剣道人口増やしたいロゴ
なんでも掲示板のトップページ > スレッド閲覧

出稽古について
日時: 2020/11/08 13:42:30
名前:

出稽古についてです。



最近、出稽古に誘われることが多くなってきました。

うれしいのですが、剣道の考え方の違いで、会の中で、いざこざや他の会の人でも、声をかけてもらえるのですが、

『ちょっとなあ。。。』という先生もいます。



なんでも相談できるし、信頼している人もいますが、

「あ、この人はいい感じの人だな」と思っても、その人から紹介してもらった人が評判が悪かったりします。

そんなことがあると、紹介してくれてた人自身も「なんかなあ。。。」と思えてきたり。。。



誘われて出稽古に行くのはまだいいですが、自分から行かせてもらえないか聞いておいて1、2回だけで行かなくなると、悪いしなあと思っていると、なかなか行くのもためらいます。


出稽古を断るのも面倒だし、周りとの付き合い方って、どうしてますか??




Page: 1 |

Re: 出稽古について ( No.1 )
日時: 2020/11/09 03:02:08
名前: だみ声< >

ご自分の剣道への取り組みをどのように位置づけるかによると思います。 上達(心技体
全般、及び人間形成)を目指してないなら適当に汗をかく程度でしょうし、そういう剣道
は長続きしないと思います。 という事はやはり何らかの「目的」を持って取り組んでお
られるはずだし、そういう中で稽古回数や稽古時間、研究内容を充実させたいと思うと、
剣道関係の本を読んだり、出稽古は「必須」になるのではないでしょうか?  もはや誘
われたとか、行きがかり上とかではなく、自分の「意思」が決める事だと思います。

もちろん相手道場や指導者の意向を伺っておかねばならないでしょうし、許可も必要でし
ょう。 仲間に誘われて一緒に行って挨拶し、稽古に加わることもあるでしょうし、そこ
で行われる指導内容も大いに参考になるでしょう。 対象者の評判も自分の感覚で判断し
なければ本当の所が見えなくなると思います。

僕の考えとしては、所属する道場だけでの活動より、出稽古を頻繁に利用して、広く大勢
の剣士と知り合い、交剣知愛を通じて多くの技を観察すると共に、それを習得研究して、
大勢の剣友を作ることも重要だと思います。 場合によっては県をまたいで、遠くの県、
地域を越えて外国も視野に入れて良いと思います。
Re: 出稽古について ( No.2 )
日時: 2020/11/09 22:09:11
名前:

早速のコメントありがとうございます。

有名な先生を呼んだ稽古会があります。

それは、数か月に一度なので、まだいいんです。

ただ、今は、ほかの先生(八段)がすごくわかりやすくて、ほとんどその先生の指導をまず第一に考えています。

ただ、有名な先生ですし、八段の先生とは違う考え方も聞けると思うので、そっちはまだいいんです。


自分と仲がいい人とあまり仲が良くない人と付き合うと、もともと仲がいい人との関係もこじれないか心配で、そっちのほうが問題です。

そういう人にかぎって連絡が頻繁に来たりして、難しいですです。

どうやって出稽古や付き合いを少なくしていけばいいんでしょうか??

試合があるとどうしても顔を合わせることもありますし。。。
Re: 出稽古について ( No.3 )
日時: 2020/11/09 22:11:19
名前:

難しいとかいたところは、ひっかかったみたいで、本当は、me n do ku sa i です
Re: 出稽古について ( No.4 )
日時: 2020/11/12 14:32:55
名前: だみ声< >

道 さん   多分あなたは、かなりお若い方なのだと思います。
確認ですが…
有名な先生 (A) を呼んだ稽古会があります。  それは、数か月に一度なので、まだいいんです。
ただ、今は、ほかの先生(八段) (B) がすごくわかりやすくて、ほとんどその先生の指導を第一に考えています。
ただ、(A)は有名な先生ですし、八段の(B)先生とは違う考え方も聞けると思うので、そっちはまだいいんです。
    という意味ですね?   ただしこちらの事は、自分にとって「大きな問題ではない」 ということですね?

>もともと仲がいい人との関係もこじれないか心配
   出稽古行くとか行かないとかで、こじれるような関係なのはまだまだ 「浅い関係」
だと思います。 もっと信頼関係を深めるかどうか見極めも必要ですね。

>どうやって出稽古や付き合いを少なくしていけばいいんでしょうか??
   出稽古や付き合いを「少なくする」という発想が理解できません。 自分を磨き、
あえて異なる考えの方の意見を聞くという「自己啓発」を目指せば、出稽古や付き
合いを多くすることが必要で、そういう付き合いの中から年数かけて、取捨選択す
るのが自分の「剣風」を確立する道ではないでしょうか?

>試合があるとどうしても顔を合わせることもありますし。。。
   こんなの、しょっちゅう起こる事ではないですか? そんなことを気にかけていて
は、「本来の自分」を見失いませんか? もっと広い視野に立って、大きく剣道界
を眺め、自分の「剣道」を確立する道を求めるのが良いと思います。
Re: 出稽古について ( No.5 )
日時: 2020/11/12 18:39:24
名前:

「あ、この人はいい感じの人だな」と思っても、その人から紹介してもらった人が評判が悪かったりします。

そういう人に限って、頻繁に連絡が来るので、めんどくさくて。。。

付き合いをやめたいし、ブロックしたいんですが、紹介してくれた人の手前、やめにくいところもあります。。。


剣道の段位が高いからといって偉そうにしている人です。

大人は、そういう人が残念ながら一定数いますよね。

段位だけで判断すると大変なことになると八段の先生もおっしゃっています。

なんでも話せる人は、段位を気にせず、こちらの意見も聞いてくれるんですけどね。。。


自分と稽古したとき、「あ、いい感じの人だな」と思っても、ほかの人との稽古を見たり聞いたりしていると、『
そうじゃないんだな』ということもあります。

関わりたくない人とは、やっぱり連絡が来ても、返さない、返すのを少なくするが一番でしょうか??

