トップページに戻る 1ページ前に戻る 剣道人口増やしたいロゴ



11歳 で剣道を始めた



女子

それまでピアノをやっていた娘ですが、友達が剣道をやっていて、それに感化されたのか、剣道をやりたいと言いました。
近くの剣道連盟の少年教室に入り、中学でも剣道部に所属しました。
男子の中で、女子一人という状態でしたが、稽古内容は女子でも同じで、非常に厳しい稽古でした。
時には、朝学校に行く前に涙を流す時もありましたが、そんな娘を抱きしめて励ましていき、もうすぐ引退になります。 引退試合で負けた悔しさもあって、高校に行っても剣道を続けると言っています。
娘がここまで頑張ってこれたのは、厳しさの中に愛のある顧問の先生、共に励まして歩んだ同級生、面倒見のよい先輩方のおかげです。


男子 & 8歳 男子
学校からの「運動体験教室」のお知らせの種目に「剣道」があったので兄弟二人で参加させたのがきっかけでした。
体験教室から戻るなり「道場に見学に行ってみたい」と言ったので、近くの道場へ見学に連れて行きました。
道場での体験後、子供が即座に先生に「入会したいです!」と言うような勢いでした。私も主人も剣道の経験はありません。 長男(11才)はおとなしい性格、次男(8才)は活発な性格です。 性格の違う二人が同時にやりたいといったのが「剣道」でした。
数日間の体験を重ね、固い意志を確認した上で剣道をさせることにしました。
まだはじめて一ヶ月の初心者です。最初、長男は大きな声を出せるんだろうか?と思いましたが、少しずつお腹から声をはれるようになってきました。次男は活発ではありますが、根気がなくすぐに弱音をはくので続けていけるか長男よりも気になっていましたが、親の時とは違い先生の前では「はい!」と素直に聞いて稽古しています。
今のところ二人共前向きに稽古している様子です。 長男ははじめた時期が遅かったので。少しでも同世代のみんなに追いつきたいと思うなら、かなり努力が必要だと思います。
本人達が「稽古に行きたい。剣道がしたい」という意志がある限り、私もしっかり協力していきたいと思っています。


男子
初めて道場に連れて行った時のこと、なんで悪いことしてないのに打たれなんと?しかしその一年後、「僕、剣道する」それは、馴染めない部活からの逃げでした。これが始めたキッカケでしたが、それから12年たちました。妹二人も始めて12歳の年の差にもかかわらず、大の仲良し。これが一番かな。


男子 & 9歳 女子
何かスポーツをやらせたくて、探していました。市のホームページで子供のスポーツクラブを探すうちに、剣道はどうだろうと思い始めました。実家の母も叔父が若い頃にやっていた思い出から剣道を薦めてくれました。通えそうな日時が設定してある剣道クラブに連絡を取ったのですが、会の会長さんがでていらっしゃいました。
「うちの子はあまり運動神経も良くなくて」とご相談したところ、「大丈夫です。その子自身の剣道ができればいいんです。」とお答えいただき、大きく勇気付けられました。
クラブの方へ伺ったところ、来ていたお母さんたちも皆親切にして下さり、子供を安心して通わせられると思いました。
子供は当初見学を渋っていたのですが、会長先生自ら御指導いただき、そのお人柄や御指導振りに感銘を受けるところがあったようで、「やりたい」と言い出しました。初めは兄だけを考えておりましたが、妹も当然のように「やる」と言い出しましたので、二人共お願いすることに致しました。
私自身、母として過保護なところがあり、また、夫も仕事が忙しく、凛としたしつけができないままに育ててしまったところがありましたが、会に入り、二ヶ月ほどもたたないうちに周りから顔付きが変わったと言われるようになりました。親から見ても、甘えん坊で、怠け癖もあった子供たちですが、周りのお子さんや先輩方、何よりも凛とした姿勢で子供に接してくださる先生方をながめているうちに変わって言ったのだと思います。自立心が芽生えてきたこと、また、自分自身を見つめ、他の人たちのことも注意深く考えていくようになったと思います。
また、相手より先んじて打って出ようとする積極性と前向きさや、自分の弱さを知ることで強くなっていくという教えや、先輩と相対するときは打たしていただき、御指導をいただく、後輩と相対するときは打たせてあげる、小さい子には決して打たない、ということから基本的な礼節も教えていただいたように思います。
今の子供たちが普通に育っていく過程ではなかなか学べないことばかりでした。 子供は今自分から毎日素振りをするようになりました。


女子
剣道を始めたキッカケは、剣道場の見学でした。始めてまだ一年半です。ですが、体格が良かった為か、すぐにレギュラーになれました。先生が他の選手の前で的確に褒めて下さるので、本人もその気になったみたいです。
もともと負けず嫌いでしたが益々逞しくなりました。たった一人でも行動できる子でしたら、剣道はお勧めだと思います。他の誰かと同じ姿を求める子には無理なスポーツだと思います。自立させたいのなら「剣道」でしょう。(^^)






トップページに戻る 1ページ前に戻る