トップページに戻る 1ページ前に戻る



(近畿) 剣道二段 46歳


剣道を何歳から始めましたか?
43歳からです。

剣道を始めたキッカケは?
息子が小学校に入学してから近所の警察で剣道をしていたのですが、中学1年生の時、市の代表として地区の大会に出ることになり、その時の引率の方が「お母さんも始めませんか?」と誘われたのがキッカケです。

剣道を始めて良かった事、苦労した事は?
新陳代謝が悪かったのですが、汗をいっぱいかくようになりアレルギー症状がましになったことです。肩こりもひどかったのですが運動不足が解消されて楽になりました。
また、息子(現在高1)の剣道の辛さが多少理解してやれるかなと思うこともそうですし、口だけ剣道(?)が少なくなったことです。些細なことで子供を叱らなくなって、家族は喜んでいます(笑)
ストレス解消にもなっています。
それと、たくさんの出会いがある事。たくさんのお母さん剣士の頑張りぶりにいつも励まされています!
初めて面をかぶったときは息がすぐ上って、「するって言うんじゃなかった・・・」と後悔しました。でも息子の手前途中で投げ出す訳もいかず、体が慣れるまでずいぶん時間がかかりました。体力・持久力のスポーツだと痛感しました。いまだに苦労しています(先生に言わせると張り切り過ぎだそうですが・・・)

剣道とは?
誰でも(体格に関係なく)いつからでも(年齢に関係なく)どこでも(所属に関係なく)防具さえあれば、体力や技量に応じたお稽古が出来るスポーツだということ。「継続は力なり」を実践できるスポーツだと思います。

今後の取り組み(剣道でも、勉強でも、生き方でも)
自分だけの時間をもっと作ってお稽古したい!
孫ができたら一緒に道場に通って、一緒にお稽古できるように体調管理に気を付けて行きたいです。
(夢だなあ・・・)

初心者の方へ
自分のペースで、細く長く続けられます。決して焦らないで長い目で付き合ってください(自分もまだまだ言い聞かせています)
初心者の時は色々な先生が色々なことを仰られますが、「そんなにいっぱい言われても・・・」となりがち。「今日は○○の練習をお願いします」と伝えて地稽古に臨んで下さい。

少年少女剣士を目指すお子さんへ
早く上手になりたかったら「稽古」あるのみ!
体調のすぐれない時でも安易に稽古を休まないで見取りだけでも参加しよう!
剣道だけではなく心も鍛えよう!きっと将来に役立ちます。




トップページに戻る 1ページ前に戻る