トップページに戻る 1ページ前に戻る



(関東) 剣道三段 47歳


剣道を何歳から始めましたか?
39歳です。

剣道を始めたキッカケは?
40歳を目前にして、それまでのぐうたら生活からなんとか脱しないといけないと考えておりました。そこで剣道の募集ポスターを見たのです。生来の怠け者なので何をやってもどこまで続くか分かりません。剣道なら防具が必要で、一旦揃えてしまったら家族の手前もあり簡単には止められないだろうと 思ったのです。

剣道を始めて良かった事、苦労した事は?
もっと早く剣道を始めてればと思うことばかりです。稽古することにより自分でもそれなりに身体を動かすことが出来、自信につながります。
始めた当初は稽古の最後まで付いていけませんでした。それがいつの間にか最後までできるようになりました。稽古で汗をかくことが体調をよくしているような気もします。稽古を終えて面を外したときの爽快感は何ものにも代えられません。
剣道を通していろいろな人たちとの関係が広がったことも良かったことです。
私自身に苦労はないですが、稽古で家を空ける時間が増えた分、家族が苦労してるかもしれませんが、逆に家にいなくて助かってるといわれてるかもしれません。

剣道とは?
私にとっては人生を豊かにしてくれるものです。日頃の稽古は生活にメリハリをあたえてくれます。昇段など長いスパンの目標が設定されていて生涯に亘って、普段の生活では体験できない喜びや緊張感や悔しさなどが味わえることです。

今後の取り組み(剣道でも、勉強でも、生き方でも)
当面の課題としてきちんと構えられるようになることです。
目指しているのは「正しい剣道」です。何が「正しい剣道」かといわれると答えられませんが、剣道のあるべき姿として「正しい剣道」なるものを想定 しています。分かりにくくてごめんなさい。

初心者の方へ
ある先生から言われた言葉です。「剣道が強くなる必要はありません。好きになってください」とにかく続けることが大事です。

少年少女剣士を目指すお子さんへ
月並みですが、先生の教えをよく聞いて、稽古を休まないこと。怪我をしないで元気よく稽古すること。




トップページに戻る 1ページ前に戻る