う格闘技などでは、選手はそう言う事(フェアプレーや、交剣知愛の精神)
も訓練すべきだと思います。

Page: 1 |

Re: 「公明正大」の実際 ( No.1 )
日時: 2020/07/30 14:55:23
名前: 品位

根本的に剣道を競技として、試合をさせること自体に無理がありますね。しかしながら私が思うに剣道はオリンピックの競技にならない、写真判定も導入しないですね。これは連盟の先生方の意図的なものだと思います。誰しも写真判定ビデオ判定と思うはずですが、それをしないということは、剣道の試合は誤審も含めた修行である。と考えるべきです。
他の競技とは違うのです。オリンピックの競技にならないのがその証拠です。
ただ残念ながら、今の剣道でそのように捉えるのは非常に困難です。試合で優勝すればトロフィーが貰えますからね。そりゃ誤審だ。ってみんな騒ぎますよ。
剣道の本来あるべき姿に戻ってもらいたいものです。
Re: 「公明正大」の実際 ( No.2 )
日時: 2020/07/31 15:15:28
名前:

公明正大とは、何かの物質ですか?
100%の公明正大は無いって?
何かの不純物でも含まれてるの?
何を伝えたいのか、意味不明ですが?

品位さんも、何を伝えたいのか、理解不能です。
Re: 「公明正大」の実際 ( No.3 )
日時: 2020/08/01 15:45:54
名前: だみ声< >

? さんから「公明正大とは、何かの物質ですか?」のご質問ですが、そうでない事は皆さんご
理解なさっていると思います。 では一体何なのでしょう?
「人間の心理作用の一つ」を表現するために「文字」に書いて表現したもの、ではないで
しょうか? 例えば「恐怖」「不気味」「悪寒」「快感」「信頼」「愛情」「勇気」「恋
愛」等々たくさんある心理作用です。

でもあえて、こういう心理作用を「物質」と仮定して考察してみようではないですか。
化学の世界には純度100%と言う物質は存在しえないことをご理解ください。(後で説明し
ます)
という事は100%の心理作用って存在しない事もご理解いただけると思います。 では何パ
ーセントなのだ? と問われれば「純度の段階によって様々ですね」となります。 その
作業にとって必要な純度はいかほどか? 目的によって変わりますが、ICの製造原料の一
つのシリコン結晶は99.99999999%以上の純度が求められています。(テンナイン「9が10
個並ぶという意味」) でも僅かな不純物が含まれていることを表しています。

心理作用も物質と仮定して、純度で表現すると、やはり100%は「ない」としなければなら
ないですね。
言葉としては、「100%公明正大に判定する」「100%愛してる」「100%信頼している」「100%
こわかった」とは言いますが科学的裏付けはないですね。 すなわち心理作用を言葉で100%
と表現しても科学的根拠に乏しいし、イメージなので、もとより根拠など不要です。

物質には純度100%は存在しないし、心理作用に100%と言う言葉を付けても科学的には裏付
けできません。
という事は心理作用には「主観」は必ず含まれる、と言っていいのではないでしょうか?
化学の表現を使えば「主観」は「不純物」です。 恋愛で言う「一目惚れ」なんか「主観
」がもたらした感情のいい例だと思います。

「主観」を排除しきれない審判が、紅白いずれかの旗を上げ下げする時、「主観」の作用
も「ある」とするのが妥当な所ではないでしょうか?

サッカーで有名な「ドーハの笛」なんか意図的な主観が丸見えだったから、門外漢の我々
も知るところなのだと思います。

<純度100%の物質が存在できない理由>
純度100%の「金塊」を作ったとします。 これを空気にさらさない為に、ビニルでコーテ
イングしました。 金塊がビニールと触れた瞬間ビニル分子が金塊に付着し、ビニル表面
には金分子が付着します。 これで純度100%は保証されなくなりました。 付着した分子
を拭き取ればいい…ふき取る布の分子が付着します。 手垢もつくかも…

純度100%の水を作りました。 純粋な「水」だと思いますが、その水が何らかの「器」に
入っているとき、器の表面から器の分子が溶出し、水の純度を下げます。 溶出しない器
は存在できないのです。
Re: 「公明正大」の実際 ( No.4 )
日時: 2020/08/01 15:30:25
名前:

不確かさは、有りますが、お2人の剣道に対する情熱の強さには脱帽いたします。

失礼でしたらお許しください。

だみ声さんは、話がフーテンの寅さんみたいですね?ロジカルシンキングができない人みたいで、何かしら理解できない部分もあり、誠に申し訳ございません。

品位さんは、なんか話っぷりが、同じくロジカルシンキング不足で自己中心バイアス的に感じられました。

これからも、お二人様、剣道界のために頑張って下さい。
Re: 「公明正大」の実際 ( No.5 )
日時: 2020/08/10 21:04:51
名前: ぬま石

失礼致します。
だみ声様の考えたかたに一つの個人的な閃めく部分がありましたので述べさせていただきます。
試合で審判をするなかで、審判規則による公正明大なジャッジは当たり前かもしれませんが。
審判も人であり、今まで経験してきた基準に基ずき審判もなされてる部分もあるかと存じます。

しかしながら、いざ試合で旗を挙げる1本の基準では
その時の選手による、審判が見てきた足跡にも加点となる部分も含まれるかと思います。
つまりは、試合やその前での選手の立ち振舞いを見てきた1人の審判が考慮した上での1本の旗を挙げているよではないかと。
何が言いたいかと申し上げれば、試合の中でのパフォーマンスで1本の旗を挙げるのでなく、その日の選手の立ち振舞いを見てきた中での総合判断の中での1本の基準となるではないかと申し上げる次第です。
つまりは、どこで人が見ているなかでのその中での第三者の総合力判断の中で、1本の値打ちが変わって来るものかと思います。
だからこそ
当たった当たらないのその場の判断だけでなく、色々重なった総合力の判断が公正明大な判断基準になるかと思いました。
乱文失礼致しました。

Page: 1 |

タイトル
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (編集用)
コメント

   ユーザー情報を保存する