トップページに戻る 剣道人口増やしたいロゴ
どうして剣道人口を増やしたいか写真
this fine picture powered by 伊勢守.COM



どうして剣道人口を増やしたいか

剣道人口を増やしたいと思っているのは、私が剣道が好きだからです。好きだから世界の多くの人にやってもらいたいという気持ちがあります。下記は私が剣道を好きな理由です。あくまでも私の個人的意見ですので、皆様もどうして剣道が好きなのか、掲示板に書き込んでもらえれば嬉しいです。


礼儀を重んじる
人間は基本的に自分が一番可愛く、わがままな生き物と思っています。それゆえに、人間は追い込まれると自分勝手な行動を取りがちだと思います。しかし、剣道はどのような状況においても、相手を思いやり、謙虚な気持ちで相手と接する事を求められます。その思いやりや謙虚さが礼儀だと思います。私は、その思いやりや謙虚な気持ちを普段の生活の中でも実践できれば、他人を幸せにすることができ、最終的には自分の人生を豊かにすると考えています。もっともっと、礼儀を重んじるような生活をしていきたいと思っています。


何歳からでも始められる、いつまででも続けられる
二段の昇段審査を受けた時、立会った方の一人は70歳位の方でした。年齢から考えると60歳以降に剣道を始めたのではないかと思われる方でしたが、見事に二段に合格されました。この時に、剣道は年齢に関係なく始められるものだと確信しました。剣道は、精神力が非常に重要な部分を占めているので、年齢は関係ないのではないかと思っています。私は、死ぬまで剣道を続けて、自分自身を磨き続けたいと思っています。


緊張
私は、普段の生活で心臓がドキドキするのが自分で分かる程、緊張する事はあまりありません。しかし、剣道をしていると、剣道教室での練習試合とか昇段審査の時に、非常に緊張しているという事が自分で分かります。これが自分にとって非常に楽しい時間です。その時は、緊張しているので楽しくありませんが、後で考えると楽しいのです。これからの人生、剣道以外でも緊張する場面は多々あると思いますが、その時に動じないような人間になりたいと思っています。


嬉しい
二段に合格した時は嬉しかったです。剣道を再開して良かったと思いました。剣道教室の練習試合で一本取った時も嬉しかったです。私は営業の仕事をしているので、注文をもらった時はとても嬉しいですが、人生で嬉しいと感じる事が多いのは幸せだと思っています。


運動
社会人になると運動する機会が減ります。ほとんどの人は、何か運動をしなければならないという気持ちを持ち続けているようですが、行動に移せない、継続できないのが本当のところではないでしょうか。運動する事により健康でいる確率が高まると思います。本人が健康なのは、家族にとっても会社にとっても良いことであり、最終的には、自分にとって一番良い事となると思っています。


楽しい
どうして打たれたんだろう、どうして打てたんだろう、次はあれをやったらどうなるだろう、こうやったらどうなるだろうと考えたり、考えた事を実行して成功したり失敗したり、試行錯誤するのが楽しいです。なかなか体は付いていきませんので、考えた通りにはなりませんが、思い通りにならないところがまた剣道の楽しいところです。



トップページに戻る