トップページに戻る 1ページ前に戻る 剣道人口増やしたいロゴ



5歳 で剣道を始めた



男子
体が弱く、月に1度は発熱等で病院通い・・・
五歳五ヶ月で弟が生まれるものの、その時までは1人っ子状態!
そんな彼も、道場に通い お友達ができ、寒い真冬でも、裸足で道場を駆け回る・・・
そんな生活で、友達も増え、体力がつき、風邪も引きにくくなりました!
得意なスポーツもできました。
何より、今の子供たちにナイ、礼儀 を学ばせていただきました。
大きな声で 挨拶のできる子供になりました。


男子
兄の剣道教室を申し込みに行った際に先生から「体が大きいので、本来なら幼稚園の年長組にならないと入会できないが、やってみては?」と言われたのがきっかけで1年早く入会しました。
剣道を始めてから競争心が湧くようになったと思います。4歳なので楽しみながら、長く続けられるといいと思っています。


男子
剣道教室に見学に行ったのが剣道を始めたキッカケです。
剣道を始めて変わった事は、誰とでも臆することなく話ができるようになったということです。先日、平成の宮本武蔵といわれる宮崎正裕さんに偶然会った時初対面にもかかわらず、握手をしてもらったり、会話をしてもらったりして、大喜びでした。(現在息子は小学校1年です)


男子
小さい頃から、おばあちゃんの影響もあり、時代劇を観るのが好きな子供でした。
3歳の時に、S○AP*SMA○の剣道対決(武蔵と小次郎をモチーフしたものでした。)を見たのを憶えていたらしく、4歳の時に、TV放映の時代劇の話の中で剣道場が出てきて、「今でもあるんだよ、剣道と言ってね」と話していたら、「3歳の時に観たタクちゃんがやっていたあれでしょ?やりたい!!」と…。それがきっかけとなり、あちこちと探しました。
もともと、おとなしい性格で、活発な方ではありませんでした。内気な面を持っていたので、ちょっとした幼稚園行事に なかなか参加できずにいました。
剣道やり始めてから、ちょっとづつでしたが、参加出来るようにもなりましたし、自分から嫌なことがあると きちんと先生に伝えたり出来るようにもなりました。
健康面では、軽い喘息を持っていましたが、それも今では、なくなり、精神面でも強くなりました。
今小学2年生です。剣道は、やり続けています。
決して、強い方ではありませんが、毎日竹刀を振っています。剣道を始めたことでに限りませんが、好きなことを長くやり続けているという意味は、とても良いことだと思います。
私は、子供を通じて剣道を知りました。
頑張っている子供の姿を見て、親が応援し、理解してあげることにより 子供は、もっと頑張ります。小さい頃は、一緒に試合や道場に行き、剣道をやっている子供の姿を観て上げて下さい。






トップページに戻る 1ページ前に戻る