トップページに戻る 1ページ前に戻る



(東海) 剣道二段(自分的には四段相当だと思っている) 28歳


剣道を何歳から始めましたか?
小学校2、3年くらい(8歳くらい)。

剣道を始めたキッカケは?
親に薦められてなんとなくクラスの友達と見に行ったのがキッカケです。
小学校の頃は他にサッカーや少年野球、ソフトボールなどもやっていたので、最初の頃は特に剣道が特別好きだったというわけでもなく、友達と楽しむスポーツの一つという感じでした。

剣道を始めて良かった事、苦労した事は?
真剣に努力を重ねれば良い結果がついてくるものだ、ということがわかったことが良かった事です。もちろん日々の稽古は苦しく厳しいものですが、その分試合に勝ったときや段位を頂戴したときの喜びは別格です。試合前の緊張感(たとえば勝負のかかった大将戦など)を経験してからは、多少のことでは緊張しない度胸がついたことも良かった事だと思っています。

剣道とは?
自分にとっては煩雑な日常生活から抜け出し、緊張感に酔いしれるための「酒」ですね。
今となってはやりすぎると体を壊しそうですが、適度に行うと肉体的にも精神的にも健康になれます。突き詰めて考えると答えのでない深遠さを持ったものでもあります。だからいつまでも楽しめるのでしょうね。

今後の取り組み(剣道でも、勉強でも、生き方でも)
常日頃から努力を重ね、あせらずに機を待ち、チャンスを見つけたらいつでも攻めにでれるようしたいと思っています。剣道にも人生にも言えることだと思います。

初心者の方へ
まずは剣道を楽しむことが大事だと思います。
稽古の中で自分の小さな目標を見つけ、それを達成する喜びを常に持ち続けると 稽古を楽しく感じることができます。続けた方がいいから続けるのではなく、またやりたいから続く、という視点を持てるかどうかが長く続けられるポイントだと思っています。

ブランクのある方へ
私も最近稽古をしていないのでなんとも言えませんが、やはり何か目標をもつことが大事でしょう。
例えば何かの試合にエントリーするとか、段位を目指すとか。ちょっとしたキッカケと勢いが必要だと思います。

少年少女剣士を目指すお子さんへ
剣道の理念とか礼儀とかも大事なのですが、まずは試合で勝つという喜びを知ってもらいたいです。
頑張れば結果が出る、ということがわかれば、剣道に限らず勉強や人生にとっても大きな意味を持つと思います。剣道を楽しむことができるようになったら剣道の理念とか、きちんとした礼儀とかをゆっくり学んでいけばいいのではないかと思います。




トップページに戻る 1ページ前に戻る