自分が付き合いたい人、有益な人と稽古するのがいいんですね。。


Re: 出稽古について ( No.6 )
日時: 2020/11/13 02:11:05
名前: だみ声< >

道 さん
>剣道の段位が高いからといって偉そうにしている人です。
   「高段位のワシの言う事を聞け」と言う人、時々いますね。 うっとうしいですね。
>関わりたくない人とは、やっぱり連絡が来ても、返さない、返すのを少なくする
   返さなくていいんじゃないですか? 所属が同じで稽古の度に会うというのも仕方
ないでしょうが、届いたメールにその都度返信する必要はないと思います。
そのうち回数が減ってくると思いますよ。

>自分が付き合いたい人、有益な人と稽古するのがいいんですね。
   「付き合いたい人」は分かりますが、「有益な人」「無益な人or 有害な人」の区別
はしなくていいのじゃないですか? 少なくとも稽古相手としては区別なしでガン
ガンかかって行けば上達に繋がっていると思いますよ。 もちろん稽古して楽しい
と感じない人もいますがね。

今回 道 さんは「出稽古について」とタイトルをお付けになりましたが、「若い自分が気
持ちよく付き合える高段者」の感じが強いと感じました。 好ましくない高段者から出稽
古に、しかも頻繁に誘われてうっとうしい、という事を言いたかったのかなぁ〜と感じま
した。
Re: 出稽古について ( No.7 )
日時: 2020/11/22 15:30:48
名前:

周りからの評判がよくなく、自分もその人を見て印象が悪かったら、付き合いたくないと思いませんか??


ひとつ、ふたつの有益なアドバイスをもらったとしてもです。


また、講習会に行って、いい話は聞けたけれど、先生によってアドバイスが違ったりします。

技の打ち方も違ったりします。。


改めて、今、自分が信じている八段の先生の指導が自分にとっていいんだと再確認できたことはよかったです。


ただ、講習会に行ったことで、あたかもその先生の信者のように言われるのは、『違うのかなあ』と思います。。


次に誘われたときも断りにくいし。。


引き出しや知識が増えるのは、いいことだと思います。


ただ、今までできていたことがこんがらがったり、できなくなったりしたら困るなあと思っています。

Re: 出稽古について ( No.8 )
日時: 2020/11/25 13:26:10
名前: だみ声< >

道 さん
たぶんあなたにとって僕は、「自分の思う通りの事を書いてくれない人」と言う印象をお
持ちだと思います。 ここで話題の「好ましくない人」も、付き合わずにいると、あなた
の成長にとって、必ずしも好ましい事ではないと思います。
人生においては時々「手厳しい事」をズバリと指摘してくれる指導者がいることは、気分
的に滅入ったり、怒りを覚えたりもしますが、時間が経つと「理解」が出来てきて「あり
がたい教え」だったりします。 だから今好ましくないからと言って全てを拒絶するのは
得策でないです。

たとえば
>講習会に行って、いい話は聞けたけれど、先生によってアドバイスが違ったりします。
   人によってアドバイスが異なるのはむしろ当たり前で、寸分違わぬ指導なんてない
   のが普通だと思いませんか? むしろどこが異なっているのか、なぜ異なっているのかを
   考察しておくことが大切だと思います。

特に剣道の指導における「人によって異なった説明」は普通に起きる事であって、習う側
は「???」という事が起きるのです。 ところが修行を重ねている内に、ある日ある時、
異なる二つの説明が気持ちの中で「一致」する時が来ます。 この時「一致」に気付いた
本人は「受けた指導」の異なる内容を「融合(同じことに気付く)」させ、「自分の技量」
へと上達した証拠なのです。
だから剣道修行の段階に「守破離(しゅはり)」と言う言葉があるのです。

>引き出しや知識が増えるのは、いいことだと思います。
   これだけでは良い事ではないのです。 どの引き出しを開けるのか、どの知識を用
   いてこの相手と「対峙」して勝利を得るのかを修行するからいいのです。

>今までできていたことがこんがらがったり、できなくなったりしたら困る
   この「迷い」や「試行錯誤」を通じて、「自分の技」を確立して、更に上達するの
   が「修行」なのだと思いませんか?  困る経験を積むから上達があるのです。
Re: 出稽古について ( No.9 )
日時: 2020/11/28 18:54:31
名前:

いろいろな指導方法があるのは、否定しません。。

YouTubeでも今は見られますから、自分にいい方法を選択するのは、自分しかできません。


1日講習会に行っただけで、これまでのやり方がわからなくなるなら、きっとその程度の理解だったんですね。


今は、そう思います。


ネット、YouTubeで、いろんな先生の指導をたくさん学んできました。



その上で、今はやっぱり八段の先生の指導が一番いいと信じています。


YouTubeには、ちょっと変わった方法もたくさんありますが、なかなかできません。


面を打つときは、肩を狙えとか・・。
 

だみ声サンは、信じている先生いますか?


Page: 1 |

タイトル
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (編集用)
コメント

   ユーザー情報を保存する